「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

作ったお菓子

あんまり凝ったお菓子は作っていないのですが‥…
e0228108_5151090.jpg

マルシェで苺を買ったので、残っていたブリゼ生地を使って苺のタルトを作りました。
生地にはフランジパーヌを敷いて焼き、カスタードクリームを絞って苺を並べました。
生地のあら熱をとっている間にソファで居眠りをしていたので、ぼんやりした頭で苺を並べてしまって、切り方も並べ方もセンスないな〜と後で思いました。
e0228108_5164399.jpg

お次はパン・ド・ジェンヌ。
母がパウンドケーキが好きだと言っていたので、それならアーモンドたっぷりのパン・ド・ジェンヌも好きだろうと思って作りました。
ローマジパンに全卵を加えていく作り方で、オレンジスライスのシロップ煮が残っていたので、細かく切って生地に混ぜ込みました。
e0228108_5182122.jpg

みっつ目はチョコとヴァニラと苺の3段のバヴァロアです。
暑い日が続いたので冷たいをお菓子を作ろうと思ったのですが、シャルロットにするには時間が足りなかったので、ガラスの器に入れました。
デコレーションに使ったグロゼイユの赤い実は、うちのベランダで育った数少ないうちの一房です♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-30 05:23 | お菓子作り | Comments(4)

食べたもの2

お店のお菓子も幾つか‥…

チーズ屋さんで母が興味を示したtortue fromage。
真っ黒な表面を亀(tortue)の甲羅に見立てたチーズケーキで、これはブルターニュというより、お隣のポワトュー・シャラント地方が発祥のようです。亀は”幸福”のシンボルなので、結婚式などのお祝いの席で配られためでたいお菓子なのだそうです。
e0228108_563088.jpg

今回は牛のチーズを使ったものでしたが、前に食べた山羊のチーズで作ったケーキもとても美味しかったです。食べるととても軽くて、中身は意外としっとりとしているのでとても食べやすいのでおすすめです。

もうひとつはLE DANIELでテイクアウトしたお菓子です。
手前はりんごのショーソンに抹茶とフランボワーズのマフィン。
奥はパウンドケーキで、右奥はイタリアのパン菓子のパネトーネです。
e0228108_585233.jpg

特に美味しかったのはパネトーネで、具沢山でとってもリッチでした。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-28 05:01 | 美味しいお店/レストラン | Comments(3)

Cancale

この日は朝一番に出発してモン・サン・ミッシェルへ行きました。
時間帯が違うと光の具合が変わるし、それに午前中の方がすいていて見学しやすかったです。

その後は牡蠣の産地、カンカルへ移動して昼食をとりました。
e0228108_2101629.jpg

カンカルには前にも来たことはありますが、その時はレストランへ直行して町の散策はしなかったので、今回は食後にのんびりと歩いてみました。

シーズンにはまだ少し早いこともあり、人も少なくて、静かでとてもいい所でした。
e0228108_241184.jpg

桟橋を歩いたら、気持のいい風に吹かれて、何とも幸せな気分になりました♪
e0228108_253799.jpg

海はやっぱりいいですね〜。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-28 02:12 | 旅行/散策 | Comments(0)

食べたもの

しばらく更新できなかったので写真がたまっています。
それと、母が日本に戻ったら、フランスで見たもの、食べたものをどんどん忘れてしまうのではないかという疑惑が生じているので、私の方でブログに残しておくことにしました。

ある晩の夕食。ラタトュイユに子羊肉のローストです。
e0228108_00385.jpg

この日は火曜日で、朝に中央マルシェに行きました。
チーズ屋さんで買ったチーズ各種と、前日残ったラタトゥイユを卵と一緒にココットに入れてオーブンで焼いたもので簡単な昼食にしました。
e0228108_013855.jpg

チーズは右手前がサヴォア地方のルブロッション(牛)で、左前後が2つとも山羊です。
右後がコンテ(牛)とナポレオンという山羊のハードチーズです。
母はルブロッションをとても気に入っていました♪

夜はマルシェで仕入れたスズキを塩竈焼きにしていただきました。
スズキが小振りだったので、鯖の白ワイン蒸しを前菜代わりに食べました。
e0228108_043572.jpg


来る前は、私のブログを見て「あんなに食べられないから」と言っていた母が、毎日もりもりたくさん食べてくれるのでとても嬉しいです♪
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-27 00:15 | 料理 | Comments(2)

Fête de la musique

パソコンの調子が悪くて更新ができませんでしたが、気を取り直してどんどんアップしていきましょう!!!

まずは先週の火曜日(21日)は夏至の日でフェット・ドゥ・ラ・ミュージックだったので、パリにいた頃は特に出歩きもしなかったけれど、レンヌではどうだろうと夕食後に出掛けてみました。

最初に遭遇したのは通りの脇で演奏していたビックバンドでした。
女性ヴォーカルでけっこう上手かったし、大人数でとても楽しそうだったのが印象的でした。
e0228108_6122049.jpg

お次はParlement de Bretagne広場で演奏されていたヒップホップ♪
この後ろでは男の子達が、体をくねくね、間接ポキポキ系のストリートダンスを踊っていたのも面白かったです。
e0228108_6134668.jpg

それからレンヌの市役所の広場に出ると、アフリカ系の人達がドラムを叩いてパレードのように賑やかでした。
e0228108_615441.jpg

その他にも街中にはたくさんの演奏者と見物客がいて、歩きながら自分も口ずさんでいたりして‥…久しぶりの夜の散歩はなかなか楽しいものでした。
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-26 06:23 | 旅行/散策 | Comments(0)

Claire fontaine

タルトやクグロフは作ったけれど、ちゃんとしたアントルメも母に食べてもらいたい‥…と思いつつ、なかなか時間がとれなかったので、昨日のサン・マロから戻って夕食を食べた後に作り始めました。

下から、オレンジスライスのシロップ煮を表面に並べ、オレンジ果汁ベースのバヴァロアにジェノワーズ2枚を挟みました。ジェノワーズにはオレンジスライスを煮たシロップをうっています。

型から外すのがいつも厄介なので、底にクッキングペーパーを敷いたら外しやすいかもしれないと余計な事をしたせいで、表面にペーパーの跡がついてしまいました。
e0228108_501751.jpg

でも、今回はジェノワーズがいい具合に焼けたのと、全体で食べた感じも”澄んだ泉”という名のごとく繊細で爽やかな味わいだったので、まぁよかった事にしようと思います。

私はあまり夜中にケーキを作らないのですが、静かで集中できるし、やろうと思えば頑張ってできるものだと思いました。
e0228108_5521792.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-21 05:34 | お菓子作り | Comments(4)

St.Malo

雨降りが続いていたので、朝方のほんの少しの晴れ間に望みをたくして、レンヌから北北西へ70キロ向かったサン・マロへ行ってきました。
e0228108_7504891.jpg

到着した頃にはまた曇っていたけれど、サン・マロの街ってこんな空模様も似合って素敵だなと思いました。

コパンは用事があったので、一緒に昼食を食べた後に先に出発しましたが、私と母は城壁の上の遊歩道をのんびりと散歩しました。

潮が引いていたので、砂浜の上も歩いてみました。
e0228108_824233.jpg

こんな風に木を並べているのは、大きな並が押し寄せてきた時の防波堤にするためだと思いますが、それが不思議と絵になると思いました。
e0228108_7543811.jpg

[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-20 08:04 | 旅行/散策 | Comments(0)

Pol Roger

いただきもののシャンパーニュのPol Roger。2000年のミレシムです。
e0228108_715259.jpg

シャンパーニュはあまり長く保たないので、そろそろ飲んでしまおうと冷蔵庫に入れてありましたが、4月に行ったLorientのレストランのワインリストに、この銘柄のシャンパ―ニュが目ん玉の飛び出るような値段で載っていたので、何かちょっとしたお祝いで飲みたいと思っていました。

というわけで、母がフランスにやってきた記念に本日いただきました♪
といっても、私と母には猫に小判みたいな感じでしたが、コパンがちゃんと味わってくれたでしょう。

飲んだ感想はというと、思っていたよりも炭酸が強い感じで、飲み口はさらりとしていて、軽い苦みがありました。黒いラベルの外観同様、男性的で堂々としたシャンパーニュでした。

今朝はリスのマルシェに行って、生きた手長海老と牡蠣などを買って一緒にいただきました。
母は手長海老をとても喜んで食べていました♪
e0228108_732039.jpg

[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-19 07:06 | 飲み物 | Comments(0)

焼き過ぎに注意!!!

ブリゼ生地を作ったので、キッシュにしようかタルトにしようか迷いましたが、熟れた杏が残っていたのでタルトにしました。

フランジパーヌを敷いて生の杏を載せて焼くまではよかったのですが、最後の最後にキビ砂糖をかけてオーブンの上火を着火したのが運のつき‥…真っ黒に焦げてしまいました。
e0228108_21191379.jpg
焼き菓子は私はギリギリまで焼いて焼き色をつけたい派なんですが、今のオーブンは下火は強くても表面の焼き色はほとんどつかないので、つけようとすると底が焦げてしまいます。
上火はロースト用のバーナーのみなので、試しに今回使ってみたのですが、結果はさんざんでした。

でも、私がもう少ししっかり見ていればよかったんですよね。
焦げているのか、キビ砂糖の茶色なのか、よく分からなかったんです。
それでも私は優しい色合いよりも焦げるギリギリの焼き菓子の方が好きなので、(これはもうはっきり言って焦げてしまっているけれど)次回も最後に上火は使ってみようと思っています。

今夜は日本から私の母がやってくるので、一緒に食べようと作ったタルトなんですが、気合いが入ると失敗するという、まさに私は本番に弱いタイプですね。

おまけで先日作った芋けんぴも一緒に載せておきまーす♪
アップする程のものでもないけれど、写真がちょっと面白いかなと思って。
e0228108_21205217.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-15 21:26 | お菓子作り | Comments(2)

Coffret des macarons

お世話になる人にお菓子をプレゼントするのに、本人に何が食べたいか尋ねたら、「マカロンを2、3個。」という謙虚な返事が戻ってきたので、どうせならたくさん作ることにしました。
それにマカロンは一度に2、3個なんて少量は作れませんからね。
e0228108_0501255.jpg

カラーは4色、ココアのコックにはコニャックで風味付けしたガナッシュ、ピンクとブルーのコックにはバラ風味のバタークリームにフランボワーズのジャムを、黄色いコックにはグランマルニエで風味付けしたバタークリームに杏ジャムを挟みました。
ジャムも全て手作りなので、100%くまちゃん印です♪
e0228108_046556.jpg

こんな風に色んなマカロンを作ったら、おもちゃ箱みたいにプレゼントしたくなったので、Laurent-Perrierのロゼのシャンパーニュの箱に無造作に詰めました。


さて、受け取る人はどうやってこんなにたくさんのマカロンを消費するのかと思われそうですが、こんなのは平気で食べてしまえるのがフランス人のチャームポイントだと思います♪
e0228108_0475067.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2011-06-14 00:53 | お菓子作り | Comments(6)