<< 長く楽しい1日 Belle-église”メイ... >>

ノエルの準備2016

パリから戻ってすぐにノエルの準備が始まりました。

まずはフォアグラのテリーヌ。私のフォアグラは味噌で漬けてから型に敷き込みますが、今年はカルヴァドスとソーテルヌで香り付けしてみました。どんな味になるか楽しみです。
e0228108_07224323.jpg
右奥に見えるのは発酵中のアンドーナツで、この日、フォアグラを注文された方々が受け取りに来てくださるので、ついでにお茶にお誘いしていました。それ用のお茶菓子に作っていました。

そして驚いたことに、お二人が紅茶のパウンドケーキとシュークリームを持ってきてくださったので、予定以上に豪華なお茶会となりました。
e0228108_07320017.jpg
しかも、何も言わずにさらりと作ってきてくださるので、さすが、お菓子の会の生徒さんだと思いました。話も弾んで(コパンがノリにノッテ?)すっかり日が暮れてしまいました。。。

そしてイヴの前日の今日はビュッシュドノエルを作っていました。
e0228108_07205555.jpg
毎年頼んでくれるフランス人の友人達の分。16人分と自宅用にコーヒーとチョコのビュッシュです。彼らはノエルはトラディショナルなものがいい!と毎年同じものをリクエストしてくれます。私も色々作りますが、やはり本物のビュッシュはコーヒー味だなと思っています。

4人分を頼んでくれた友人宅に届ける時にアペリティフをご馳走になるのも毎年の恒例です。彼らは明日はビッシュ(雌鹿)をメインに食べるというから驚きました。私もいつかジビエを作ってみたいな〜と思いました。

皆さんも楽しいノエルをお過ごしくださいね〜♪



[PR]
by kuma-rennes | 2016-12-24 07:48 | お菓子作り | Comments(7)
Commented by ねこ at 2016-12-24 08:47 x
いよいよノエルですね〜☆
昨年のブログでも、フォアグラは美味しそうだなぁと見てました!今年はカルヴァドスとソーテルヌで香りづけとは美味しそう…!

お菓子の会の写真かと思うほどの、豪華お茶会ですね♪
定番のビュッシュドノエルも、ノエルのパーティを盛り上げることでしょう!

kumaさんも、楽しいノエルをお過ごし下さい☆

Commented by M at 2016-12-24 09:13 x
今日は、イヴですね。
フォアグラ、味噌漬けにして、今年はカルヴァドスとソーテルヌで香り付けしたのですね。
それは、出来上がりが楽しみですね。
ホォ、フォアグラも頼まれてるのですね。
16人分のビュッシュとは、パティスリーの様ですね。

kumaさんもコパンさんと素敵なノエルをお過ごし下さい!
Bonne fête!!
Commented by M at 2016-12-24 09:43 x
多分間違えて、非公開コメントのボタン押したと思います。
いつもの様に表示して下さいね!すみません!
Commented by kuma-rennes at 2016-12-24 22:50
ねこさん
フォアグラを取りに来ていただくついでに簡単にお茶でも、、、とお誘いしていたので、こうして手作りお菓子が持ち寄られるとは思いもよりませんでした。実はとっても嬉しかったのです♪
ねこさんも楽しいノエルをお過ごしくださいね。
Commented by kuma-rennes at 2016-12-24 22:54
Mさん
フォアグラはパリまで買いに行くのと、小切手で予約を入れておくのとで、それほどたくさんは作れませんが、一月以上前からご依頼いただいていたので、、、
この少し雑で素朴な感じが私のビュッシュドノエルだなと思います。
Mさんも楽しいノエルをお過ごしくださいね。
Commented by africaj at 2016-12-25 12:53
メリークリスマス。
可愛いビュッシュ・ド・ノエルがいっぱい!コーヒー味がトラディッショナルなのですか。
ビュッシュって雌鹿のことなのですね!知らなかった。
図らずしてイブの夜は雌鹿料理ばかりになってました。
これもフランスでは伝統的なのですか?
いつも発見いっぱいさせてもらって面白いです♪

フランスは年始までずっとクリスマスのお祝いですね。
どんなご馳走を作られるんでしょう。楽しみです♡
楽しいクリスマスを!
Commented by kuma-rennes at 2016-12-25 19:03
africajさん
メリークリスマス!
Bûche(ビュッシュ)は薪のことなので、ノエルをつけるとノエルの薪型のケーキのことを指します。
Biche(ビッシュ)は雌鹿で、スペルと発音が異なるのですが、カタカナで書くと混同しますよね〜
ビッシュをノエルで食べるのが伝統的なのかというと、定番は大きな鶏一羽ですが、ジビエ料理も季節なので、食べる人達もいるようです。何れにしてもノエルはご馳走を食べますね。
<< 長く楽しい1日 Belle-église”メイ... >>