<   2012年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

NId d'abeilles 3

ご注文を受けて18センチのニ・ダベイユを作りました。
e0228108_5511713.jpg

毎年これを1台作るのがやっとだったけれど、今年はもう3回目なので随分コツが掴めるようになりました。
あともう1台予約が入っているので今年はそれでおしまいにするつもりですが、大変だと思っていたことも繰り返すうちにそれ程ではなくなっているので、経験って大事だなとつくづく思いました。


さて、パリからお客様が遊びに来ているので少しバタバタしています♪

今回は若カップルにおチビさんの3人組で、若い人達には”牛肉”を食べさせるのが一番だろうとローストビーフとバスク風の温野菜を用意しました。
e0228108_552351.jpg

これは少し前に”料理とお菓子の会”で実演したまんまなんですが、実際に私は自分がよく作って食べるものを普通にそのまま実習内容にしています。

今回はいきなりメインを持ってきたので、チーズも出して満腹にさせる作戦でした。
余るかと思った肉や野菜も綺麗に平らげてくれたので、やっぱり若者には”牛肉”で正解だったと思いました。
e0228108_5533654.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-30 06:00 | お菓子作り | Comments(2)

洋梨のタルト

土曜のマルシェで購入したよく熟れた方の洋梨を白ワイン煮にしてタルトにしました。
e0228108_3494571.jpg

洋梨は林檎と同様にフランスでは年中に手に入る果物ですが、旬といえば初秋になるので、9月のお菓子は洋梨を使ったお菓子が美味しいですね。

小振りなのは今のうちだし、こんなタルトには小さい方が使いやすいです。

シュクレ生地を土台にアーモンクリームにほんの少しフロマージュブランを混ぜ込んだ、ちょっと酸味のあるタルトです。

そしてこちらは少し前に作ったバターロール。
e0228108_351632.jpg

成形に意識して作ったので、いつもよりはマシかなと思います。

私はこのパンの後姿がけっこう好きです♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-28 03:55 | お菓子作り | Comments(2)

食べたもの、飲んだもの

最近食べたもの、飲んだものでアップし損ねていた写真を救出しましょう!

まずは、クルジェットの花の天ぷら。
e0228108_0314516.jpg

昨日のリスのマルシェでもまだ見かけましたが、これはもう先々週末くらいのものだと思います。
前菜に野菜の天ぷらにして、メインはラビオリのパスタにしました。
赤ワインは確か‥…BeaujolaisのChenasだったような。。。

そしてこちらは前日の晩に友人と一緒に簡単な食事をした時のワインなんですが、写真に収めていなかったので翌日の昼食時に撮りました。
e0228108_032597.jpg

MargauxのChâteau Kirwan/2003、料理は大したことなかったのに、ワインはちょっと良かったという晩でした。
たまたま普段仕様のワインがなくて、特別なワインしかなかったという異常事態が発生したのが理由です。

現在は新しく補充されているので、こんなワインを普段飲みにしています。
e0228108_0345720.jpg

Haut-MédocのChâteau Caronne Ste Gemme/2008です。
一緒に食べたのはBavetteという牛の上部腹部肉のステーキ。ちょっと固い部位ですが、旨味があってエシャロットのソースと合います。
添え物はタルチフレット(Savoie地方のreblochonというチーズを使ったじゃがいものグラタン)にしました。

3つ目の食事が普通に一番バランスがとれていたかな〜と思います。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-27 00:50 | 飲み物 | Comments(0)

マルシェの食材

8月最後のリスのマルシェはまだ少し休みの店も多いけれど、けっこうにぎわっていました。
e0228108_5262235.jpg

本日の仕入れは、右下のグレーがかったトマトがちょっと面白いかなと思います。名前は”緑の葡萄トマト”と書いてありました。
短くて曲がったキュウリもこちらではあまり見かけませんが、こういうのは味が濃くて美味しいですよね。
他には洋梨の熟れているのとそうでないものの2種類と桜桃、ペトンクルという姫ホタテ、写真にはないけれど、大きな蟹と小鯛も少々買いました。
e0228108_5274879.jpg

小鯛は開いて干物にしました。

夕食は蟹を茹でて、ペトンクルは野菜と炒めて食べました。
緑の葡萄トマトはちょっと皮が固かったけれど、フルーツみたいに甘くてジューシーで美味しかったです♪
e0228108_5293814.jpg

今日は”料理とお菓子の会”の2名のお客様がオマール海老を購入されたらしく、自分のブログの記事が少しは役に立っているのかなと嬉しく思いました。

これからも旬の美味しい素材をご紹介して、少しでも役に立つ内容をお届けできるように頑張ります!!
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-26 05:37 | マルシェ/食材 | Comments(0)

苺のお菓子

昨日はココアのジェノワーズに苺と生クリームを使ったケーキのご依頼を受けたので、ショートケーキみたいなものを作りました。
e0228108_031159.jpg

そもそもチョコと苺は合うのか‥…という疑問があったので、簡単に承諾したものの、かなり悩んで作りました。

フォレノワール風とも言われましたが、周りにチョコやココアをかけてこれ以上チョコの風味は出さないことにしました。
その代わりに苺の存在感は出したかったので、中の苺は煮てあります。
ジェノワーズに打ったシロップにも、苺を煮た時の果汁を加えて風味を強化しました。
中のクリームはカスタードを混ぜたクレーム・レジェールにして、外側はホイップクリームです。

今回はリクエストされたパーツを組み合わせて自分でバランスを考えるという試みをしましたが、なかなか難しいと思いました。


そして翌日の今日は、残った苺でタルトレットを作りました。
e0228108_0322192.jpg

ガレット・ブルトンヌの生地にカスタードクリーム、リュバーブのジャムをアクセントに苺を載せました。
私はこれが大好きなんですが、時間がたつと劣化が早いので基本的には門外不出にしています。

食べたい方は、苺の出ている季節のうちに”料理とお菓子の会”でリクエストしてくださいね♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-25 00:59 | お菓子作り | Comments(2)

ポークビーンズ

土曜日のリスのマルシェでCoco de paimpolというブルターニュのパンポール産の豆が出ていたので買っておきました。(↓写真は左手前です。)
e0228108_4442225.jpg

こういう豆類は乾燥させて保存食にできるので、生のものは今の短い時期にしか手に入りません。
今回、私が購入したのは半乾燥ということでしたが、それでも水に戻して柔らかくする必要はないし、完全に生のものよりも少し長く保ちますね。
e0228108_446725.jpg
新鮮なものは白地にピンクのマーブル模様でとても綺麗ですが、時間がたつと白くなっていき、加熱するとまた模様は消えてしまいます。

今週に入って急に秋らしく心地よい気候になってきたので、今日は豚の三枚肉とジャレ(膝の部位)の半塩漬けの肉と一緒に煮込んでポークビーンズにしました。

半塩漬けの場合は完全に塩漬けした肉と比べると、水で軽く洗えばすぐ使えるということですが、私は1時間程水に漬けて軽く塩抜きしてから使いました。この方が優しい味になります。

e0228108_4465579.jpg
2人分なのであまりたくさん肉の種類は使えなかったけれど、他にもソーセージなどを入れたらもっと楽しいだろうと思いました。

先週末の買物は、他にもこの夏初のスイカを買ってみたり、16,8ユーロ/キロとこの夏最安値だったオマール海老は普通に茹でて手づくりマヨネーズと一緒に食べたのが美味しかったのと、牡蠣はフライにし、トマトはあえて不揃いなのを選んでおひたしにしてみたりして、なかなかヴァラエティ豊かな食卓となりました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-23 05:05 | 料理 | Comments(2)

ちょっと食べたかったもの

最近、色んな人のブログや日記を拝見していて、”ちょっと食べたかったもの”を真似して作ってみました。

ひとつめは、”トマトのおひたし”です。
e0228108_413641.jpg

洋風のマリネみたいなものは自分でも時々作りますが、だし汁に漬けて食べる和風のおひたしってどうなんだろうと興味を持ちました。
e0228108_423756.jpg

食べ慣れていなかったためか、ひと口目はちょっと違和感を覚えましたが、2個目くらいからなかなか美味しいと思いました。
食べ合わせにもよるので、この日は一応和洋食にしてカキフライと一緒にいただきました。

それからもうひとつは”ショウガご飯”です。
e0228108_435835.jpg

これはもう最近いろんな所でよく見かけるので、気になって仕方がありませんでした。
たまたまちりめんじゃこがあったので一緒に炊きました。

これはかなり私好みの味で美味しかったです。

日本では毎年夏の暑さがどんどん増して食欲もなくなるので、そんな中で少しでも食欲のわくような料理が出てくるのだと思いました。

今年はフランスでも暑い日が続いたので、こういう料理はとても役に立ちました。

また新しい料理を教えてくださいね♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-22 04:15 | 料理 | Comments(4)

カンカルから岬まで

カンカルの海岸端でお行儀悪く生牡蠣を頬ばった後は、海岸線に平行した高台に散歩道があるというので歩いてみました。
e0228108_1234144.jpg

牡蠣の養殖棚は離れた所から見るとこんな風に壮観ですが、間近で見た時は意外と複雑な構造で、海藻に縁取られて少々グロテスクな感じもしました。
e0228108_1223538.jpg

この日はとても暑かったけれど、時折そよぐ海風がとても心地よかったので、散歩道もなんとか往復できました。

この後、車でもう少し足を伸ばして、カンカルの先にあるPointe de Grouin(グルーアン岬)にも行きました。
e0228108_1263385.jpg

そこには真っ青な海が静かに、深く、広がっていて、同じ海でもこんなに表情が違うのだと実感しました。

今年は夏らしくとても暑い日が続きましたが、私にとってはこの日が一番思い出に残る夏日和となりました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-21 01:46 | 旅行/散策 | Comments(0)

Cancaleで生牡蠣

昨日は天気が良かったのでカンカルへドライブしてきました。レンヌから北へ車で1時間くらいの場所です。

これはカンカルの町が見え始めた遠景で、奥に見える桟橋のそのまた向う左手に牡蠣の養殖棚があります。
e0228108_054132.jpg

カンカルの牡蠣はフランスでも特に美味しいといわれている銘柄のひとつで、味の特長はさらりとして上品な口あたりです。

灯台の脇に生牡蠣を販売する出店が並んでいて、もちろん殻付きのまま持ち帰ることもできますが、その場で殻を開けてもらって食べることもできます。

丁度、お昼に到着したので、お弁当用に用意したサンドイッチと共に生牡蠣も食べることにしました。
また別の場所では白ワインやバター付きのパンなども販売していてとても気が利いています。
e0228108_133522.jpg
ここの楽しいところは、食べ終った牡蠣の殻をその辺にポーンと投げ捨てることで、それがとても気持がいいんですよ♪
(お皿は要返却)
e0228108_0581354.jpg

そして目の前には海!!!

食後には牡蠣棚の方へ行って色々観察しましたが、こんなに間近に見たのは初めての事でした!!

網の中に泥まみれの牡蠣が入っていたり、囲いのある水場の中にも入っていました。
この後、潮がどんどん引いていくにつれて、牡蠣棚もどんどん沖まで広がっていく光景は圧巻で、さすがフランスでも有数の牡蠣の産地だと思いました。

私はとにかく岩場でワイルドに牡蠣を食べるのが物凄く気に入ったので、これからは毎年夏の暑い日にはカンカルにやってこようと心に決めました。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-20 01:19 | 旅行/散策 | Comments(0)

タルト2種

何のお菓子が食べたいかコパンに尋ねたら、「レモンケーキ」という返事だったので、マフィン型で小さいのたくさん作ったら、「僕が食べたかったのはタルトのことだよ。」と言うので、次の日に作り直しました。

レモンのタルトは割とスクエア型で作るのが好きなんですが、今回は何となく丸形で作ってみました。
e0228108_1251385.jpg

メレンゲをもっと花びらみたいにしたかったので、バーナーをあてる時に内側から外側に向ければ良かったと後で思いました。

ブリゼのタルト生地が残っていたので、その翌々日くらいにミラベルのタルトも作りました。
e0228108_1261647.jpg

ミラベルはシロップ煮にしたものをクラフティの生地と一緒に焼きました。

タルトは生地のサクサク感が命なので、自分で作ると出来立てが食べられて本当に美味しいですよね。

どちらも美味しくいただきました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2012-08-19 01:31 | お菓子作り | Comments(6)