<   2014年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ご馳走☆

旅行に出掛けても、金曜日の夜には自宅に戻るようにスケジュールを組んで、土曜の朝はリスのマルシェへ出掛ける!というのがもう決まり事になっているので、先週末も当然リスのマルシェに出掛けていました。

そうして仕入れた海の幸は手長海老にホタテ、パルールドというアサリの甲殻類です。ホタテはもうそろそろ終ってしまうので今のうちに食べておこうと思って。。。
e0228108_04403652.jpg
アサリは酒蒸しした汁で炊いて、炊きあがってからアサリと葱を加えて混ぜました。これが美味しかった〜♪

翌日はパックの時に食べ損ねたプレ・サレの子羊肉をお肉屋さんで注文しておいてリスのお店で受け取りました。
e0228108_04443703.jpg
ただ焼いただけなんですが、プレ・サレのお肉は柔らかくて脂身が甘くてとても美味しかったです。それと、いつものビオの八百屋さんにあったカリフラワーがよかったです。白い部分よりも茎が目立つようなカリフラワーらしくないカリフラワーでしたが、味は普通のカリフラワーよりもずっとよくて食感も楽しめました。

ラストは土曜日に作ったフレジエです。
e0228108_04413817.jpg
マラデボアの苺が出てきたので作ってみたところ、やっぱりマラデボアのフレジエは美味しい!と思いました。

というわけで、先週は意味もなくご馳走三昧の週末だったな〜と思いました。


[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-30 04:50 | 料理

La Roche d'Oëtre

アランソンのレ―ス、国立のアラ、そして今回もうひとつ訪れてみたかった場所は、”オエートルの岩山”という岸壁で、そこから見渡せる絶景のパノラマが目当てでした。

でも、その前に‥…前日のホテルの朝食が美味しくて、ついでにあまり見かけない土地のお菓子もあったのでご紹介しましょう。
e0228108_01020277.jpg
Teurgouleという郷土菓子で、同じ牛乳粥のRiz au laitと区別されるのは、オーブンで3、4時間と長く焼いて表面にしっかり茶色の膜がはっていることと、シナモンで風味づけていることでしょうか。。。
食べてみたら、素朴ではありますが深い味わいもあってとても美味しかったです。

そしてここの朝食のパンやチーズやハム、ケーキも手作りで美味しかったので、昼食用にサンドイッチを作ってもらえないかとお願いしたところ、快く承諾してくれたので、お昼はそのサンドイッチを持ってオエートルの岩山で食べることにしました。
e0228108_01044599.jpg
しかし、私は軽度の高所恐怖症のところがあるので、ここでの昼食は私にとっては少々罰ゲームみたいで、サンドイッチは美味しかったものの、随分無理な姿勢でこわばって食べていたような気がします。だって、柵などは一切なくて、自分の命は自分で守らなくてはいけないんですから。。。

後はもう少し天気が良くて視界が開けていたら良かったけれど、今回は雨の合間を縫って行動していたので、これでもラッキーだったと思います。
e0228108_01060826.jpg
のどかな景色に大自然、土地の美味しい食べ物に、芸術や文化にも触れられて、短いながらもとても充実した3日間が過ごせました。

これにて今回のノルマンディ旅行のレポートはおしまいです♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-29 01:24 | 旅行/散策

Le Manoir du Lys

今回のノルマンディ旅行で2日目に宿泊したホテルのレストランがなかなか良かったです。場所はBagnoles-de-l'orneという湯治場の近くの”Le Manoir du Lys”。
森の中に位置していて、茸料理が得意なんですって。実際、室内に茸のオブジェが至る所にあって、茸入りのパンも出てきました。

私とコパンはアラカルトで料理を選んだのですが、前菜もメインも結局同じものを頼みました。
前菜は今が旬のモリーユ茸の一品で、横に卵の殻が見えますが、卵黄に生クリームや色々なものが入っているクリームでちょっとワサビの風味もしました。
e0228108_00383795.jpg
メインは子羊肉。周りの緑色のパテは何だろうと思ったら、Ail des ours(熊のにんにく)という名の植物なんだそうです。特に癖もなくにんにく臭もなかったし、食感もパテというか肉みたいなので、ピュレにしたものをパテに練り込んだんでしょうね。
e0228108_00411653.jpg
でも実はコパンはこの前に鰹の料理をデュミ・ポーションで頼んでいました。フランス料理で一体どんな風に鰹が料理されて出てくるのか興味があったからです。
e0228108_00400429.jpg
日本のように周りを焼いて半生でオリーブオイル仕立てで出てきましたが、こちらは特に驚くようなことはありませんでした。でも、他の料理もそうですが、添え物の野菜がどれも美味しかったです。

それからチーズも。。。
e0228108_00423767.jpg
下段左手がノルマンディのこの辺りのチーズだということで、カマンベールやポン・レベックなどをいただきました。

デザートは苺のシャルロットで、このレストラン風のシャルロットだというので頼んでみました。
e0228108_00433906.jpg
シャルロットは私は普通のバヴァロア仕立ての方が好きだと改めて思いましたが、感心したのは苺のシャーベットに刺さっているチュイルで、苺の果汁で作ってあったので苺の味が濃くてとても美味しかったです♪

ここのレストランは味もまぁ良かったけれど、サーヴィスが更によくて、コパンが鰹の料理を食べる時に、何もない私用に小さなおつまみを出してくれたところが素晴らしいと思いました。

ガラス越しに見えるお庭も手入れが行き届いて気持が良かったし、とても美味しく心地のよい時間が過ごせました。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-28 00:49 | 美味しいお店/レストラン

Haras national du Pin

まず、Haras(アラ)というのは、いい品種の馬を生産するための牧場のことで、アランソンから30キロくらい北上した所にあります。

こちらもルイ14世の命により設立されていて、馬のヴェルサイユ宮殿を作るつもりだったそうです。
当時は移動の手段に馬を使っていたし、農耕機具を引かせたり、戦争でも大きな役割を担っていたので馬の需要は高かったのです。
e0228108_01544003.jpg
けれど、造らせたルイ14世は実際に完成したアラを望めなかったそうだし、この国立のアラも年内一杯で民間の企業経営に変わってしまうそうです。
e0228108_01562602.jpg
中には博物館があって馬についての様々な展示物が見られましたが、1時間程度のガイド付きの案内もあって、実際に厩を見せてくれたり、馬具や古く美しい馬車なども見学できました。
e0228108_01581897.jpg
そして曜日やシーズン、時間帯にもよると思いますが、馬のスペクタクルも見られてけっこう充実した内容でした。
e0228108_02000215.jpg
特によかったのが、この辺り一帯で馬がたくさん飼育されていて、そのための木の柵があちこちに張り巡らされた景色がとても和やかで、ここへ向かう県道のルートもよく手入れされていて、想像以上に優雅なドライブが楽しめました。

昨日のアランソン・レースもそうだけれど、ルイ14世は太陽王と呼ばれるようなフランスでは圧倒的な存在感をもつ王様でしたが、例え彼の気まぐれやわがままな思いつきからだったとしても、こうして後世に誇れる立派な建築や仕事が続いているのだから、やはり偉大な王様だったのだ。。。と思わずにはいられません。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-27 05:11 | 旅行/散策

Dentelle d'Alençon

今回の小旅行のテーマは、まず昨日ご紹介したような牧歌的な景色を堪能することで、分かれ道があれば、どの道を選ぶかその時に決めるようなのんびりしたドライブ旅行でした。

けれど、訪れてみたい場所も幾つかあって、そのひとつがアランソンにあるレース美術館でした。
e0228108_01574527.jpg
アランソン・レースは、一時期は「女王のレース」とも呼ばれ、イギリスのヴィクトリア女王のお気に入りだったそうです。
元は1665年にルイ14世の命によってヴェニスからレース職人を呼び寄せて技術を教わり、王立の工房を設立したことから始まり、最盛期の1800年半ばには8000人ものレース職人がアランソンにいたそうです。
現在では機械化が主流となり、アランソンの手縫いのレース職人は10人程度になっています。

でも、それが本当に綺麗で、繊細で‥…うっとりしながらもひどく眼精疲労を感じるような濃密な時間を過ごしました。

展示は常設で、Beaux Artsの美術館に併設されています。
e0228108_01530089.jpg
こんな小さなパーツの作成に物凄い時間がかかり、デザインの写しから出来上がりまで8段階のステップがあります。
面白いのが最後に生地を成らすのに、オマール海老のパンス(挟み)を使うそうです。
e0228108_01541591.jpg
その他にも、イタリアのヴェニス、ミラノ、ベルギーのフランドル、アイルランドのレースなどもたくさん展示されていて、黒いレースはパリ近郊のシャンティの絹糸で作られていたのだということも知りました。
e0228108_01551681.jpg
豊かな自然とは対称的ですが、その美しさは同じくらい価値のある世界の宝物だと思いました。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-26 02:36 | アート/建築

緑と馬とりんごの木と‥…

小旅行から戻ってきました!
e0228108_02584784.jpg
レンヌからはそう遠くないBasse Normandie(ノルマンディの下手)のSuisse Normande(ノルマンディのスイス)と呼ばれる辺りで、県道や市道の細道を縫うようにしてのんびりドライブして回りました。
e0228108_02594124.jpg
どこもかしこもこんな風に名もない豊かな景色が広がっていて、もう途中から写真を撮るのはキリがないと思いました。。。
e0228108_03004613.jpg
新緑が眩しくて、ノルマンディらしく馬と牛とりんごの木がたくさんあってとても綺麗でした〜
e0228108_03195628.jpg
明日からゆっくり旅のレポートをしたいと思います。



[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-25 03:21 | 旅行/散策

今日もキッシュ!

冷蔵庫のありあわせでキッシュを作りました。
e0228108_05034850.jpg
中は小玉葱とマッシュルームとベーコンをそれぞれソテーしたものにアスパラガス・ソバージュとドライトマトを加えてパルメザンチーズをたっぷりかけて焼きました。

いつもと違うのは4,5センチの高さのあるセルクルなので、より具沢山で重さもあります。
e0228108_05062859.jpg

今日はパックの祝日だけれど我家はこんな軽食で済ませて、残りの半分のキッシュは明日のお弁当にします♪

というわけで、明日から小旅行へ出掛けるのでブログの方も2、3日お休みします。
お天気がちょっと心配なんですけどね。。。

最後の写真は春先にご紹介した葉桜の根元に咲いたアヤメです。
e0228108_04583164.jpg
緑の芝にこの紫色がとても映えます。今のアパートに引っ越してきてもうすぐ1年になりますが、その時にはもうアヤメは終っていたので今年初めて見ました。この後はツツジが一杯咲くんですよー。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-22 05:11 | 料理

苺のサントノーレ

今日はマラデボアの苺を使って久々にサントノーレを作りました。
e0228108_04575677.jpg
底の生地は先日の”料理とお菓子の会”でキッシュに使った余り生地なんですが、あとはシュー生地やカスタードクリーム、飴掛けやシャンティなど、お菓子作りをしている気分になる楽しいお菓子だなと思いました。

夕食は今朝のマルシェで仕入れたオマール海老です。
e0228108_04585708.jpg
そして、最近ちょっと暴飲暴食気味で胃もたれが抜けない気がするので、優しい野菜のスープが飲みたくなって、ミネストローネスープも作りました。
そうしたらこれが美味しくてお代わりをしてしまい‥…意味がないと思いました。

デザートはおんなじサントノーレなんですが、蝋燭がたっているのは私の誕生日だからです♪
e0228108_05000740.jpg
これも美味しくてコパンと2人でお代わりをして結局全部食べてしまったので、またしても食べ過ぎてしまいました。でも、食べられるんだから大丈夫のようです。。。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-20 05:04 | お菓子作り

豚肉料理

先日、常設市場の肉屋さんでちょっと変わった豚肉を見つけたました。
e0228108_05135054.jpg
Bigorre(ビゴール)という南仏の黒豚で、脂ののった小振りの豚です。この間のレオン・ル・コションのレストランでも南仏の黒豚がとても美味しかったこともあって試しに買ってみました。
でも、値段が‥…ちょっと‥…牛肉よりも高かったので勇気がいったんですよ!

こういう脂ののった美味しい豚は変に味付けしないでシンプルにいただくのが一番なので、お店の人のいう通りに塩胡椒して180℃のオーブンで1時間焼いてみました。
e0228108_05125420.jpg
そうしたらこれが物凄く美味しくて、特に脂身が甘くてジューシーでびっくりしました。
こんなに美味しい豚肉があるなんて危険だわ。。。と思いながら、翌日は少々胃もたれがした私でした。。。

そしてこちらは普通のブルターニュ産の豚肉を使って、カツサンドを作りました。こちらは今夜の夕食です。
e0228108_05110800.jpg
カツサンドというと”マイセン”が有名ですが、私は赤坂で働いていた時に通っていた”キッチン・わか”という非常にマニアックな洋食屋さんのカツサンドが一番好きでした。(今もあるのだろうか。。。)
でも、今となってはパンまで手作りの自分のカツサンドが一番好きです♪





[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-19 05:16 | マルシェ/食材

料理とお菓子の会”イワシのキッシュ”(2014-11)

今日は”料理とお菓子の会”でした♪

初参加のお客様だったので、まずはキッシュはいかがかとお勧めしてみました。キッシュができれば甘いタルトにも応用できるので、展開もしやすいと思ったからです。
e0228108_06084414.jpg
今はイワシが手に入りやすいので、今回はイワシを具にしました。
今朝のマルシェで仕入れた新鮮なイワシをお客様に捌いていただき、それで作ったオイル煮と、小玉葱のソテー、自家製のドライトマトを敷いて、チーズをたっぷりかけて焼き上げました。

これはお客様の作られた分のキッシュです。
e0228108_06114938.jpg
綺麗に焼き上がっていますよね〜

デザートは苺とチーズクリームのロールケーキをご用意しました。
e0228108_06124037.jpg
今日は天気がよくて気持がよかったし、料理の会も初参加とは思えないようなチームワークと楽しさで、時間があっという間に過ぎました。

この後はパックのヴァカンスに入るので”料理とお菓子の会”もしばらくお休みです。
今週は2回行なったのでちょっとキツいかなと思っていましたが、案外そうでもなくて、今はとにかく満足感で一杯です。

(それでは、皆さん、楽しいヴァカンスをお過ごしくださいね!!!)





[PR]
by kuma-rennes | 2014-04-18 06:24 | 料理とお菓子の会