<< Belle-église Musée Picasso >>

ヴォージュのカレット

ピカソ美術館を訪れる前は昼食にカレットに寄っていました。トロカデロの方にはよく行っていたけれど、ヴォージュ広場は初めて。ここの雰囲気もカレットによく合っていると思いました。
e0228108_07325204.jpg
昼食だったので、私はオニオングラタンスープとフレッシュオレンジジュースを頼みました。
e0228108_06394815.jpg
コパンはクラブハウスサンドイッチに赤ワインです。

パリに住んでいた頃は、新しいお店の開拓も勤しんでいたし、美術館もエクスポジションによく出かけていましたが、こうして離れてみると、以前と変わらない場所に行きたくなったり、同じものを食べたくなるんですね。。。

カレットはガレットデロアも美味しくて毎年食べていたので、食後にもう出ているかと尋ねたら、ビュッシュドノエルを勧められたので素直にそちらにしました。
e0228108_06412862.jpg
ベリー系のビュッシュで、マスカルポーネのムースの中の2層のゼリーが綺麗でした。(他にも栗やショコラなどの種類がありました)

それから美術館、コンコルドからマドレーヌ、シャンゼリゼまで出かけて、夜はまたマレ地区に戻って夕食を食べました。
e0228108_06444358.jpg
サンルイ島にあるビストロで料理も雰囲気もサンパティック!
前菜にコパンが頼んだロサモアル(骨髄)がそのまんまで迫力がありました。こんがり焼いたパンにつけて粗塩をかけて食べると美味しいんだな、これが。。。
私の方はポレンタというトウモロコシの粉を湯でまとめたものにポーチドエッグを落とした一皿です。

メインはコパンが牛肉のステーキで、私がポトフ。ビストロらしいとてもシンプルな料理をいただきました♪


[PR]
by kuma-rennes | 2016-12-21 07:58 | 美味しいお店/レストラン | Comments(8)
Commented by M at 2016-12-21 13:53 x
ヴォージュ広場のカレット、5年前に行きましたよ。
この界隈もいいですよね!
美味しそうな物食べて来たんですね。
サンルイ島のビストロ、いいですね。ここ、いいなぁ。
ポレンタってイタリアの郷土食ですね。食べてみたいです。
パリの散策、楽しいですね!
Commented by ねこ at 2016-12-21 19:34 x
なんとも雰囲気の良いお店ですね。
以前と変わらぬ場所や物がある、という事に心がほっとするんでしょうね。無意識の内に確かめているのかもしれませんね。

ロサモアル、シンプルで豪快ですね〜。初めて見ました!
Commented by kuma-rennes at 2016-12-22 05:17
Mさん
ポレンタってイタリアの郷土食なのですね。
フランスのレストランの割とトラディショナルなところでよく出てくるように思います。日本でいう、すいとんみたいなものですかね。
Commented by kuma-rennes at 2016-12-22 05:20
ねこさん
何故ですかね〜。知っているところに行きたくなるんですよ。
それでホッとするんです。そういう意味でパリはまだホッとするところがたくさんあって嬉しいです。
ロサモアルはよく輪切りで見るので、この縦割りは豪快だなと思いました。
Commented by ねこ at 2016-12-22 06:29 x
kumaさんはパリにはどの位の期間住まれていたのですか?
Commented by M at 2016-12-22 08:08 x
そうなんです!
ポレンタは、北イタリアやイタリアの山岳地帯の郷土食ですよ!
こげない様に練り上げて料理するので、力も必要だそうです。
Commented by kuma-rennes at 2016-12-23 02:33
ねこさん
パリには10年弱いました。
Commented by kuma-rennes at 2016-12-23 02:34
Mさん
ポレンタは火にかけながらこねるんですね。確かに力が必要ですね。
<< Belle-église Musée Picasso >>