<   2013年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

苺のタルト

昨日は友人宅で食事を招かれていたので、手土産に苺のタルトを作って持っていきました。

今回は気分を変えて四角いタルトに♪
e0228108_173420.jpg

シュクル生地にアーモンドクリーム、リュバーブのジャムにカスタードクリーム、そして苺を並べました。

冷蔵庫にほんの少しマカロンが残っていたので飾りに使いましたが、伺う先のお子さんの数は必要だと思って別に用意していきました。(結果→大正解!!!)

手巻き寿司を御馳走になって、美味しいお海苔と、たくさんの種類の魚介類に舌鼓を打ちました。
マグロも久々に食べました。。。美味しかった!!!
中でも、海老の頭で出汁をとった味噌汁が絶品で、やはり丁寧な仕事は違いが出るな〜と思いました。

美味しくて賑やかな楽しい夜でした。

そして先週はもう一台苺のタルトを作っていました。
e0228108_194289.jpg

形は違いますが、構成は同じです。四角い方が高さがあってボリュームもあります。

四角いセルクルは型に生地を敷き込むのが難しいけれど、このちょっと粗野で下手な感じが食欲をそそるんじゃないかと自分勝手に思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-30 01:26 | お菓子作り

胡桃割り器

Lavalでもう一カ所行くのがアンティークの銀製品のお店で、ここのお店の人も私達のことを覚えていてくれて、銀製品の手入れの仕方など色々教えてくれました。
e0228108_0515427.jpg
最初、午前中に行ってみたらお店が閉まっていたので、これはその時にショーウィンドーをジロジロ眺めながら撮った写真です。

中はもっと山のように商品が積まれていて、雑然とした感じなんですが、私とコパンは何となくその雰囲気が気に入っています。

値段も品物も高すぎず、安すぎずで、決して手の届かない感じでないのがいいと思います。









今回は”胡桃割り器”を購入してみました。
e0228108_0525524.jpg

うちはけっこう胡桃が好きなので殻付きのまま常備しているんですが、今迄は魚介類用のパンスを使っていました。

うちにやってくる子供達に胡桃をあげたら、意外と喜んで食べるのと、殻を開ける作業が物珍しいみたいで、ワイワイ言って喜びます♪

でも、使いやすいかというとそれ程でもなくて、手で持つ所がもう少し長い方がいいと思いましたが、これはこれで気に入っています。

そうそう、このお店の隣も雑貨屋さんで、時代はもっと近代寄りですが、古いおもちゃやインテリア小物を扱っていて面白そうでしたよ。
e0228108_056558.jpg

[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-29 01:06 | 旅行/散策

Le Bistro de Paris

日にちは前後しますが、先日、Lavalの乳製品博物館へ出掛けた時にお昼を食べたのが、前回訪れてえらく気に入ったビストロ・ドゥ・パリです。

あまり間を開けていなかったからか、サーヴィスの人が覚えていてくれて、前回よりもぐっと気さくな感じで対応してくれました。

そして私達があまりに色々質問するので、レストランを経営しているのか?と逆に尋ねられたくらいです。

今回いただいた料理もとても美味しくて、相変わらずここは間違いない!と思いましたよ。
e0228108_433377.jpg

まず、コパンの前菜の鶏のファルシがよかったですね〜。こういうちゃんと料理している所がいいと思います。

私の前菜は野菜のファルシで中に鴨肉が入っています。
ラヴァルの街にはMayenne(マイエンヌ)という河が流れていて、その辺り一帯をマイエンヌと呼んでいますが、鴨の飼育が盛んのようで、フォア・グラのテリーヌや鴨肉のローストなどは定番の食材のようです。
e0228108_4341718.jpg

そして私はメインにうずらの料理を選んでとっても美味しかったのですが、今回はコパンの子牛のロニョン(腎臓)と(頭)テッドの料理が大当たりでした!!!
e0228108_436527.jpg

実は私は前回ロニョンとリ・ド・ヴォー(子牛の胸腺肉)の料理を頼んでかなり美味しかったので、コパンにお勧めしたのですが、こちらでは多分内蔵系も定番としてあって、それがなかなかの美味しいので苦手じゃない人はぜひとも試してみるといいと思います。

見て分るように、ここの料理はとてもトラディショナルなんですが、だからといって重いわけではなく、量はけっこう丁度いいくらいなんですよ。

私とコパンはラバルの街がすっかり気に入ったので、今度はマイエンヌの河下りやトレッキングもしてみようと話していますが、こちらのレストランもやはり外せないポイントのひとつになっています。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-28 04:42 | 美味しいお店/レストラン

料理とお菓子の会”Macarons”(2013-8)

今日は”料理とお菓子の会”でした。

リクエストはマカロンなんですが、いつもとちょっと違うのは、お客様がフランス人の男性だったことです。
e0228108_535223.jpg

奥様が日本人の方で、旦那様の誕生日に私の”お菓子の会”の参加券をプレゼントされたのです。
そういうことは初めてだったので、参加券というか、簡易の招待状は作りましたが、自分の”料理とお菓子の会”が人に喜ばれるようなプレゼントになるかもしれないことが、とにかくとても驚いたことでもあったし、それ以上に嬉しいことだと思いました。

けれど、お相手はフランス人なので、私のたどたどしいフランス語でレッスンが成立するのかとても心配でしたが、実際はかなり日本語を理解されている方だったので、日仏語ごちゃ混ぜの会話で普段とはまたひと味違った面白い会となりました。
それにコパンが居てくれたので、細かいニュアンスはだいぶ補足してもらえて助かりました。
e0228108_514377.jpg

というわけで、男性2人でマカロンのコックを扱っている写真です♪

単発レッスンのつもりでいたけれど、「今度はフレジエをやりたい!」とやる気満々で帰られたので、もしかしたらまた続きがあるかもしれませんね〜♪

そして実は私達は来月に引っ越しをする予定なので、5月一杯は”料理とお菓子の会”はお休みさせていただくことにしました。
引っ越し先は同じレンヌ市内のそう遠くない場所で、6月の再開を目処にのんびり準備する予定なので、今のアパートではこれが最後の”料理とお菓子の会”となります。

とりあえず、ひとまずホッとひと安心して、そしてまた頑張ろうという気持で一杯です。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-27 05:10 | 料理とお菓子の会

<LACTOPÔLE> Musée Laitier et Fromager

昨日はコパンと一緒にお出かけしてきました。場所はLAVALにある乳製品の博物館です。

ラクトポールというその辺りでは大手の乳製品の会社が、昔の工場の跡地に博物館を作って、自社と乳製品の認知を広めているようです。

普段の平日は団体の見学のみですが、週末やヴァカンス時期は午前と午後に一回ずつ、一般の人達も見学できるようになっています。(昨日も子供達がたくさんいました♪)
e0228108_1454637.jpg

館内はとても広くて、説明してくれる方と2時間近く一緒に周りますが、写真撮影はNGらしくて残念でした。(古い工場の再現設備は写真を撮ってもよいということだったので、何枚か載せておきますね。)

古い器具や、ミルク瓶のコレクションが美しく並べてある様は本当にとても綺麗で圧巻だったんですけどね。
e0228108_1473841.jpg

ラクトポールは、一番有名な所では”PRESIDENT”が傘下に入っていて、最初は家族経営で17人だった社員が現在では5万5千人という大企業に発展しました。
というわけで、工場での大量生産になるので、職人的な製造過程が見られるわけではありませんでしが、それはそれで興味深かったし、ひとつの企業としての成功の奇跡をじっくりと見学させてもらいました。

ここはフランスでも一番大きな乳製品の博物館と銘打っているだけあって、本当にとても広くて、綺麗にきちんとした見学ルートになっていましたが、説明してくれる人と常に一緒に行動をとるので、もう少しゆっくり見てみたい気持もありました。
e0228108_1483253.jpg

そして私は、フランス語の説明を2時間びっちり真面目に聞いているのは相当な疲労感だ。。。と感じました。

でも、牛や羊、山羊のミルクから生クリーム、そしてバターやチーズを様々な道具を使って作る工程を細かく教えてもらってとても勉強になったし、面白かったです♪
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-25 00:20 | 旅行/散策

フレジエ☆2013

ヴァカンス休み入ったのでまた少し時間ができました。
天気もよくなってきているし、そろそろどこかへ出掛けたくなっていたのですが、今回は本当に色んなスケジュールがうまく組めなくて、結局またレンヌでお留守番になってしまいました。。。

でも、まぁ、それはそれで作りたいお菓子を作れば私は充実するので、今回はもう一度作りたかったフレジエを、現在私が一番美味しいと思う配合で作ってみました。
e0228108_5505283.jpg

トップの苺のジュレは固まるギリギリの濃度なので、型から外すとあまり綺麗ではないけれど、だからこそお店ではできない贅沢なことかもしれません。

フレジエができた時に、コパンがベランダ越しでお隣さんとお喋りをしていたので、ふいに気が向いてお裾分けしたらとても喜ばれました。おまけに明日の夕食に招待されたので、デザートは私が作ると約束しました。
暇なら暇で予定はけっこう埋まるもんです。。。

そしてこれは残ったジェノワーズとクリームと苺で味見用に作った小さいフレジエです。
e0228108_5514097.jpg

小さい丸いフレジエもけっこう可愛いですね♪

最後は昨日作ったロールパンとクリームパンですが、これはまぁ、ただ作っただけという代物です。
e0228108_553073.jpg

クリームがはみ出していますが、気にしないでパクパク食べました♪
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-24 06:00 | お菓子作り

Des oeufs de Caille

先週の”料理の会”のタルタルステーキで使った鶉の卵。1パック18個入りなので、残りの使い道を追ってみましょう♪

まずは、いただきものの山芋でとろろ汁を作り、そこに落としました。
e0228108_3444312.jpg

真ん中の皿は盛りつけがひどくて何だか分らないと思いますが、帆立とヒラメの昆布締めのお刺身です。

それから今日のお昼のパスタの仕上げにもポンッと落としました。
e0228108_345268.jpg

具は小玉葱とホウレン草、シャンピニオンにパンチェッタのクリームソースです。

そして最後は今夜の夕食で綺麗に使い切りました。
e0228108_346176.jpg

ホウレン草のサラダに茹でたものを入れています。

鶉の卵って、普通の卵よりもマイルドでとっても美味しいと思います。
大好きだけれど意外と使い道に困ることもあるので、どんどん使うのが一番だと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-23 03:53 | マルシェ/食材

Aozen

金曜日、”料理の会”の後で夕食の主菜がなかったので、いっそのこと外で食べることにしました。

けれど昼食はしっかり食べているため気軽な感じがよかったので、前に料理の会のお客様に教えていただいた”アオゼン”(ブルターニュ語で成分や素材という意味)というレストランに行ってみました。

去年の秋に開店した新しいレストランで、シェフはレンヌのLeCoqueのレストランから独立してはじめたそうです。
店内の真ん中に厨房があって、料理している姿を実際に眺めながら食事を楽しめるようになっているのが特色です。
e0228108_149731.jpg

私達は厨房の横の、テーブルと椅子の背が高くてよーく眺められる2人席についたので、目の前でお皿の盛りつけをしているところが見られたり、気になったことは色々質問もさせてもらったので、物凄く楽しい時間が過ごせました。

ただ、こちらは品数が少なくて、前菜は統一、肉と魚のメインは一品ずつでどちらか(もしくは両方)を選ぶだけなので、無駄がなくていいとは思うけれど、レストランの醍醐味は少し薄いかもしれません。

多分、コンセプトが料理教室とレストランの半々みたいなので、こういう思い切ったことをしたのだと思います。

料理はもちろんなかなか美味しかったのですが、もっと面白かったのがワインのセレクトで、SavoisやBergerac、Cahorなどのマイナーな地方のワインが少しずつ広範囲に渡って仕入れてあり、しかもリーズナブルなので、色々試してみるといいかもしれません。

後で気付いたら、ソムリエの女性はパリの6区のHélèn Darrozeに居た方だというので、ちょっと納得しました。


そして、最近ブログの更新をさぼり気味で写真だけはたまっているので、何枚か載せますね。

ひとつはオレンジケーキ。いただきもののマーマレードジャムがとっても美味しかったのでパウンドケーキに混ぜ込んでみました。
e0228108_1503674.jpg

上のスライスが重過ぎてへこんでしまったけれど、しっかりとオレンジの味がしてコパンが気に入っていました。
特に入れなくてもよかったのですが、冷蔵庫にあったクリームチーズを少し加えたら、気持さわやかさがアップしたかな〜と思います。


そしてもう一枚は土曜日のマルシェで購入した帆立を使って、帰宅してすぐにホットサンドを作りました。
e0228108_151285.jpg

ポワローネギのソテーを敷いて、帆立、それから乾燥キャンビアを振りかけています。

美味しかったけれど、ホットサンドはこんなに豪華にしなくて定番でも充分美味しいかな。。。なんて思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-22 02:02 | 美味しいお店/レストラン

料理とお菓子の会”Tartare de Boeuf”(2013-7)

今日は”料理とお菓子の会”でした。

リクエストはタルタルステーキだったので、いいお肉を用意しましたよ♪
e0228108_14889.jpg

切って混ぜるだけの簡単料理ですが、食べたことがない人にはやはり未知の食べ物となるので、私はその”初めて”に対してできるだけ美味しい印象が残るように心掛けています。

そしてデザートはこれもまたリクエストされていたトンカとヴァニラのプリンです。
e0228108_154374.jpg

フィリップ・コンティチーニのレシピなんですが、実際食べてみても、ありそうでない絶妙な食感とバランスだと思います。
お客様も喜んでいらしたので、私もとても嬉しくなりました。

そして今日はたまたま私の誕生日だったので、料理の会のお客様と一緒に食卓で乾杯をして‥…とっても素敵な一日が過ごせました。

メッセージをくださった皆さん、どうもありがとうございました!!
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-20 01:12 | 料理とお菓子の会

料理とお菓子の会”Navarin d'agneau”(2013-6)

今日は料理とお菓子の会でした♪

リクエストは子羊肉の煮込みで、野菜もたくさん、そしてココットを使った料理ということだったので、季節的にもまぎれもなくナヴァラン・ダニョーだと思ってお勧めしました。
e0228108_4591545.jpg

けれど、てっきりお客様は子羊肉がお好きでリクエストされたのかと思っていたら、あまりお得意ではないということが料理を作りながら判明したので、実際に召し上がっていただくまではちょっとドキドキしていました。

でも、あまり得意でない食材をこの機会に食べてみる‥…というのもいいかもしれません。
私だったら日本人にも食べやすいように多少アレンジできると思うので、レストランで試すよりも敷居は低いと思います。
e0228108_50323.jpg

けれど、そんな心配をする程のこともなく、お客様には綺麗に召し上がっていただけたので、とても嬉しく思いました。

肉を煮込んでいる間にデザートのタルトレットのタルト生地も一緒に作りました♪
e0228108_512065.jpg

食事にはコパンも同席していたので、今度のヴァカンスでお勧めの場所やルートの話題で時間がたつのも忘れて話こんでいました。

今日も楽しい会でした♪
[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-17 05:07 | 料理とお菓子の会