「ほっ」と。キャンペーン
<< 料理とお菓子の会”Feuill... お稲荷さんとクグロフ >>

Auberge du Pont d'Acignié

先週はお友達とPont d'acigniéのレストランに昼食を食べに行きました。レンヌ西郊外のNoyal sur Vilaineという町にありますが、ほんの少し出るだけで牧歌的なゆったりした風景に出会えます。ちょっとした遠足のようでした。

こちらはアラカルトは無しでコースのみの選択になりますが、旬の素材を揃えた平日のランチ用のコースにしました。
まずはアペリティフで乾杯。みなさんカシスのキールでしたが、私はフレッシュオレンジジュース。おつまみ3種登場した後で最初の一品、torteaut(亀蟹)とカリフラワーの料理が登場しました。
e0228108_02211545.jpg
カリフラワーのムースの上に透明のジュレ、蟹の身と生のカリフラワーを合わせたものがのっていて、周囲の点々は蟹の出汁からとったエキスみたいなものを載せていましたね。これは美味しかったし、奥のパンも良かったです。

前菜はムール貝と根セロリの料理で、セロリは塩釜で火を通してあるので、ほんのり塩味が効いてホクホクで美味でした。
e0228108_02235200.jpg
塩釜のセロリはテーブルに持ってきて見せてくれました。これは前にも食べたことがあるので、多分、ここの名物料理なんでしょうね。
e0228108_02245636.jpg
ムールよりもセロリが主役みたいな美味しさでした♪ワインは私は飲んでいないのですが、料理に合わせたグラスワインで、確か地中海の方の白いワインだったと思います。

メインはリュ・ジョーヌ(たらの一種)ベトラーブなどのカブ類と合わせて。
e0228108_02265168.jpg
魚の厚みが立派で、火の通し具合が良くてジューシーでした。こちらのワインはブルゴーニュ、マコンの近くのシャルドネの白と、赤を選んだ方はラングドックとかなり対称的なタイプを合わせていましたね。

それから今回はチーズも食べましたよ♪
e0228108_02275263.jpg
一人一人ゆっくりサーヴィスしてもらって、のんびり時間をかけて食べる。。。至福の時間だなと思いました。

デザートはりんごのタルトにキャラメルのアイス。りんごの下に蕎麦の花の蜂蜜が使われていて独特の風味を醸し出していました。
e0228108_02285258.jpg
食後のコーヒーと一緒に出てきた小菓子の中の小さな普通のマドレーヌが美味しかったです。

お腹も心も大満足な午後でした〜♪



[PR]
by kuma-rennes | 2016-11-20 06:29 | 美味しいお店/レストラン | Comments(4)
Commented by M at 2016-11-20 07:59 x
オーベルジュでお食事されたのですね。
お料理より先に奥のパンが、なんとも!美味しそうと見てましたら、やはりそうなんですね!
セロリの塩竈って初めて見ました!そして、こんな風にサーヴされるんですね。
フロマージュ、全部、頂きたいです。
デセールも美しいりんごのタルトですね。キャラメルのアイスと合いますね!
美味しいひとときを過ごされたのですね!
Commented by ねこ at 2016-11-20 22:31 x
充実したランチコースですね!
根セロリはなかなか見ない食材で興味深いです。
ぱっと見、しょうがの様?

チーズの豊富さに、フランスだなーと感じます(^^)
Commented by kuma-rennes at 2016-11-21 05:16
Mさん
パンは美味しかったですよ。エピの先がカリッとして食感が良かったです。
チーズお好きなんですね。今回は軽めのコースだったので、チーズも加えました♪
タルトもりんごの並べ方がきれいですよね〜
Commented by kuma-rennes at 2016-11-21 05:20
ねこさん
根セロリはセロリの根なので日本にもあると思いますが、食べないんでしょうね。今度、根セロリの写真を載せますね♪
生姜よりずっと大きい拳のようですが、生ではラペしてサラダに、しっかり火を通してピュレにしてもいただきます。
この塩釜焼きはホクホクしてほんのり塩気があって、とっても美味しかったです。
<< 料理とお菓子の会”Feuill... お稲荷さんとクグロフ >>