<< お客様♪ 生牡蠣 >>

Farine de châtaigne

コルシカのロゼワインとともに、コルシカの栗の粉もいただいていました。コルシカには栗の木がたくさんあって、栗のお菓子も多いようです。

気になってはいたけれど、使いこなせないような気がして今まで使用したことはありませんでした。
とりあえず栗の粉を使って栗のバターケーキを焼いてみました。
e0228108_02015099.jpg
小麦粉50グラムと栗粉40グラムを合わせて作っています。アーモンドパウダーも加えました。せっかくなので貴重な栗のシロップ煮(去年の分)も入れました。
e0228108_02025242.jpg
まず、袋を開けるときな粉のような香ばしい香りがしました。一口なめてみると、ほのかに甘くて優しい味。(これって100パーセント栗だけでできているのでしょうか???)
調べてみると、上のような焼き菓子やクレープ、パンにも使われているようです。
e0228108_02005524.jpg
試しにあんぱんの生地に1割程度混ぜて入れて作ってみました。
e0228108_02034603.jpg
そのせいか、割れてあんこがはみ出しています。ほんの少しだけなのに、ちょっと生地がモソモソしている感じでした。わざわざ入れなくてもいいかもしれません。

ケーキの方は素朴でなかなか美味しかったけれど、目が詰まって重い感じになるので、配合を考えて使用した方がいいと思いました。また機会があれば別のお菓子にも使ってみたいと思います!楽しい経験になっています。(どうもありがとうございました♪)



[PR]
by kuma-rennes | 2016-09-13 04:38 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by M at 2016-09-13 07:01 x
前にイギリス人記者がフランスを旅する番組で、
コルシカの栗を紹介してました。
それに栗粉の郷土菓子がたくさん出て来て、
食べたいなぁ〜と見ていました!
なので、Farine de châtaigneと見て、栗粉のお菓子だぁ!
と思いましたよ!
ほぉ、小麦粉50グラムと栗粉40グラムを合わせて作って、アーモンドパウダーも加えたのですね。
興味深いですね!
なんとも!贅沢に栗のシロップ煮も入って!
これだけでも美味しいですね!
Commented by ねこ at 2016-09-13 21:22 x
コルシカでは栗もとれるんですね。
栗の粉って初めて知りました。

少しモソモソするということは、あまりグルテンがないのですかね。そば粉みたいと思うと、クレープに使われるのも分かる気がします。
栗がいっぱいのバターケーキが美味しそうです♪


Commented by kuma-rennes at 2016-09-14 00:39
Mさん
栗が好きな人は多いので、栗粉を使ったお菓子と聞けば美味しいだろうとすぐに想像できますが、実際に使うとかなり重いので難しい素材だと思いました。
栗粉半分でも重いので、このくらいの配合で限度かなと思いましたが、その土地の人はこの素朴さがいいでしょうね。
Commented by kuma-rennes at 2016-09-14 00:46
ねこさん
私もコルシカと栗のお菓子は初めて聞きました。
栗はイタリアにも沢山あって、トリノは有名ですね。
栗の粉もお菓子やパスタの生地に混ぜ込んだり、よく使われるみたいです。
グルテンはないみたいで、パン生地が破れたのも納得がいきました。
素材って、いろいろあって面白いです♪
<< お客様♪ 生牡蠣 >>