<< 料理とお菓子の会”Galett... Limeuil >>

鯛とあんころ餅

今朝のマルシェは寒かったー!!!マイナス8度くらいで防寒着で出かけても手と足の指が凍りそうでした。。。

そんな中、購入したのが鯛。一番小さいのを選んでも1キロくらいで、丁度、ご近所の友人と一緒だったので、半分にすることにしました。で、我が家に持って帰ってコパンに二等分してもらいました。
e0228108_04345492.jpg
鯛は骨が硬いので捌くのは難しいんですよね。頭も縦割りになっています。これでまた鯛飯を作りました。
e0228108_04361321.jpg
他には高野豆腐やごぼうのきんぴら、ユリ根の煮たものとホタテのお刺身です。
e0228108_04394229.jpg
このゴボウは京都の友人から送っていただいたもので、食べてみたら普通の日本のゴボウ以上にふくよかな食感で、香りも高くて、、、京野菜の素晴らしさを実感しました。

それから京都の友人にはもち米もいただいたので、今週の頭におはぎも作りました。
e0228108_04410817.jpg
もち米100パーセントで作りましたが、翌日も美味しくいただきました。(コパンが9個で私が7個食べましたよ)
私はおはぎだと言って食していたのですが、コパンに言わせると、あんころ餅だということでした。何がどう違うのかよく分からなかったけれど、多分、見た目が不恰好だからだろうなと思いました。

フォアグラやトリュフの産地の旅行の後は和食が美味しいですね〜♪

[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-22 04:56 | 料理 | Comments(4)
Commented by M at 2017-01-22 07:11 x
まぁ、写真だけ拝見すると、日本かなぁと思いますよね。
鯛飯にきんぴら、百合根とほたて、おはぎと!
これは、日本に居る私よりも日本らしい食卓ですよ。
それにしても!なんとも!美味しそうなおはぎ!
お一つ頂きたいです!
Commented by ねこ at 2017-01-22 11:39 x
今回は完全に和食ですね〜♪
おはぎは半分ぐらい米をついたもので、あんころ餅は名の通り餅と理解してましたが、地方によって区別の仕方は違うみたいですね〜。
ぼたもちは春(牡丹)、おはぎは秋(萩)の説もありますが、呼び分けしなかったり、こしあんと粒あんで区別したり、色々…
でもどれも美味しいからいいか(笑)!
Commented by kuma-rennes at 2017-01-23 01:45
Mさん
和食ならばこういう煮物がやっぱり食べたいんですよね〜。
それもあまり和洋折衷で混ぜたくないんです。
レパーリーは少ないのですが、これでも十分満足です。
Commented by kuma-rennes at 2017-01-23 01:47
ねこさん
もち米100%で、秋ではなく春。。。としたら、やはりコパンのあんころ餅が合っているんですね〜
細かく教えてくださってどうもありがとうございました!!
<< 料理とお菓子の会”Galett... Limeuil >>