<< お菓子初め 大晦日 >>

元旦

新年、明けましておめでとうございます。

レンヌは年末から大変冷え込んだ年明けとなりましたが、いつも通りの静かな元旦の朝を迎えました。この日だけは朝起きて黙々と料理にとりかかるので、普段とは少し異なりますね。

そんな我が家のおせちはとても簡易的ですが、今年は唯一作ったと言っても過言ではない伊達巻がとても美味しくできました。卵8個使用して作りました。
e0228108_01052146.jpg
他にはお雑煮ですが、コパン家風の鶏肉と大根とゴボウのお雑煮です。このゴボウが日本から持ってきていただいたもので、筋がなくてとても美味しかったです。
e0228108_01061314.jpg
そして今回のお雑煮の出汁は前日のプーラルド・エジプシャンのガラと昆布と生姜とブーケガルニで和洋折衷的に作りました。
e0228108_01043593.jpg
脂がのっているので、解体するのが非常にやりにくかったのですが、食べると脂っこいわけではなくて逆に上品でマイルドな味になっていて極上のスープがとれました。このプーラルドは他に筑前煮にも使ったので、この大晦日から元旦の料理に大活躍でした。

前にも書きましたが、プーラルドとは年末年始のこの時期用にシャポン(去勢した雄鶏)と共に肥育した大きな鶏のことで、たくさん人数の集まるこの時期のご馳走の定番食材です。エジプト風に飼育したというのは、古くはエジプトで行われていた方法で、餌に牛乳やジャムなどを加えることによって、より繊細で味わいのある肉に仕上がります。
鶏は鶏でも、品種や飼育の方法で味や身のしまり具合は大きく異なるのでとても奥が深いですし、去年からルノーさんの鶏屋さんで鶏以外に鴨だの鶉だの鳩だのと、、、色々な鳥を調理する機会が増えたので、とても美味しく楽しく勉強になっています。パリにいた頃はやはりここまで直接的に農場やお店の人と近くはなかったので、その点がレンヌに来て本当に良かった点だなと思っています。

2017年も生産者の人達をより身近に感じて、感謝しながら美味しいものを食べたいと思っています。
そんな気持ちと、美味しさが皆さんにも届くようなブログになりますように。。。今年もどうぞよろしくお願いいたします。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-02 01:55 | 料理
<< お菓子初め 大晦日 >>