<   2012年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

子守りと栗剥き

今日は半日、友人の娘さんのお世話をすることになったので、朝からリスのマルシェへ連れていって買い物をして、アパートに戻って昼食をとりました。
e0228108_4504571.jpg

生ハムが大好物だというので揃えたら、本当にひとりで半分平らげていました♪
あとは茸のパスタにチーズなど‥…

食後はお買い物ごっこをしたり、お勉強も少々、おやつ用にディアマンのサブレも一緒に作りました。
e0228108_4514130.jpg

食いしん坊さんの手が伸びていますね♪

食後は、私のためだから‥…と言われながら、体操やダンスをしてダイエットを強制され、久しぶりに汗までかきました。

レンヌに来て急に子供が身近になったので何だか可笑しくて、楽しいなと思っています。
これからも月に1、2回、子守り日記が綴られるでしょう。

最後はマルシェで見つけた初物の栗です。大きくて綺麗で、まだ新しいので虫もいないのがいいですね。
e0228108_4525513.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-30 04:59 | マルシェ/食材

料理とお菓子の会⒀”マルシェと軽食”

今日は”料理とお菓子の会”でした。

今回も初参加のお客様でマンツーマンの体験レッスンでした。

最近フランスにいらしたばかりで、フランスの食材にはまだ馴染みがないということだったので、今回はマルシェの買物をご一緒して、食材や買物の仕方等をご説明させていただきました。
e0228108_338265.jpg

それから一緒にアパートに戻り、仕入れたばかりの食材で簡単な昼食を整えました。
チーズ各種にハムやパテ、リエットなどに加えて、生ガキの開け方をお教えして、その後一緒にいただきました♪
e0228108_341640.jpg

マルシェの買物があったため、今回は特に料理は作らなかったので、代わりにフルーツとフロマージュ・ブランのロールケーキを用意してデザートに出しました。

小さな男の子も一緒だったのですが、その子が物凄くケーキを喜んでくれたので、お菓子の力はやはり偉大だなと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-28 03:46 | 料理とお菓子の会

猪肉を食べました。

知り合いから猪の腿肉を一本いただいたので、どうにかして食べないと!ということで、とりあえず赤ワインでマリネをして臭みをとることにしました。

人参、玉葱、ブーケガルニ、粒胡椒等‥…ついでに黄色いプルーンも入れて2日間漬け込みました。
e0228108_5271675.jpg

猪の肉はけっこう美味しいらしくて、焼いて食べてもいけるそうですが、この肉は冷凍されていたのでただ焼くだけなのはどうかと思ってマリネしました。
でも、煮込んでしまうと肉がかたくなりそうなので、肉はオーブンで焼き、マリネ液は煮込んでソースにしました。
e0228108_528346.jpg

このソースが甘酸っぱくてとても美味しかったのですが、肉はやはりかたくてコパンが食べにくそうでした。
味は鴨肉みたいでけっこう美味しかったし、臭みも全くなかったのですが、脂分がほとんどなくて噛むのが大変でした。

もうジビエが始まったので、これからも食べる機会はありそうです。
これにへこたれず、機会があったらまた果敢にチャレンジしようと思います!!
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-27 05:29 | 料理

セップ茸のキッシュ☆

昨日のタルトタタンのデモ用に作ったブリゼ生地を使ってキッシュを作りました。

具は何にしようかな〜と考えていたら、丁度、セップ茸があったのでたっぷり入れることにしました。
e0228108_0321216.jpg

下から玉葱とマッシュルームをそれぞれソテーしたものに、パンチェッタを散らして最後にまたソテーしたセップ茸を細かく切らずに豪快に載せました。

茸好きにはたまらない秋らしいキッシュが出来上がりました♪

写真は本焼きをする前で、これに引き立てのパルメザンチーズをかけてオーブンに入れました♪
e0228108_0331592.jpg


それと、全然関係なくて秋らしくもないけれど、この間お餅を焼いて食べたら美味しかったです。
網で焼いていると何とも可愛らしく見えて思わず写真を撮りました。
e0228108_0475541.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-26 00:36 | 料理

料理とお菓子の会⑿”タルトタタン”

今日は”料理とお菓子の会”でした♪

初参加のお客様とマンツーマンで行いました。
今回はお客様の型を使って試しに焼いてみたので、最後にひっくり返す時までちょっとドキドキしました。

お教室らしきことをしているので、最近、細かい試作の内容や作り方のポイントがあまり書けなくてごめんなさい。なので、出来上がりの写真で判断してくださいね。
e0228108_3461688.jpg

今回は一台を一緒に作ってそれをお持ち帰りいただいて、おやつにはクグロフを作ってお出ししました。
e0228108_349410.jpg

お客様はドイツにしばらくいらした方なので、クグロフはよーくご存知だと思ったんですよね。
もちろんその通りでしたが、「今迄食べた中で一番美味しい!」と言ってくださったのでとても嬉しかったです。
e0228108_350691.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-25 03:57 | 料理とお菓子の会

Gaufres

初めてワッフルを作りました。ワッフルのことをフランスではゴーフルといいます♪
e0228108_4472025.jpg

フィリップ・コンティチーニさんのレシピでずーっと作ってみたかったんですよね。
イーストを使ったベルギー風のゴーフルです。
お砂糖が一杯で、グラニュー糖にキビ砂糖、霰糖の3種類も使っているとても凝ったレシピだと思います。

もっとモチッとした食感を想像していたけれど、キャラメルが周囲をがっちりとガードしているので、少々ガリガリしています。
そのおかげで日持ちすると思うのですが、普通のベルギー風のワッフルもそんなものでしょうか?
初めて作ったので、知っている方はどうぞ教えてくださーい。


そして夕食は昨日のガラテ海老の頭を使ってトマトソースのパスタにしたので、前菜くらいはちょっと凝った風なプレートにしてみました。
e0228108_449228.jpg

昨日作ったイワシのオイル煮とロステロというハーブ入りのハム、セップ茸と芽キャベツとパンチェッタのクリーム和えです。

あるものの寄せ集め、適当料理でしたが、なかなか美味しかったです。
e0228108_4502530.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-24 04:55 | お菓子作り

Galathée

今朝のリスのマルシェでガラテという名の変わった海老を見つけました。

店の人に聞いてみると、手長海老の一種で、味はもっと軽くて繊細だと言うので試しに買ってみました。
まだ生きているのにこんなに綺麗なオレンジ色なんですよ。
e0228108_538473.jpg

今日は他にもイワシや鯵などの青魚を買ったので、イワシはオイル煮にしておき、鯵はたたきとそぼろご飯にして夕食で食べました。

ガラテは蒸してそのまま尻尾の部分だけ殻を剥いて食べました。短いのでほとんど食べるところはなかったけれど、頭の部分をソースに使うと美味しいというので残しておきました。
味は確かに手長海老より繊細だったのと、殻がそれ程固くないので剥きやすいのがいいと思いました。
e0228108_5402487.jpg

こんな海老は初めて見たので、さすがはブルターニュのマルシェだなと思いました。

ラストはパンポールの豆が山積みに売られていたマルシェの風景です。
e0228108_5413194.jpg

[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-23 05:48 | マルシェ/食材

Andouillette

アンドュイエット。腸詰めのソーセージですね。

独特の臭みがあるので苦手な人も多いかと思います。私も大好物というわけではなくて、年に1、2回くらいなら食べてもいいかな‥…という程度です。

こういうものは品質が大事なので、AAAAA(Association amicale des amateurs d'andouillette authentique/伝統的なアンドュイエットを愛する人達の団体)の品質表示がされていることが重要なポイントです。

初めっからアンドュイエットを受け付けない人は関係ありませんが、もしも食べてみたい人は、それを確認をした上でチャレンジしてから苦手意識を持っても遅くはないと思います♪

普段はソーセージの見た目のままフライパンで焼いて食べますが、今回は昔、リヨンの古めかしいビストロ(ブッション)で食べた日替わり定食を思い出して作ってみました。それが今でも覚えているくらいけっこう美味しかったからです。
e0228108_4252589.jpg

作り方は、一度バットでソテーしたアンドュイエットを輪切りにして、ポアロー葱と一緒に軽く炒めて、白ワイン、マスタード、生クリームを入れて、パルメザンチーズを振りかけてオーブンで焼きました。
ついでに昨日買った芽キャベツもいれちゃいました。

リヨンで食べたものは、輪切りのまま形がとどまっていましたが、私のはぐちゃぐちゃ。それにソースがもっとスープみたいに緩かったけれど、私のはエペスの生クリームを使ったからか、かなりこってりした田舎風になってしまいました。

でも、これが思っていたよりも美味しくて、日本のモツ煮が好きな人ならばいけるだろうと思いました。
確かに2人にはちょっと重かったですけどね。

濃い口の赤ワインとよく合いましたよ♪
e0228108_429446.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-22 04:33 | 料理

Artichaut et Rai

今朝のマルシェで仕入れた野菜です。他にもサラダ菜などありましたが、濡れていたり、泥付きのものは出さないことが多いです。
e0228108_574094.jpg

今回はアーティチョークと芽キャベツ(シュー・ブリュクセル)などがちょっと面白いかなと思います。
e0228108_584386.jpg
アーティチョークは30〜40分程茹でて、一枚一枚の葉をドレッシングにつけて根元をしごくようにして普通に食べました。これが本日の前菜でした♪

そしてメインは久しぶりにエイを買ったので、クールブイヨンで煮て焦がしバターをかけました。
e0228108_591597.jpg

これはエイの物凄く定番の食べ方だと思います。うちは普通に時々食べますが、皆さんはどうなんでしょうね。。。

あぁぁ、日が短くなってきて、夕食は自然光での写真がもはや難しくなってしまいました。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-21 05:13 | 料理

鶏のロースト

今朝、中央マルシェで鶏を一羽買いました。

レンヌで美味しい鶏肉の店はどこですか?とよく聞かれるんですが、私はRenault paulの鶏肉が美味しいと思います。ここはリスのマルシェにも入っていますよね。
e0228108_5483310.jpg

廃れつつあった昔の美味しい鶏の品種を改めて飼育しているということで、頭が黒いのが特長です。

少々問題なのは、一羽丸ごとでしか店頭に並んでいない事なんですが、以前、私の前に並んでいたマダムが半身に切ってもらっていたので、その程度だったら問題ないでしょう。

野菜を並べて塩胡椒してバットに置いて、オーブンで一時間強焼いただけです。(乾かないようにバターを塗ったり、水分を補ったりもしましたけど。)
e0228108_5492939.jpg

焼き上がったら解体して脂ののった美味しい脚と手羽の部分をいただきました。一緒に焼いた野菜も添えました。家庭料理だったらこれくらいシンプルでダイナミックな食べ方をしてもいいんじゃないかと思います。

もしかしたらローストされた鶏肉で美味しいお店を知りたい方もいるかもしれませんが、そういうのは実は食べたことがないのでいいアドヴァイスができません。

それでもアドヴァイスするとしたら、こういったシンプルなもの程素材の良さが味を決めるので、いい鶏肉を使っている店を探すのが一番だと思います。
看板に農場産と記してあるとか、他よりも値段設定が高いところはそういう意味で自信があるのだと想像しています。

でも一度、自分でローストして食べ比べてみると分りやすいと思うので、機会があったら試してみてくださいね。

他にはブレス鶏も美味しいけれど、これはブルターニュどころかフランスを代表する鶏肉なので今回はあえて書かないでおきます。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-09-20 06:07 | 料理