<< コパン、お菓子を作る お菓子初め >>

Pot au feu

おせちもお雑煮も二日で丁度食べきったので、次はまたお肉が食べたい!と思ってポトフにしました。
e0228108_04505118.jpg
常設のマルシェに出かけて、煮込み用の牛の頬肉、スネ肉、脇腹肉の3種類の部位を購入しました。(写真を撮っておけばよかったですね〜)
e0228108_04520605.jpg
ブーケガルニと玉ねぎ、人参と3時間程肉を煮込み、ラストの30分で火の通りにくい順にカブやジャガイモ、ポアローネギを加えて出来上がりました。

3種類の肉の感想はというと、一番柔らかかったのは頰肉で、ワイルドな食べ応えは脇腹肉、スネ肉は味わいがあってどれも甲乙つけがたかったです。
野菜はポアローネギがなんとも言えずに甘くて美味しかったです。

そしてこちらは二日の晩に食べた鯛飯です。(これは↓炊く前の写真です)大晦日の晩に焼いて元旦に食べた残りで作りました。
e0228108_04531961.jpg
既に火が通っていて、半身を食してしまった後でも生の鯛を使った鯛飯に負けずとも劣らない美味しさで驚きました。そういう意味で鯛は本当に特別な魚だなと思いました。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-04 05:16 | 料理
<< コパン、お菓子を作る お菓子初め >>