<< 料理とワイン ピュイ・ダルナックのシャンブルドット >>

心に残る景色

クロードとヴェロニックのシャンブルドットに到着した翌日、一緒にハイキングすることになって8キロのコースに連れて行ってもらいました。
e0228108_05104652.jpg
ここ↑は丁度折り返し地点の辺りです。リュック以外にも彼らは手荷物をたくさん持っていますが、リュックの中も全て松ぼっくりが入っているんです。クリスマスのサパン(もみの木)にするのだと松ぼっくりを拾い集めていました。他にも庭に植えるのだと植物を引っこ抜いたり、重い荷物もなんのその、その情熱には感心するほどでした。

春なので新緑が綺麗なのはもちろん、仔牛がたくさんいて可愛いらしかったな〜。リムーザンの牛達です♪
e0228108_05115726.jpg
このあたりではまだ草を食む前の仔牛肉も名産なのだそうです。あとは鴨やキノコや胡桃なども。。。
e0228108_05134504.jpg
奥にうっすら見えるのはオーベルニュのピュイ・マリーの山で、まだ上に雪が残っています。

夕食はお土産に持参したルノーさんのお店のプーラルド(肥育した雌鶏)を食べました。
e0228108_05142801.jpg
とても柔らかくて美味しいと喜んでもらえました。料理はもちろんヴェロニックが、ちゃっちゃと用意してくれました!クロードの選んだコット・ロティの赤ワインも美味しかったな〜。

行けば絶対に分かると思いますが、彼らはとても働き者で、生活を楽しんでいるので色んな意味でいいお手本というか、いい刺激になって自分もこれからもっと頑張ろう!もっと楽しもう!という気持ちになります。
大繁盛していたパリのビストロを閉めて何故田舎に来たのかと最初は思ったけれど、今の方がずっと彼ららしいし、とても幸せそうだと思えました。レンヌから700キロと近い距離ではないけれど、自分が憧れる、尊敬する人というのはそういないので、時間をかけても会いに行く意味のある宝物のような人達だと思いました。

3月一杯で終了の予定がまだ更新しているのはエイプリールフールだからではありません。旅行でお休みしたので、もう1、2回程おつきあいいただけたらと思います。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-04-01 05:49 | 旅行/散策
<< 料理とワイン ピュイ・ダルナックのシャンブルドット >>