<< 今日の食卓 料理とお菓子の会”鴨のオレンジ... >>

塩鱈のグラタン

africajさんの”グルグルつばめ食堂”のブログで紹介されていた塩鱈のグラタン。美味しそうだったので私も作ってみました。

塩鱈はスペインではバカラオというらしいですが、フランスではモリュといいます。普通に皮を剥いだフィレが塩漬けされていることが多いですが、先週末のマルシェでは皮付きのぶつ切りがあったので買ってみました。
e0228108_05455341.jpg
魚屋さんで36時間水につけて塩抜きするように言われたので、日曜日の晩から始めて何度か水を取り替えました。
e0228108_05464193.jpg
この塩鱈と白菜をお酒で蒸し煮にした汁をホワイトソースと合わせますが、私は白ワインを使いました。銀杏を加えるのもポイントで、勿体なくて使えなかった銀杏がたまたまあったので入れましたが、他に何か代用できないかと思って試しにピスタチオも加えてみました。
e0228108_05482561.jpg
マカロニを茹でて蒸し煮にした塩鱈と白菜、ホワイトソースにチーズ(今回はパルメザンチーズ)とパン粉をかけてオーブンで焼きました。
e0228108_05474125.jpg
これはなかなか美味しかったです!!まず、塩鱈と白菜が合うのと、塩鱈とホワイトソースとマカロニの組み合わせもいい!と思いました。
私は白ワインを使ったので少々酸味がかっていたけれど、それはそれでよかったです。ピスタチオはそれほど大したアクセントにはならなかったようです。
africajさんはスペンにいらした方なので、スペイン×日本風だと思いますが、私もフランス、ブルターニュ風でまた作ってみたいなと思いました。

美味しいレシピをどうもありがとうございました〜!


[PR]
by kuma-rennes | 2017-02-08 07:10 | 料理 | Comments(8)
Commented by M at 2017-02-08 08:18 x
ほぉ、今回のお料理は、ブロ友さんのレシピなんですね!
スペインで暮らしていたのですね。
塩鱈、モリュと白菜、マカロニのグラタンですか!
しかも銀杏入り!
白菜は、アジア系の八百屋さんから購入ですか?
これ、凄く美味しそう!
Commented by africaj at 2017-02-08 11:56
おはようございます。
作ってくださったのですね。嬉しいです(ぺこり)
バカラオは、イタリア語でバッカラ、ポルトガル語でバカリャウなので、フランス語も似たものかと思っておりました。
まさかのモリュ!?語源はどこなんでしょうねw

塩だらの旨味の効いたホワイトソースって、肉系のだしと違う滋味深さがたまらないですよねっ。気に入っていただけてよかったです。

しかし、銀杏がまさかあるとはと、驚きました!
でも、スペインもイチョウの木が街路樹としてうわってるのです。問題はオスとメス両方植わってないと実がつかないので、なかなか手にはいらないのですが。
日本で、茹でて皮をむいたものを、オリーブオイル漬けにして瓶詰めで持ち帰られると、かなり長く海外でも楽しめますよ。
私も、茶碗蒸しの銀杏の代わりがないかとピスタチオを入れてみたことがあるのですが、湿ると存在感がなくなっちゃうのですよね。銀杏のモッチリした食感と、ほろ苦さを、山椒もブームになる食道楽なフランス人が気がつけば、手に入りやすくなりそうなのに。
Commented by ねこ at 2017-02-08 15:46 x
今回は鱈のレシピですね~(africajさんのブログも拝見させてもらいました♪)

塩鱈はなかなかこちらでは見かけないですね。(私が見落としているだけかも?)
鱈は、母がよく棒鱈の煮つけを作っていました。干し鱈を戻す時独特の匂いがしますが、煮物はとても美味しかったのを思い出しますね。
鱈を料理することは殆どなかったのですが、このグラタンは美味しそう。塩鱈を見つけたらチャレンジしたいですね!
Commented by kuma-rennes at 2017-02-09 00:05
Mさん
はい、この白菜はアジア系の店から調達しました。
でも最近は割と普通に売られているんですよ。
一つ質問なのです。鱈は北海道でよく食べられるようですが、塩鱈にされたものも売られていますか?
Commented by kuma-rennes at 2017-02-09 00:09
africajさん
美味しいレシピをどうもありがとうございました!
本当に、塩鱈の旨味の効いたホワイトソースがいいですね♪
銀杏はたまたまいただいたものがあったので使えました。
ピスタチオはリヨンの名物ソーセージの中に入っていて、火を通すとその柔らかさが逆に良かったりもするのですが、この料理に関しては特に可もなく不可もないと思いました。
africajさんも既に試されていたのですね〜
Commented by kuma-rennes at 2017-02-09 00:13
ねこさん
九州の方では鱈はあまり馴染みがないかもしれませんね。
北海道ではよく食べるそうですし、ブルターニュにも色々な種類の鱈がありますね。
この塩鱈は私はジャガイモのピュレと合わせることが多いのですが、なんとも言えない旨味があるのでたまに食べたくなります。
Commented by M at 2017-02-09 08:22 x
塩鱈、北海道でも売っていますよ!
北海道沖産 すきみたら (干したら)塩たらとして売られているし、
スケソウタラの寒干しの塩鱈がたくさん出回っています。
稚内のノシャップ岬と言う地区では、真冬に
スケソウタラの寒干しされています。
干場が木組みでなっていて、壮観です!
Commented by kuma-rennes at 2017-02-10 05:37
Mさん
返信ありがとうございます。
やはり北海道にはたくさん塩鱈が売られているのですね。
ノシャップ岬のスケソウタラの寒干し、見てみたいです!!
<< 今日の食卓 料理とお菓子の会”鴨のオレンジ... >>