<< A bientôt. 心に残る景色 >>

料理とワイン

土曜の晩は友人宅に食事に招かれていました。まずはシャンパーニュで乾杯し、今度の大統領選の話題で盛り上がってからテーブルへ移動しました。

前菜は鴨の胸肉の燻製と、鴨肉とフォアグラのパテでした。これは買ったものだということでしたが、パテの肉の部分が首の部位だそうで、私は初めて食べました。鳥屋さんで一羽丸ごと買う時に、頭はよく切り落とされますが、首の部分は残っているのです。その部位が好きな人も結構いると聞いたことはありましたが、食べて納得。脂がのっていて美味しかったです。
e0228108_16352623.jpg
鴨の料理なのに白ワインが合わされたので不思議に思ったら、ラベルはシャトー・ヌフ・ド・パップ。ここの白ワインも初めて飲みましたが、意外と料理に合っていて面白いと思いました。

2皿目の前菜は白アスパラガスです。
e0228108_16342369.jpg
白アスパラはもちろん、マヨネーズに生クリームを合わせたソースがとても美味しかったです。ワインはジュラの白ワインでこれがとても個性的でした。まず、香りは蒸留酒並みに強く、飲み口は最初甘さも感じましたが、飲み込むあたりでキリッと酸味に変わるのです。ジュラのワインは個性的だとよく言われますが、本当にかなり変わったワインでした。白アスパラの複雑な苦味や甘みとよく合っていたと思います。

メイン料理はうずらです。リンゴとさくらんぼが合わせてありました。別に温製のオンディーブも出てきました♪
e0228108_16331519.jpg
このワインはリストラック・メドックの赤でした。

この後、チーズのプレートも出されて、チーズ用にも別のオ・メドックのワインが開けられました。飲み終わらなくても新しいワインを開けてくれるのです。ということは、今夜のために4本のワインを用意してくれたことになります。

ラストはデザートのムース・オ・ショコラ。大きなどんぶり、、、失礼、深鉢にそのまんま入っている豪快さがとてもいい!と思いました。ソースにフランボワーズのクーリ(ソース)をかけていただきました。とっても美味しかったです!
e0228108_16315386.jpg
ムース・オ・ショコラは、フランスの三大定番デザートの一つで、他はイル・フロッタン(クレームアングレーズソースにメレンゲが浮いたデザート)とクレーム・キャラメル(プリン)だと言っていました。

その後、食後のコーヒーから食後酒のカルヴァドスまで進んで、解散したのは夜中の2時半になっていました。私はほとんど飲まなかったので、もうそろそろお暇した方が、、、と思って正面にいるコパンをじーっと見てアイコンタクトを取ろうとしましたが、コパンは絶対に目線を合わせない!!!んですよ。多分わざとだと思いますが、今回はコパンではなくて別の人物が喋り倒していたので、まぁ、いいんですけどね。。。

今日もフランス人の気の張らない素敵なおもてなしを受けてとても勉強になりました。おしゃべりも含めて楽しい晩でした♪


[PR]
by kuma-rennes | 2017-04-03 04:01 | おもてなし | Comments(4)
Commented by M at 2017-04-03 14:17 x
お友達に夕食に招かれたのですね。
鴨肉とフォアグラ、いいですね。
特に鴨肉は、好物なので、羨ましいです。
あぁ、白アスパラの季節が始まったのですね。
こういったこういった、季節ものは、出てくると嬉しいですね。
ムース・オ・ショコラ、豪快でいいですね。
気取りがなくて、親しい愛大柄なのかなぁと思いました。
イル・フロッタン、私も好きですね。
ベルギー人の友達もフランスの三大デセールだと言って、
イル・フロッタンを作ってくれましたよ!
Commented by ねこ at 2017-04-03 19:41 x
お料理、どれも美味しそうですね。
それにすごいボリューム。そしてお料理ごとにワインを替えて、食後酒まで!
すごく、ワインと料理の組み合わせが考えられているなって感じました!

真夜中まで盛り上がったのでしょうね♪
そういう時のおいとまって、なかなか言い出しにくいですよね(笑)
Commented by kuma-rennes at 2017-04-04 05:14
Mさん
鴨とアスパラ、、、前菜が二品もあったので驚きました。
自分がどんなに練りに練っておもてなしをしても、こういう風に肩の力を抜いた素敵なおもてなしはなかなかできないな〜と思いました。いつも勉強になります。
Commented by kuma-rennes at 2017-04-04 05:19
ねこさん
ワインが本当によく考えられていて素晴らしいなと思いました。2品目が白アスパラでジュラの白だったので、1品目は鴨でも白にしたかったそうです。それでシャトーヌフドパップの白が登場したというわけです。こういう変化球もなかなかできません。
<< A bientôt. 心に残る景色 >>