<< 苺の季節到来 AOZEN(23/03/17) >>

アニーさん

金曜の午後はVendelのアニーさんの農場に野菜を買いに行きました。
e0228108_07253912.jpg
↑ここはヴォンデルではないのですが、隣町のSt.Aubin du cormierへ続く道です。こんな風にのどかなところをドライブしてきました♪

以前にも買い物に来たことがあって畑も見せてもらいましたが、今日は色々とビオについて話を聞かせてもらいました。
e0228108_07291033.jpg
いつからビオ栽培を始めたのか、どういう肥料を使っているのか。。。
e0228108_07271278.jpg
すると道路を挟んだ野っ原のような畑に連れて行ってくれて、マメ科の草の根を掘って取り出して見せてくれました。
e0228108_07280289.jpg
この根元の種みたいな部分にノゾジテという虫がいて、いい働きをしてくれるのだとか。。。
ご両親から受け継いだ農場でビオの栽培を始めたのは2006年からだったそうで、認可が取れたのは3年後。独学で行っているので、今も試行錯誤の連続だと言っていました。

マルシェでたくさんのビオの八百屋がある中で、彼女の小さな店は特別で、レンヌの高級レストランはもちろん、パリのレストランまでもが仕入れている理由はどうしてだと思うか、何が他の野菜と違うのかと尋ねてみたところ、自分で作って売っているからとシンプルな答えが戻ってきました。
e0228108_07262845.jpg
よく考えたら、ビオのマークの店は多いけれど、ビオの農家から仕入れたものを販売している店もたくさんあります。どちらが美味しい、不味いというよりも、まず鮮度が全く違うのでしょう。

カメラ越しに微笑んでくれたアニーさんが凛としてとても素敵な女性だと気づいてハッとしました。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-25 08:00 | マルシェ/食材 | Comments(6)
Commented by ねこ at 2017-03-25 09:29 x
ヴォンデルまではすごくのどかな風景ですね〜。

先日マルシェにも行かれたし、ビオ続きで興味深い訪問となりましたね。

「自分で作って売っているから」。
シンプルな言葉ですね。作ったものに自信と責任をもってるという事でしょう。
良い野菜を作り、鮮度良く届ける。作物は彼女であり、彼女が信頼の置ける人だから…お店が人気なのはそういう理由なのかな、と笑顔の写真をみて思いました。
Commented by kuma-rennes at 2017-03-26 03:18
ねこさん
はい、彼女の自信と誇りを感じました。そして自信と誇りのある人ってカッコいいな、と思いました。
まさしく彼女の野菜は”彼女”なんですね。素敵な表現ですね!

それと、トップの教会がなんとなくフクロウみたいだと思うのは私だけかしら?
Commented by ねこ at 2017-03-26 12:14 x
確かに!フクロウっぽいシルエットと、鐘楼の丸いのと四角のとが顔みたいですね!
Commented by M at 2017-03-28 05:56 x
農場を訪ねてきたのですね!いいなぁ。
素敵な、小さな町ですね。
ビオであろうとなかろうと、農場へ直接買いに行くのは、
新鮮な野菜が手に入りますから、贅沢なことですね。
稚内のも隣町にこう言う農場があるんです。
トマトが特に美味しいんですが、勇知いもと言う、
地場産のジャガイモが有名なんですよ。

週末に2泊で妹の住む名寄(なよろ)へ行ってきました。
温泉に浸かって、肩こりも解消されました!
これから続けてコメントさせてもらいますね。
Commented by kuma-rennes at 2017-03-28 06:57
ねこさん
そうでしょう!フクロウみたいですよね。
そして私、フクロウが大好きなんですよ♪
Commented by kuma-rennes at 2017-03-28 07:08
Mさん
おかえりなさい。名寄の温泉、有名ですよね。
いいなぁ〜。私も肩こり治したい。。。

直売の野菜はやはり鮮度が違うので保ちがいいですね。
勇知いもも気になります。こちらのノアムチエのジャガイモみたいなものかなと思いました。
<< 苺の季節到来 AOZEN(23/03/17) >>