「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

料理とお菓子の会”Cailles aux figues”(2015-11)

日曜日は”料理とお菓子の会”でした♪

今回はご夫婦でのご参加で、開始時刻も夕方〜といつもとは少し違った形で行ないました。メインを鶉の料理とだけ決めて他は基本的にお任せいただいたので、旬や食べ合わせ、今後の展開をふまえてあれこれ考えてみました。
e0228108_20131014.jpg
まず、前菜はイワシのキッシュです。
e0228108_20141919.jpg
生地の敷き込みや焼成をメインにデモしつつ1台を一緒に仕上げました。

メインは鶉で、捌き方やソースの作り方、無花果と合わせて、アーティショーも加えてその扱いもご説明しました。アーティショーは皆さんとても興味を持ってらっしゃるので。
e0228108_20161245.jpg
デザートはサクランボのクラフティです。
e0228108_20172043.jpg
てんこ盛りの内容で調理時間は予定時刻を過ぎてしまいましたが、ご試食も普通の食事会みたいでコパンを交えてどんどん夜が更けていきました。。。

”料理とお菓子の会”がこんなに進化して面白くなっていいのだろうかというくらい楽しい会でした♪






[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-30 04:35 | 料理とお菓子の会 | Comments(2)

Fraisier

金曜日のことでしたが、ご注文いただいたフレジエを作ってお渡ししました。
日本からのお友達と一緒に召し上がってくださるということで、”私のお菓子”という気持と”フランス菓子”を意識して作りました。
e0228108_01370469.jpg
いつものフレジエですが、苺屋さんでフランボワーズを1パックおまけしてくれたので、苺と混じって中にフランボワーズも加えています。
表面のジュレにもフランボワーズの果汁が混ざっています♪
e0228108_01355487.jpg
18センチの大きいサイズで作り甲斐がありました。

中途半端に余った生地やクリーム、苺を使ってセルクルで小さなフレジエを作って自分達の味見用にしました。
e0228108_22071836.jpg
こちらは高さが足りずにジュレで覆えなかったので、代わりに苺とフランボワーズを載せました。

皆さんで美味しく召し上がっていただけたのではないかな〜と思います♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-29 06:57 | お菓子作り | Comments(4)

AOZEN 26/06/15

昨夜は私を含めて女性5名とコパンでアオゼンに食事に行きました。

週末はもう予約がとり難く、最初は満席で断られたのですが、キャンセルが出たら連絡をくれるように頼んでおいたら、まさかのキャンセルで無事に行く事ができてラッキーでした。

前菜は鯖と鯛のカルパッチョで、アヴォカドとコリアンダーのムース(キャビア添え)とレモンのソースです。
e0228108_00054478.jpg
ワインはジュラのシャルドネが合わせられました。レモンのように爽やかですっきりしたワインです。
見た目も味も鯖を食べた感覚はほとんどなかったので、どうやって調理したのだろうと思いましたが、確かに鯖と言ってました。。。

魚料理はタラ(cabillaud)のホワイトソースのムース仕立てにジロル茸、ジャガイモのピュレをまとめてソテーしたようなものとパルメザンチーズのスライスも添えてありました。
e0228108_00064240.jpg
このワインもシャルドネの白でしたが、産地はブルゴーニュのボーヌの近くで飲んだ感じも全く異なりました。飲み込む時に水を飲むように違和感なく体に溶け込むのが印象的でした。

メインはアキテーヌ産の牛フィレ肉です。茄子にモッツァレラチーズが載っていたり、バジルソースにイタリアの小さいオリーブやバスクの赤ピーマンなど、夏と南欧を意識したようなプレートだと思いました。こちらで牛肉をいただくのも私達は初めてでした。
e0228108_00074434.jpg
ワインは南仏のラングドックの方の赤ワインで、私はほとんど飲めないのに、このワインが美味しくて印象に残りました。

デザートは苺とリュバーブのジュレにサブレブルトン、ヴェルベンヌとシトロネルのアイスが添えてありました。
e0228108_00085224.jpg
最後まで飽きずに美味しく食べられるいい構成でしたが、可もなく不可もなくという感じもありました。けれど、これだけ通うとマンネリを感じないわけもないのかもしれません。

それに昨夜はどちらかというとお喋りに夢中であまり料理に意識がいってなかった気がします。。。日本からいらした方や、初対面の方もいらっしゃいましたが、そんなことは感じない様な楽しい時間が過ごせてそれが一番のご馳走だったと思います。

美味しい料理に楽しい会話‥…これにまさるいい時間はないものだと改めて感じました。(またいつかお会いしましょうね!)

[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-28 01:33 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)

肉と焼き菓子

そのまんまのタイトルですが、最近作って食べた肉料理と焼き菓子です。

これは先週作ったもので、子牛肉に野菜のココット煮、トマトとモッツァレラのサラダです。
e0228108_05290415.jpg
野菜のココット煮は確か少し前にも作りましたが、その時は空豆を一緒に火にかけて全体的に色がどんよりしたので、この時は空豆だけ別に火を通して薄皮を剥きました。この手間をかけるくらいならばグリンピースの方がよいのかもしれませんが、この日はグリンピースがなくて空豆があったのでしょう。。。
子牛肉は豚肉と似ているのでわざわざ高価な方にしなくてもいいのにと言ったらコパンに全然違う!と驚かれました。

そしてこちらはパンドジェンヌ。
e0228108_05265694.jpg
20センチの新しいマンケ形を空焼きしようと思ったのですが、どうせなら何か焼いてしまおう!と思ってパンドジェンヌを作りました。お試しなので焼き上がりはコニャックを塗っただけでナパージュは無しで食べました。しっかり泡立てたので美味しかったです。
卵3個に対してアーモンドパウダーを110gも使っているので相当な量だと思います。時々無性にアーモンドの風味を味わいたい!と思うので、そんな時に作ります。

これは牛肉のカルパッチョ。
e0228108_05251758.jpg
昨日くらいから暑くなりだしたので、そういう時はけっこう生肉をいただきます。冷たいからというより用意するのが楽だからともいえます。
添え物のポテトフライは小麦粉を振って二度揚げしたら美味しくできました。これもやはり手間を惜しんではいけないんだと思いました。

最後は現在食べているパウンドケーキです。
e0228108_05303021.jpg
ドライフルーツに胡桃、バニラ、トンカ、蜂蜜、オレンジピール等、いろんな風味が入っています。これは朝食の時の写真です。
我家ではパウンドケーキといったらフルーツケーキのことをいうくらい、コパンの大好物です。

以上、肉と焼き菓子のご紹介でした〜♪




[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-25 06:00 | お菓子作り | Comments(4)

ブルゴーニュのワイン

先日、ブルゴーニュのワインをいただきました。

ボーヌの赤ワインで2001年と少し古いので、すぐに飲んでもいいと思って、コパンと何を食べようか相談すると、ブルゴーニュはCôte d'OrのGivry ChambertinやNuit St. Georgesの濃いものでなければ割と軽めなので鶏肉と合わせようということになりました。
e0228108_03103230.jpg
その日は丁度マルシェでククーの鶏を1羽仕入れたところだったので、そのままやる気がみなぎって一日台所に立っていました。
e0228108_03092801.jpg
鶏肉を丸ごと茹でて、そのブイヨンでソースとピラフを作ります。”料理の会”でも何度か行いましたが、自分達も普通に時々作って食べます。
今回はブイヨンに使った人参をピュレにして料理に添えてみました。

それから、先日のガトーショコラで残ったサクランボのシロップ煮を使って小さなフォレノワールも作りました。普段よりさくらんぼが少ないですが、前日に作ったタルトレットで残ったフランボワーズも載せて何とか完成させました。
e0228108_03081480.jpg
1本のワインの存在が、こんなに私をやる気にさせるなんて素晴らしいなと思いました。ワインはもちろん美味しかったし、そのおかげで料理はより美味しかったし、デザートまできちんと作れて、普通の週末の食卓が一気に豪華になっていい事尽くしだと思いました。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-23 03:48 | 飲み物 | Comments(2)

木苺のタルトレット

土曜日のリスのマルシェでプルガステルの苺を買おうと列に並んだら‥…小さなパックで木苺も売られていたので、フランボワーズと合わせて買うことに急遽変更しました。木苺はある時に買わないとなかなか手に入らないし、手に入ったら入ったですぐに劣化するので、それを使って当日に出来るお菓子を作成することにしました。

ということで、木苺のタルトレットです♪
e0228108_04592694.jpg
サブレ・ブルトンの生地を土台にするので生地を休ませておく必要がないのがいい所です。リュバーブのジャムにカスタードクリームを絞って‥…生地が湿りやすいので、すぐに食べるのが信条のお菓子でもあります。
木苺はやっぱり味が濃くて香りがよくて美味しいなぁ〜と思いました。毎年一回でも食べられたら幸せです。

夜はパンがなかったので和食にしました。
e0228108_05020170.jpg
マルシェで鯖とイカを買っていたので、鯖は味噌煮にして、イカは胴体をリングフライ、足やエンペラをかき揚げに入れました。ご飯は空豆ご飯です。

野菜が少ないですが、かき揚げに玉葱、人参、マッシュルーム、グリーンアスパラにエストラゴンのハーブを入れました。
鯖は今回のは大きくて脂がのっていてとても美味しかったです。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-22 05:08 | お菓子作り | Comments(2)

Gâteau au chocolat☆Decoration

6歳になる可愛らしい女の子のお誕生会用にケーキをご依頼いただきました。

こちらでは子供のお誕生会にガトーショコラはマスト・アイテムといっても過言ではありません。リクエストはもちろんガトーショコラでしたが、パーティらしくデコレーションしたものということだったのでどうしようか色々考えました。

ネットで少し調べてみると、フランスではマジパンやアイシングでとてもポップでカラフルになっているものが多く、日本のものだとシャンティに赤や黄色の果物で飾るものがありましたが、どれもピンとこなかったので、自分が美味しくて綺麗だと思うようなものを作ることにしました。
e0228108_20264768.jpg
私のガトーショコラはそれだけで完成されている(と自分では思っている)ので、それに何かを加えて味を広げるとくどくなるし、全く新しいバランスを考えるには時間が足りなかったので、デコレーションの部分はあまり主張が過ぎないようにガナッシュはビターで甘みをおさえたり、サクランボのシロップ煮も長く漬け込まずにフレッシュな感じを出すことにしました。

とにかく色々考えて作ったのですが、大人の方はもちろん、子供達にも美味しいと感じていただけたらいいなと思います。
e0228108_20274279.jpg
中は生地を2枚に切ってサクランボのシロップを打ってジャムを塗り、サクランボを並べたので、ただの焼き菓子ではなくアントルメになったガトーショコラです。
このケーキがお誕生会に華を添えられるようだと嬉しいです。
e0228108_20240903.jpg
こちらは先日のタボー公園のバラです。"Joyeux anniversaire"(お誕生日おめでとう)という名前がついていました。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-21 05:57 | お菓子作り | Comments(5)

今年も美味しくいただきました!

この黄金色の物体を見てすぐにピン!とくる方は、よっぽどの私のブログ通か鹿児島にゆかりのある方ではないかと思います。
e0228108_04150261.jpg
今年も送っていただきました。鹿児島の”あくまき”です。
私とコパンはあくまきの大ファンなので、それらしき荷物が届いた時は思わず小躍りしそうなくらいでした♪
e0228108_04172250.jpg
前にいただいたものよりも小振りだったこともあるけれど、おやつに竹の皮を開いたら、そのまま2人で1本食べ切ってしまいました。(きな粉と蜜をかけてね)

味はないといえばないのですが、この灰汁で煮た風味がなんともいえずいいんですよね。100%無添加な感じが体に染み渡るような感じで。。。ちょっと大袈裟ですが、こういう日本の貴重な特産品をレンヌいただけるなんて本当に幸せだな〜と思いました。

それから今日も天気がとてもよかったので、夕方にタボー公園のバラを見に散歩に出掛けました。
e0228108_04185717.jpg
前に何かでフランスの10大フランス式庭園に選ばれていて「本当?」と思ったけれど、確かに綺麗な公園です。大好きなバラが咲き乱れて天国みたいに綺麗でした!!



[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-19 04:40 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)

夏野菜のグラタン

マルシェで夏野菜をたくさん仕入れていたので、思いっきり食べようとグラタンにしました。
(↓これは火にかける前)
e0228108_23260692.jpg
茄子にクルジェット、カラフルなトマトにピーマン、それにスーブルサードという半生のチョリソーを加えてオーブンで焼きました。
e0228108_23272577.jpg
焼き上がりはこんな感じです。

夕食は、これと一緒に子羊肉の薄切りを焼いて食べました。(人参のサラダもね♪)
e0228108_23290486.jpg
この薄切り肉は、お肉屋さんで確か”epigram”と書かれて並んでいました。見慣れない部位だったので「これは何か」と尋ねたら、三枚肉の部位の骨を外したんだそうです。
フライパンでさっと焼いたらとても美味しかったけれど、脂が多くて後で少々胃もたれがしました。でもこの脂身が甘くて美味しかったんですけどね〜
値段も安めだったし、バーベキューなんかで網焼きしたらよさそうだと思いました。

翌日のお昼は残ったグラタンと一緒にスーブルサードの目玉焼きを食べたらこれも美味しかったけれど、最近少し食べ過ぎなので片目焼きにすればよかったかな〜と思いました。
e0228108_23302398.jpg
でも、野菜が一杯食べられてよかったです!



[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-18 03:48 | 料理 | Comments(2)

Pigeonneau

Pigeon(ピジョン/鳩)は食べるのも調理するのも初めてではないけれど、確実に美味しいレストランで食べるのではなければあまり美味しいと思ったことはありませんでした。けれど、ククーのルノーさんの店のものならば美味しいのではないかと思って週末のマルシェで購入してみました。

Pigenneau(ピジョノ/小鳩)です。
お店のムッシューにどうやって食べるのかと尋ねたらココットで30分蒸し煮にするということでしたが、それだと火が通り過ぎると思ったので、表面に焼きを付けてから15分火にかけました。
e0228108_00094739.jpg
これが美味しかったのなんのって。。。鶉のマイルドさと鴨の存在感のいいところ取りという感じでした。

2羽購入したつもりが普通は1羽で2人分なのか、2人分と伝えたら1羽しか袋に入っていませんでしたが、できればひとりで丸々1羽食べたかったくらいです。やっぱりルノーさんとこのものは違うな。。。と思いました。
e0228108_00131183.jpg
添え物は黄色のネクタリンとアーティショーと空豆です。ネクタリンの赤と空豆の緑が鮮やかで綺麗に仕上がりました。

翌日、残ったネクタリンを蜂蜜で煮て、クラフティの生地に入れて焼きました。
e0228108_00082806.jpg
久し振りに作りましたが、一番簡単で美味しいお菓子です♪
写真は焼き立ての膨らんだところで、このあとすぐにしぼみますが、美味しいです。




[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-17 02:35 | 料理 | Comments(2)