<   2014年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

平桃のシャルロット

マルシェで仕入れた平桃がいい具合に熟れてきたので、シロップ煮にしておきました。水と一緒に白ワインも加えて軽く煮ました。
e0228108_02294257.jpg
瓶に詰めて2、3日味を馴染ませてからシャルロットにしました。
このシロップをベースにバヴァロアを作ったら、とっても上品で爽やかな味です。

平桃は生でそのまま食べてもとっても美味しいけれど、こうして手を加えると更に美味しいから好きです。
このシャルロットはまた作って食べたいな〜と思います。

それからある日の晩ご飯。コパンがトマトソースのパスタが食べたいというので、久々に作りました。
e0228108_02303439.jpg
豚挽肉にベーコン、玉葱、エシャロット、セロリ、マッシュルーム、人参を入れた具沢山のソースです。

ポテトサラダも作りました。大好きなんですが、これを作ったのは随分久しぶりです。生の小玉葱と茹で卵、それからグリンピースのシンプルなタイプで、グリンピースが甘くてよく合っていました。


[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-31 02:43 | お菓子作り

さくらんぼのお菓子

これはパリに行く前に作ったものですが、マルシェでさくらんぼが並び出したのでフォレノワールを作りました。
e0228108_05504835.jpg
これはコパンの大好物なので、大きめの16センチを2人でモリモリいただきました♪

サクランボのシロップ煮がまだ残っていたので、クラフティのタルトも焼きました。
e0228108_05461078.jpg
タルト生地を敷かない簡単なものはよく作りますが、やはりひと工程加わったものはその分美味しい!!見た目は普通ですが、これがとても美味しかったです。

それから一昨日の料理の会で残ったサクランボのシロップ煮はマーブルケーキに使いました。
e0228108_05430995.jpg元は料理に使ったので、シロップ煮には粒胡椒やヴィネガーも入っていましたが、全然気になりませんでした。

でも、ちょっと生地が軽過ぎたので、「もっと普通のバターケーキが食べたい」とコパンに言われてしまいました。
e0228108_05442408.jpg
というわけで、素直に納得した私は翌日にいつものパウンドケーキを作りました。。。でも、こんなのが食べたかったんですよね。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-29 05:58 | お菓子作り

料理とお菓子の会”Cailles aux cerises”(2014-13)

今日は”料理とお菓子の会”でした♪

これは前菜と云う程のものではないけれど、イワシのオイル煮を添えたサラダです。
e0228108_04110643.jpg
メインのリクエストはウズラだったので、これから旬のサクランボを使ったソースを合わせてみました。それと、紫の小振りのアーティショーのソテーを付け合わせに加えました。
普通の大きなアーティショーは前に使っていて茹でた簡単なものをご紹介したので、今日はそのレベルアップの意味合いで。。。
e0228108_04120461.jpg
皆さん、ウズラを扱うのは初めてということだったので、ひとり2羽ずつ捌いていただきました。家庭料理では丸ごとテーブルに出すことも多いけれど、食べにくいのと、見た目があまりよろしくないのと、それに鶏類は基本同じ形状なので、これができれば応用が効くだろうという意図で行いました。

それから前にご試食でお出ししたココナッツのサブレのアンコールをいただいたので、それを作ってデザートにしました。
e0228108_04174778.jpg
サブレと一緒に苺のマーブルアイスをお出ししました。
このアイスのベースのヴァニラは、今回はピエールエルメのレシピで作ってみたのですが、これがお客様に大好評でした!!私もとても気に入ったので、これからはヴァニラはこのレシピでいこうと思います。
e0228108_04191878.jpg
ラストはウズラを焼いているところ。。。最近、お菓子の会が多かったけれど、料理の会もやっぱり楽しくていいな〜と思いました。



[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-27 04:26 | 料理とお菓子の会

Fraisier ☆ La Pâtisserie des Rêves

パリではコパンの弟夫婦宅でお世話になったので、出掛けにサンテレーズのマルシェに寄って、ムセットの蟹を4杯とブロンの生ガキ2ダースを手土産に持っていきました。(意外とこれが喜ばれるんです)

最初の晩はそれらの魚貝をみんなで食べましたが、せっかくだからどこかのお菓子も食べたいな〜と思って、パティスリー・デ・レーヴでフレジエをテイクアウトして2日目の晩のデザートにさせてもらいました。

これは15区に新しくできたBeaugrenelleのショッピングセンターのお店です。
e0228108_05433793.jpg
クリームがちょっとバヴァロアっぽくて、リュバーブのコンポートがたっぷり入っています。クリームより苺の存在感が強くて豪華でしたが、その苺がちょっと熟れ過ぎている感じもしました。果物はある程度熟れた方が美味しいけれど、過ぎると美味しさもマイナスに感じてしまうので、難しいものだなと思いました。
e0228108_05451163.jpg
前後しますが、夕食にはおでんを作っていただいたので、モリモリ美味しく食べました。
e0228108_05461229.jpg
そうそう!マルシェで菜の花と新キャベツも調達したので、菜の花のおひたしも作っていただきましたよ♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-25 05:57 | 美味しいお店/レストラン

ぶらりお散歩

パリに行っていました。
e0228108_07431929.jpg
丁度、マルモッタン美術館で印象派のエクスポがあったので行ってみたら、いつになく混んでいて少し並んだのには驚きましたが、それも納得。。。ピサロ、シスレー、ルノアール、カイユボット、セザンヌ等々の個人所有の珍しい作品が見られて、想像以上に豊かな時間が過ごせました。
e0228108_07442560.jpg
加えて、常設展には中世のマニュスクリ(手書きの写本)があるので、それを見るのも目的にしていました。(前に訪れたアヴランシュの美術館の影響です)私にはまだまだ理解ができないけれど、なかなか密度の濃い時間が過ごせたような気がします。

それからパッシィー通りをのんびりお散歩して、いつものようにトロカデロのカレットでお茶にしました♪
e0228108_07451187.jpg
この日は午後から暑くなったのでアイスクリームを食べました。シャンティ盛りの豪華なものをあったけれど、私にはこんなので充分だと思いました。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-24 07:52 | 旅行/散策

嬉しい贈り物

今朝、日本の友人から嬉しい贈り物が届きました。鹿児島の”あくまき”です♪
e0228108_02355252.jpg
一昨年にいただいた時に大変美味しかったので、もう一度食べたいと無理なお願いをしていました。けれど、久しぶりだったので、それがどんな風に美味しかったのか忘れかけていました。竹の皮を剥いだら、こんなに茶色かったっけ‥…とびっくりした程です。

早速、黒蜜を作って、きな粉かけて、同じくいただいた新茶と共に堪能しました。(緑茶も鹿児島産の知覧茶なので、こうなるともう鹿児島万歳!!!と言いたくなります)
e0228108_02345775.jpg
簡単にいうと、葛餅みたいなんですが、食感も味わいもやはり全く違うんですよね。口に入れるとそのまま体の中に溶け込んでいくような優しさがあって、飲み込む時に何ともいえない灰汁の風味が後を引くんです。

味はほとんどないので、きな粉と黒蜜になりますが、この食感と風味が他では味わえないような素朴さと上品さを兼ね備えていると思います。

レンヌに居ながら、こんなに貴重なものを味わえてつくづく幸せだな〜と思いました。(本当にどうもありがとうございました!!)

[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-21 02:42 | 美味しいお店/レストラン

ガレットの中身

木曜日のマルシェに出ているお気に入りのガレット屋さんが水曜日のマルシェにも出店していました。
そこはガレットのみの販売で具は入れてくれません。
e0228108_05051389.jpg
でも、中途半端なものより自分で選んだ好みのものを入れた方がいいので、最近はクレープ屋さんに行く機会もグッと減りました。
よく食べる具はパンチェッタかジャンボン・ア・ロスのハム系にチーズとトマト、それに卵を落とした普通のものですが、この日はシポラタ(細いソーセージ)とキャベツ炒めにいんげん、それにグリュイエールチーズも入れました。(キャベツは下の小さいもの。生でも食べられます♪)
e0228108_05085058.jpg
ブルターニュでは太いソシソンをグリルしてただ包んだだけのシンプルなガレットがあります。
寒い日に熱々をほおばると、ホットドックみたいで楽しいんですが、自宅やクレープ屋さんで座って食べると何だか味気ない印象もあります。
e0228108_05061621.jpg
やっぱり野菜も食べたくなるんですよね!!
この日はクレソンのサラダを横に添えましたが、このクレソン、土曜のリスのマルシェでもっと美味しいのがあったので載せておきます。
e0228108_05072898.jpg
手前右のクレソンは上のクレソンですが、その斜め左上の(青い箱の)青菜もクレソンで、何が違うのかと聞いたら、「(保ちが悪いから)早く食べるクレソン」だと言われました。言われた通りすぐに食べてしまったので写真には残していないのですが、これがとっても味が濃くて柔らかくて美味しかったのです。

たまたま通りがかったお店だったので、翌週探しても見つけられなかったけれど、また食べたいな〜と思っています。多分、若芽のクレソンなんでしょうね。。。


[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-20 04:14 | マルシェ/食材

和食も食べたい!

和食が食べたい時はだいたいは酢飯か、昆布とカツオ出汁の汁物か、野菜の煮物だったりします。

ということで、酢飯の欲望はサバ寿司で満たしました。
e0228108_06005145.jpg
今回も表面の昆布は北海道の早煮昆布を使いました。中に生のエシャロットのみじん切りを入れてみたら、
特に癖もなく美味しくいただけました。
手前の春菊のおひたしがとっても美味しかったです。(これは先週半ばの食卓です)

そして今夜は、これまた早煮昆布を使ってタラ(メルラン)を覆って煮ました。やはりこの食べ方が一番美味しいと思います。
e0228108_06031867.jpg
手前に見える納豆は黒豆納豆で‥…今回は自分で作ってみました。食料棚に使い忘れていた黒豆があったので、どうしようか迷って納豆に初挑戦してみました。
でも、古いのと(大豆に比べて)大きいので蒸してもなかなか柔らかくならなかったので、早めに止めてしまった分、少し歯ごたえの残る納豆となってしまいました。(全然問題なく食べれましたけどね)

全部納豆にしないで、半分は普通に煮ました。こちらは時間をかけたのでふっくら炊きあがって成功しました。
e0228108_06015706.jpg
納豆も黒豆も、次回は冬場になったらまた作ろうと思います。先週から天気がよかったので、豆を長時間煮たり蒸したりするのはさすがに暑いと思いました。


[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-19 06:16 | 料理

週末のご馳走♪

このところ天気が良くて、今朝のマルシェもたくさんの人が来ていて活気がありました。

そうして仕入れた本日の魚介類はオマール海老とパルールドというアサリです。(オマールの値がだいぶ下がってきました♪)
e0228108_04475006.jpg
アサリは酒蒸ししたものを生クリームとあえてタグリアッテレに、オマール海老は茹でた後にトマトソースとパルメザンチーズをのせてオーブンで軽く焼きました。トマトソースにアサリの煮汁を少々加えてあります。

この時期、小さいキュウリが出ているのも嬉しいですよね。フランスでは巨大なキュウリが多いので、見ると必ず買います。
e0228108_04492333.jpg
味が濃くて美味しい。。。サラダにたくさん入れました。

そして昨日の夕食はカネット(生後2ヶ月以下の雌鴨)のフィレ肉を食べました。鶏の柔らかさと鴨の味わいを合わせ持つような上品なお肉です。
e0228108_04463533.jpg
生のエシャロットを軽く焼いて添えたらかなり好みだったし、人参も甘くてとっても美味しかったです!!

[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-18 04:53 | 料理

Côte de Porc fumée

これも先週のことですが、常設マルシェの豚肉屋さんで薫製の骨付き豚肉があったので「どういう風に食べるの」かと尋ねたところ、普通にフライパンで焼くだけだというので試しに買ってみました。
(お店の人に聞くと大概この返事が返ってきますけどね)

ベーコンはフュメ(薫製)にしたものがあるのは普通ですが、他の部位ではあまり見かけないからです。

今回は塊肉で購入したので、オーブンでそのまま焼きました。既に塩気があるということだったので、味付けもしませんでした。
e0228108_01154299.jpg
食べてみたら‥…とっても柔らかくて美味しいんですよ!普通のよりずっと柔らかいんです!!
でも、塩気が少々気になったので、残った分をベーコンのようにして翌日のミネストローネスープに使ってみたら、いつもより味に深みが出て美味しかったです。
e0228108_01164854.jpg
これはお豆と一緒に煮たらとても美味しくなるだろうと思いました♪

それから先日の”お菓子の会”で大量に残った卵白の使ってフィナンシエを焼きました。中にオレンジピールを入れています。
e0228108_01181316.jpg
残りの卵白はとりあえず冷凍庫に入れて保存しましたが、普段はあまり冷凍保存はしません。するとキリがないからです。。。
冷蔵庫で1週間くらいは保つので、徐々に使っていますが、それを過ぎたらどんどん破棄しています。それでもどんどん卵白はたまっていくからです。

卵白のお菓子って、バターとアーモンドパウダーと組み合わせるものが多いので、卵白処理のために貴重なバターとアーモンドPを消費してしまうのは、私にとってはその方が贅沢なことなので、無理をするのはやめにしました。

でも、今日は久しぶりにフィナンシエを作ったら、やっぱりこのお菓子は美味しいな〜と思いました♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-17 01:37 | マルシェ/食材