<< Le Vieux Logis ... Pomerol >>

Fête de la truffe à Sarlat

今回の旅の目的はペリゴール地方のSarlatで行われるトリュフ祭りを見に行くことでした。レンヌからサルラまでは700キロ程離れているので、その前にボルドーのLibourneで一泊して、ポムロールの葡萄畑を眺めて出発したのです。朝早くてまだ月が出ている時間でした。。。
e0228108_22414390.jpg
サルラのトリュフ祭りは今年で5年目というのでまだあまり知られてはいませんが、ペリゴールのトリュフはフランスでは一番美味しいと言われています。トリュフは高級レストランなどで食するか、普通に買えるとしても長期保存のきくオイル漬けであったり、乾燥したものであることが多いので、この機会に生のトリュフがどういう風に扱われているのか見てみたかったのです。

広場の隅のテントでこうして直売が行われていました。
e0228108_22435126.jpg
カテゴリーが1と2と別れていて、1はキロ当たり1000ユーロ、2は900ユーロで売られていました。1の方は傷がついていないもので、2は少々傷や穴が空いているものだということです。

e0228108_22445201.jpg
お昼過ぎにはこれらのトリュフもほとんどなくなっていて、私達も60gくらいのトリュフを一つ買って帰りました♪

広場ではベルジュラックのワインや、フォアグラやトリュフを使ったおつまみが販売されていて、それらを買ってはワインの樽をテーブルにして立ち飲みの試食がされていました。寒い中で食べるチーズやフォアグラがとても美味しく感じました〜
e0228108_22474572.jpg
私達はボルドーから来た人達と一緒に樽を囲みましたが、そういう見知らぬ人達とのたわいもないお喋りも楽しいものです♪
e0228108_22461786.jpg
他にも有名シェフが作るトリュフ料理のデモやコンクールなどが行われていたようです。タイミングが合わずに見ることはできませんでしたが、このお祭りが年々広く知られていくといいなと思いました。





[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-17 01:24 | 旅行/散策 | Comments(6)
Commented by M at 2017-01-17 08:10 x
ほぉ、トリュフ祭りでしたかぁ!
ペリゴール地方は、美味しい物がたくさんありますね。
フォアグラも名産でしたよね!
わぁ、こんな風にトリュフって売られるのですね。
こう言うの行った方しか見られないから、
これは、得した気分になりました!
Commented by ねこ at 2017-01-17 11:41 x
今回の目的はトリュフ祭りだったのですね!
天気はとてもいいけれど、寒そう(笑)。

直売では、皆さん真剣に選んでますね!

お客さんが、ワイン片手に賑わっていていいですね♪
寒くても何のその!って感じですね。
フォアグラとトリュフを使ったおつまみなんて~贅沢♪
きっといい匂いが漂っていたのでしょうね☆
Commented by africaj at 2017-01-17 12:13
トリュフって、化石の標本みたいに並んでると食材に見えませんねw
穴が空いてたり傷が付いてると何か違うのかなあ?
トリュフって、オイル漬けしか食べたことがないので、こんなお祭りが羨ましいです!
しかし、日本にも実はトリュフがあって種類も豊富とのことなので、探してみようかなって思ってますよー♪
Commented by kuma-rennes at 2017-01-17 22:04
Mさん
実際にトリュフをとって来た人達から直接購入できるのは貴重な経験でした。
値段も全く分からなかったのですが、想像していたよりも高くはなかったです。普通ではこの値段では買えないでしょうね。
Commented by kuma-rennes at 2017-01-17 22:07
ねこさん
この寒さの中での小宴会がなかなか良かったです。アルコールは温まりますしね♪
フォアグラのテリーヌやチーズにトリュフが挟んであるおつまみなど、濃厚なおつまみが特に美味しく感じました。
他に卵とトリュフを混ぜたスクランブルエッグみたいなのや色々あって楽しかったです。
Commented by kuma-rennes at 2017-01-17 22:11
africajさん
本当に化石みたいですね。
私が購入したのはカテゴリー2の安い方でしたが、特に支障はなく美味しくいただいています♪
日本にもあるのならば是非探してみてください!
お供の犬はこの品種!というわけではないみたいですよ。
<< Le Vieux Logis ... Pomerol >>