<   2014年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

お客様”準備編”

土曜日の晩はお客様をお招きしていました。
フランス人3名ですが、前回の和食が好評で何となくまた期待されているのを感じたので今回も和食にしました。(私としては洋食の方がよかったんですけどね〜)

コパンと色々相談をして、まず、メインは”すき焼き”にしました。とにかく肉が重要なので、このためにコパンは常設市場の肉屋に3度も足を運んだくらい入念に計画を進めました。
e0228108_19013235.jpg
お肉はこちら。まだ少し分厚いし、霜降りではないけれど‥…注文通り脂の多い肉を用意してくれました。(右奥にちょこっと見えるのは牛脂です)

そして私は木曜日から3日間、のんびりですが準備を始め、一日目はしっかり出汁をとってお稲荷さん用の油揚げやかんぴょう、酢飯の具のひじき煮などを作って味が染みるようにしました。
e0228108_19034834.jpg
すき焼きには白米だけれど、フランス人の友人には味のついているご飯の方がいいかと思ったので。。。

そして和食には糖分が多く入るので、デザートは軽い口当たりのオレンジのムースにしました。
e0228108_19070872.jpg
これは先週も同じものを作って食べていますが、その時にこれを出したらいいのではないかと決めました。

当日は当日で掃除に買物、お稲荷さんの仕上げ、その他諸々の準備があって忙しかったけれど、お客様がとても喜んでくださったので翌日の今日はひと安心しているところです。

次回は”フランス人とすき焼きを食べる編”をおおくりします。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-30 19:18 | おもてなし | Comments(2)

料理とお菓子の会”Galette des rois Ⅳ”(2014-29)

今日は”料理とお菓子の会”でした。

リクエストは”ガレット・デ・ロア”
e0228108_06432615.jpg
少し早い気もするけれど、12月も近いので、もうそんな季節なんだな〜と思いました。

中身は定番のフランジパーヌです。この定番のバランスがとても大事です。
e0228108_06460340.jpg
こちらはお持ち帰り分のガレット。模様がとても綺麗に入っていますね。
e0228108_06470602.jpg
フェーヴはどなたが当てたでしょう。。。作るのも、食べるのも楽しいガレット・デ・ロアです♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-27 06:48 | 料理とお菓子の会 | Comments(6)

鶉とお菓子

夕食は鶉。小さいけれど、胸肉まで柔らかいのがいいです。我が家はパサパサ系はNGなので、それでも焼き過ぎないように気を使います。
e0228108_06222197.jpg
添え物はブロッコリーと黄色いカブみたいな根菜とジロル茸です。南の濃いワインを合わせました♪

昼間は友人が遊びにきていたのでお茶菓子にマドレーヌを出しました。トップにオレンジスライスを飾ったら見た目も味もよくなりました。
e0228108_06200292.jpg
友人達は週末にパリに行っていたので、お土産にポアラーヌのクッキーをいただきました。他にも色々ありましたが、気付いたら美味しくて食べ散らかしていました。
ポアラーヌのクッキーはこの焼き色が不揃いなところがまたいいのですが、私はよく焼けた色の濃い方が香ばしくて好きです。
e0228108_06211336.jpg

久し振りに食べたけれど、あの固さと味わいはポアラーヌならではだなと思いました。(ご馳走さまでした!)





[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-25 06:26 | 料理 | Comments(2)

Barbara Hendricks

今日はソプラノ歌手のバーバラ・ヘンドリックスのコンサートにFougèresへ出掛けてきました。

秋口にレンヌの街中にポスターが貼ってあったので、コパンに知っているかと尋ねたら、うちにCDがあるというので驚きました。しかも、アメリカの黒人のオペラ歌手で世界レベルに成功した数少ない人だというので、そういう人がブルターニュにリサイタルで来るのは特別なことではないかと思いました。(*アメリカ生まれで現在はスウェーデン国籍を取得)

場所はフジェール郊外のEspace aumaillerie(エスパス・オーマイルリー)という普段はエクスポなどが開かれるような所なので音響はあまり整ってはいなかったけれど、2000人近くの人数が収容できて、実際、超満員でした。
e0228108_06382804.jpg
演目は、オペラのアリアがなかったのは残念でしたが、これはもう年齢的にも現役ではなさそうだし、オーケストラがバックではなかったので仕方がないのかもしれません。私はあまり知らない曲が多かったけれど、後半はゴスペルやモダンジャズなど聞き慣れた曲もあって、特に「ジェリコの戦い」は客席も盛り上がって、アンコールでも歌ってくれました♪

音響がよくないとか、20年前に録音したCDと比べて高音がでなくなっているなど、コパンは音に煩いので横で色々言っていましたが、私は家にいると他のことが気になってじっくりなかなか音楽を聴く気持にはならないので、こうやってわざわざ聴きに行くのは自分にはとても良かったし、それにやっぱり生のライヴはいい!!と思いました。
e0228108_06392493.jpg
写真は演奏中はNGだったので、アンコールの挨拶の時に撮ってみましたが、ほとんど分りませんね。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-24 06:59 | アート/建築 | Comments(2)

冬のロゼ

ブルターニュに来てから魚介類を食べることが多くなったので、それに合わせて白ワインを飲む機会もだいぶ増えましたが、なかなかコパンの気に入るものが少ないので、今度はロゼも探してみようということになりました。

ロゼというと夏場に冷やして飲むのが一般的だけれど、これは”冬のロゼ”という謳い文句でした。南仏のCôte de ProvenceのChâteau d'esclans"というワインで、桃色に近い薄い色合いがとても上品で綺麗です。
e0228108_06033080.jpg
この日はヒラメ(turbot)をバターソースで洋風にいただきましたが、このロゼのワインが期待していたよりもずっと美味しくて久し振りの大当たりだと思いました。これならばその辺の白にも負けないと思います。


それから今朝は少し早起きしてリスのマルシェへ出掛けてきました。

coucouの鶏肉屋さんで鶉を買ったら、横に珍しい果物が箱に入って置いてあるので、何かと尋ねたらnèfle(ネフル)という西洋かりんだということです。辞書で調べたら、nèfle du Japonとなるとびわ”になるそうです。
e0228108_06013220.jpg
お店の人が幾つかくれたので、鶉に合わせてみようかと思ったら、まだ固いのでしばらく置いてから食べるようにと言われました。食べごろを見極めて味見してみたいと思っています。




[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-23 06:06 | 飲み物 | Comments(2)

料理とお菓子の会”Brioche feuilletée au sucre ”(2014-28)

今日は”料理とお菓子の会”でした。

リクエストは”ブリオッシュ・フォイユテ・オ・シュクル”です。(写真は↓焼き上がりです)
e0228108_05220102.jpg
時間がかかるのと、発酵が変則的なこともあって今迄あまりお勧めしていませんでした。が、美味しいのは間違いないので、今回試しに行なってみました。

実際、2回に分けて平行して作るのは頭がこんがらがってお菓子の会で行なうにはあまり向いていないと思ったけれど、やはり美味しいのは間違いないので、お客様には喜んでいただけたようです。
e0228108_05240545.jpg
ご試食にはタルト・オ・ショコラとコアン(カリン)のシャーベットもお出ししました♪

シャーベットは最初に何も言わないでお出ししたら、リンゴや洋梨かと思われたくらい食べた感じは似ています。私としては初めての素材だったので、今度は料理にも使ってみたいな〜と思っています。
e0228108_05251667.jpg
今日はタイムスケジュールが完璧ではなかったことが反省点ですが、なんだかんだおしゃべりして楽しく過ぎたこも間違いじゃない‥…かも!?


[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-22 05:27 | 料理とお菓子の会 | Comments(2)

Cane

常設のマルシェに出掛けたらcoucouの鶏肉屋さんを素通りできず、品定めすることになりました。鶏肉でもよかったのだけど、鴨肉も美味しそう。
カーヌという生後2ヶ月以上の雌鴨が1羽あって、店のマダムが「カネットと変わらないよ」と言って勧めてくれました。カネットは生後2ヶ月以内の雌鴨なので、多分、カネットからカーヌに成長したばかりの雌鴨なんだと思います。
ちなみに、雄は生後2ヶ月以下の子鴨はカネトンといい、大人になるとコルベール(青首のマガモ)と呼ばれます。

私はカネットが大好きなので、店頭にあった鴨のフィレ肉をその場で切ってもらって買おうとしましたが、せっかくなので脚や手羽も切ってもらってガラごと持って帰りました。
e0228108_02354626.jpg
e0228108_02393935.jpgということで、ガラとそれぞれのパーツの表面を焼いてからガラと香味野菜を炒めてヴィネガーと赤ワインで煮込んでソースを作ったところに、一度取り出しておいた肉片を一緒にもう10分煮ました。
e0228108_02371161.jpg
鴨肉は火にかけ過ぎるとパサパサになるので、この10分でどう出るか少々不安でしたが、なかなかいい焼き具合になったと思います。(コパンはもう少し半生がいいと言ってましたが。。。)

翌日は残った小さな脚と手羽を細かく割いて、エシャロットとシャントレル茸、マッシュルームと共に同じソースで和えて温泉卵を載せたパスタを食べました♪
e0228108_02340339.jpg
しばらく和食が続いていたので、こういう料理を食べると本当にワインが美味しく感じるし、食べ応えや満足度が全然違うと思いました。




[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-21 02:43 | 料理 | Comments(2)

オレンジのムース

最近、自分達のために少し手のかかったお菓子を作っていないな〜と思って、純粋に自分の食べたいお菓子を作ってみました。

私はオレンジが好きなので、いろんなお菓子にオレンジピールを混ぜたりアレンジもしていますが、このお菓子は本当にオレンジが主役です。
e0228108_04382119.jpg
中は2枚のジェノワーズをオレンジ果汁ベースのバヴァロアで挟んで、表面をオレンジスライスを飾って、仕上げに透明のナパージュを覆うところが、クレール・フォンテーヌ(澄んだ泉)という名にふさわしいケーキだと思います。

あまり綺麗に切れてはいないけれど‥…
e0228108_04404431.jpg
この後、2人共お代わりしたので、軽いとはいえ、一度に半分も平らげてしまいました。。。




[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-20 04:43 | お菓子作り | Comments(4)

SoubressadeとCoing

少し前にナントのマルシェのアルザスの店のフランクフルトソーセージが美味しいと書きましたが、それを知るまではレンヌの常設市場の横にあるJolyのフランクフルトをとても気に入っていました。

それで今朝、ジョリーのフランクルトをわざわざ買いに出掛けたのですが、ふと見ると、Soubressade(スウブルサード)というレンガ色の珍しいソーセージがあったのでそれも買ってみました。
e0228108_07063052.jpg
多分これは、今年の夏に旅行で訪れたフランスのカタルーニャの辺りのソーセージではないかと思います。お店の人が「生で食べてもいいけれど、輪切りにしてフライパンで焼いて卵を落としても美味しい」と教えてくれました。この色はパプリカパウダーから出ているそうで、かなりスパイシーだということでした。

家に戻ってお昼ご飯にスライスしたものを焼いてみたら、脂が溶けて形がなくなり、仕方がないのでキャベツなどの野菜と一緒に炒めて、そのフライパンのまま目玉焼きを作りました。
e0228108_07082292.jpg
食べてみたら‥…思った以上に味が濃くてスパイシーでとても美味しかったです。本当は野菜ではなくて、そこに卵を落とすみたいでそれもとても美味しそうです。ただ、かなり味が濃くてしょっぱいので、味付けは他に必要ないのと、量は少なめに使った方が食べやすいと思います。他ではちょっと味わえないような個性的な味になるので、また少し時間がたったら食べたくなるような気がします。

それから一枚目の写真の黄色い物体はCoing(コワン)で、日本でいうカリンやマルメロです。料理に使おうと思っていましたが、考えが変わってシロップ煮にしました。こちらではジュレやパット・ドゥ・フリュイなどで見かけます。

根元の香りをかいだら洋梨をもっと爽やかにしたようないい匂いで、切ってみたらレンコン並みに固いので驚きました。ほんの少しかじってみると、酸味と渋みが強くて生で食べるものではなさそうです。酸化が早くて、シロップで煮ている間に赤い紅茶のような色になりました。固いので煮る時間もけっこう長くかかります。

どちらも私は初めて扱った素材ですが、まだまだ知らない、初めてのものがたくさんあるな。。。と思いました。




[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-19 07:16 | マルシェ/食材 | Comments(2)

作ったもの諸々

日曜日はコトコト牛の尻尾を煮込んでテールスープを作っていました。これも自家製唐辛子を入れて激辛です。
e0228108_04174366.jpg
これは翌日の今夜の夕食ですが、土曜日に仕入れたサンピエール(マトウダイ)の味噌漬けも焼いて食べました。
自家製のお味噌に大さじ一杯くらいの日本酒を混ぜて魚に漬け込んでおくと2、3日は美味しく保つのでよく作ります。

そして昨日はガトーショコラも作っていました。
e0228108_04135637.jpg
カカオ70%のビターチョコと40%のミルクチョコをブレンドして、アーモンドのプラリネとトンカビーンズ、たっぷりのコニャックで香り付けしました。

それから今日は抹茶のラングドシャを作りました。
e0228108_04145501.jpg
少し前に日本のお土産で”白い恋人”をいただいたのが美味しかったので、自分でも作ってみようと思ったら、クッキー生地はラングドシャだったので抹茶風味にしてホワイトチョコを挟みました。
でも、ちょっと焼き過ぎたり、生地が広がってくっついたりして大成功とはいえませんが、なかなか濃厚な”抹茶の恋人”ができあがりました。また今度ゆっくり作りたいと思います。



[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-18 04:20 | 料理 | Comments(2)