<   2015年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

料理とお菓子の会”Acquea pazza”(2015-16)

今日は”料理とお菓子の会”でした♪
e0228108_05321637.jpg
週末だったこともあって普段とは趣向が異なり、お客様と一緒に料理を作り終えたところに、そのご主人とお子さんがご試食にいらっしゃるという形をとりました。小さなお子さんが食事中どんな風に過ごされるか(退屈しないか、悪戯や怪我などしないか。。。)が焦点となりましたが、特に問題なくみんなで楽しく食事ができました。

リクエストはおもてなしに使える魚料理ということで、イタリア料理のアクアパッツァにしました。
e0228108_05335745.jpg
大人4名だったので、ドラド・ロワイヤル(鯛)を2匹ご用意しました。トマトにあさり、ムール貝も加えました。

それからキッシュも作って前菜にしましたが、お子さんがいらしたので、前菜、メインの区別なく全てテーブルに載せました。ワインはロワールの白です。

デザートはメインのイタリアンに合わせてパンナコッタにしました。苺を添えて。
e0228108_05305863.jpg
小さなお子さんがいらっしゃると、レストランでゆっくり食事するのは難しいですが、ここならば半分親戚の家のようで半分レストラン的にのんびり食事ができるのでたまにはいいのではないかと思いました。

今週は”料理とお菓子の会”が3回もあったので、どうなることかと思いましたが、三者三様で私も楽しみながら行なうことができました。ひと段落、一安心で今夜はぐっすり眠れそうです♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-30 06:57 | 料理とお菓子の会 | Comments(2)

料理とお菓子の会”Bar en croûte de sel”(2015-15)

今日は”料理とお菓子の会”でした♪
e0228108_06371726.jpg
リクエストは鱸の塩竈焼き。
e0228108_06352271.jpg
添え物はバスク風温野菜にしました。チョリソーとエスプレットのスパイスがポイントです。
e0228108_06334207.jpg
それから、前回ご参加の時に、ブリゼ生地の成形と焼成はしたものの、生地自体の作り方はお教えできなかったので、今回はそこからスタートしました。
そして前回は私がデモをして生地の成形をしましたが、今回はお客様に実際に生地を扱ってもらいました。

それが本日のデザート、赤ワインのナパージュをかけた林檎のタルトです。
e0228108_06315019.jpg
この成形や林檎の並べ方など全てやっていただいのですが、とても丁寧で綺麗な仕上がりだったので驚きました。

今日はマンツーマンでしたが、一日中雨で暇を持て余していたコパンがずっと台所にいて、横から口を出していました。(片手にワイングラスを持ちながら‥…)

そのままご試食となって3人でワイワイ食卓を囲みました。こんな料理教室はあまりないと思いますが、意外とコパンの存在がマスコット的になっていると感じているのは私だけでしょうか。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-28 06:49 | 料理とお菓子の会 | Comments(4)

Les Rigolettes nantaises d'été

先週のナントの話に戻ります。
リゴレット・ナンテーズのお店にも寄っていました。小さな店構えで通り過ぎそうになりましたが、店内もとても小さくて、昔風の可愛らしい店でした。

飴以外にもチョコやギモーブ、パット・ドゥ・フリュイ、その他、駄菓子っぽいものまでたくさんありましたが、リゴレット・ナンテーズもトラディショナルなもの以外に夏用の緑の缶と、秋冬の茶色の缶がありました。
e0228108_03492151.jpg
今回は夏用の400g入りの缶と、トラディショナルの350gの袋入りを購入しました。
夏用は、苺と杏、グレープフルーツにグロゼイユ、それに桃味の5種類ですが、苺味がなんと!プルガステルの苺だというので驚きました。早速食べてみると、いつも食べている苺の味がしました。
e0228108_03511931.jpg
茶色の缶はプラリネのチョコ味と塩バターキャラメル味の2種類です。
e0228108_04114858.jpg
他にもランゴという、三角形の飴もありますが、私は中がジュレになっているリゴレット・ナンテーズのファンなので、迷わずそちらを選びました。

このリゴレット・ナンテーズ、子供達が好きなんですよね〜♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-26 04:22 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)

料理とお菓子の会”Tarte aux fraises”(2015-14)

今日は”料理とお菓子の会”でした。
e0228108_01421942.jpg
お客様は夏休み中の11歳の女の子。去年と一昨年はお母様と共にご参加でしたが、今回は彼女ひとり。。。私自身、何歳くらいになるとどのくらいのことができるのかよく分っていませんでしたが、お母様と相談しながら、娘さんの希望をふまえつつ、今回は苺のタルトを作ることにしました。

なので、あまり色々なことは詰め込まず、苺のタルトならばそれをしっかり作ろうと思って、タルト生地は用意しましたが、生地の伸ばしや型入れ、アーモンドクリ―ムやカスタードクリームもきちんと一緒に作りました。(↓写真はリュバーブのジャムを塗っているところです)
e0228108_01382523.jpg
一番心配だったのは生地の型入れでしたが、実際行なってみると少しも問題なく綺麗に敷き込めて、残り生地でクッキーが焼けるくらいスムーズに作業も運び、最後は片付けまで手伝ってもらいました!
e0228108_01403492.jpg
手前は私が作ったタルトですが、奥の方もほとんど遜色なく美味しそうに完成しました。

丁度出来上がった頃にお母様と弟さん達がいらして、みんなでご試食タイムとなりました。
それからがもう本当に賑やかで、お腹が満たされると今度はみんなでトランプをして遊びました♪

こうやってご家族で”料理とお菓子の会”を楽しんでいただけたら、こんなに嬉しいことはありません。。。





[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-25 04:57 | 料理とお菓子の会 | Comments(4)

Les Machines de l'île 2

Les Machines de l'îleのギャラリーもなかなか興味深かったです。
夏休みなので様々なマシンの説明や操作をしてもらえて、なんだかんだほとんどのマシンの説明を聞くことができました。

子供達が操作をしたがって前にやってきて、ガイドの人が「乗りたい人?」と尋ねると、みんな思いっきり手を挙げてアピールしている姿がとても可愛らしかったです。

こちらはサギのマシン。
e0228108_04011810.jpg
上の人はスタッフですが、下の籠に乗っているのはお客さんです。みんなの頭上を美しく飛翔してくれました。

これは現在製作中の空中庭園の模型です。2019年頃に完成の予定で、実物はこの8〜10倍の大きさになるそうです。
e0228108_03593687.jpg
現在、どんな植物をどのように植えるかなど研究しているということです。
このトップにもサギが2羽いますが、こちらではサギは日本の鶴のように美しい鳥として親しまれているようです。

そしてこちらは芋虫のマシン。女の子が手元のレバーを押したり引いたり操作して前後に進んでいました。
e0228108_03581894.jpg
そうこうしているうちに後ろから昆虫が現れたりして、ギャラリー内はとっても賑やかでした。
e0228108_03570111.jpg
これらマシンの動物や昆虫は、見た目以上にその動きが本物らしくてとても感心しました。
何かを模倣する時、その元となる対象をよく観察することから始まりますが、普通に生活しているとなかなかそこまで観察せずに惰性で色々なものを眺めているものだな。。。と思いました。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-23 05:33 | 旅行/散策 | Comments(2)

Les Machines de l'île

今日明日また夏日の予報だったので、最後の夏を楽しもうとナントの”Les Machines de l'île"に遊びに行ってきました。

そこは古い造船所の跡地で、マシンのギャラリーがあったり、大きなマシンの象が歩き回るというのです。

e0228108_04451790.jpg
そうしたら本当にいましたよ。向うから大きな象がやってきます。
e0228108_04434293.jpg
鼻先からすごい勢いであちこちに水を噴射するので、けっこうびしょ濡れになりましたが、暑い日だったので気持よかったです。



たまたまなんですが、8月14〜23日の10日間は中国のLong-ma(龍馬)というドラゴンのマシンが見られるので、こっちでは象、あっちではドラゴンが所狭しと歩き回っている光景は壮観でした。
e0228108_04473371.jpg
こちらが龍馬君。
e0228108_04463247.jpg
よく見ると、象もドラゴンも外側は木製で、それがマシンの持つ無機質なイメージを随分和らげていた感じがします。

機械というのはどんどん未来に向かっていく印象があるけれど、機械だけではまだ成り立たないし、これらの機械だって人間が造っていて、そこに夢や情熱も存在すれば、商業的利益も追求しなければならない。。。そんなことをちょこっと考えた炎天下でした。

自分達には子供っぽすぎるのではないかと思いながら出掛けてみましたが、行ってみれば案の定、楽しんできました。他にもギャラリーや回転木馬など見所があったので、もう一回続きます。






[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-22 06:11 | 旅行/散策 | Comments(3)

カジノ試作

もう少しレパートリーを増やしたいと思って、夏の時間のある間にカジノというお菓子を試作することにしました。

フランス古典菓子のひとつで、渦巻き模様がカジノのルーレットにみえることからついた名前だそうです。
けれど、私はフランスでこのお菓子を見た事がありません。。。と思っていたら、あった!あった!パリの西郊外に住んでいた時に、お菓子作りの好きな友人が作ってくれたのです。でも、その時は特に説明も聞かなかったので、可愛らしくて美味しいお菓子だとは思ったけれど、それがカジノだとは知らずにもぐもぐ食べていました。

時は流れて‥…ネットで何度か目にして印象に残っていたカジノをこの夏の課題に据えたところ、その時になってやっと「私はこれを食べたことがある!」と気付いたわけなんです。
e0228108_04003880.jpg
けれど、いざ作るにしてもレシピがない。。。この渦巻き生地はビスキュイとジェノワーズのどちらがいいのか、薄く巻くためには鉄板に対してどのくらいの生地量が適当か、セルクルの大きさは、高さはどれが合うのか。。。

とりあえず一回作ってみることにして、その時はビスキュイ生地でカシスのジャムを巻きましたが、今回はジェノワーズにしてフランボワーズのジャムを巻いてみました。

一回目よりもほんの少し良くなったので、ブログに載せてしまいます♪
e0228108_04022178.jpg
グラサージュを中途半端に赤くしたので中途半端な色になってしまいましたが、これはもっと赤くするべきか、透明すべきかまだ悩んでいます。赤い方が粗が隠せていいのかもしれません。
それと、中にフランボワーズのジュレを入れたら美味しいだろうと思いますが、今回も成功する自信はなかっったので、ただのバニラのバヴァロアです。

多分、次回はもっと綺麗に美味しく進化することでしょう。(そうなるように頑張ります。。。)



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-21 05:09 | お菓子作り | Comments(6)

紫のトウモロコシ

今日のサンテレーズのマルシェでまたトウモロコシを買いました。
中身を取り出したら紫のまだらなのや、ほとんど紫になっているものもあって、最初はハズレだと思っていましたが、眺めているうちに「綺麗だな〜」と感じて、もしかしたらそういうトウモロコシがあるのではないかとネットで少し調べてみました。
e0228108_04151723.jpg
そうしたらペルーなどではもっと濃い、黒に近いようなトウモロコシがあるそうです。日本でも”モチトウモロコシ”と呼ばれて、モチっとした食感だとか。。。
そういえば前に食べた時にモチモチしていると感じたのです!よくあるスイートコーンは甘く品種改良されているので、それよりは甘みが少ないですが、本来のトウモロコシはこんな風だったともありました。栄養価も高いのだそうです。

ハズレどころかアタリ!の紫トウモロコシだと思いました。今回はそれでコーンスープを作りました♪
e0228108_04165885.jpg
玉葱やポアロー葱と一緒にバターソテーして煮込んでからミキサーにかけて漉したら、少々さらりとし過ぎていたので、手をかけ過ぎない方がいいと思いました。

そしてトウモロコシと一緒に写したトップの写真のトマト、あまり馴染みのない店でしたが、お店の人が「触らないで!私が選ぶから!」ととても煩く、説明もやたら詳しくて、おまけに値段も高かったので渋々支払ったのですが、食べてみたら物凄く甘くて美味しくてびっくりしました。
これだけ美味しかったら、おじさんが煩いのも、値段が少々高いのも納得だと思いました。。。

ラストは牛肉のステーキ。。。ではなくて、その時に飲んだワインです。
e0228108_04180220.jpg
昨日はゴルフに行ったので、夜は簡単でボリュームのあるステーキにしたのですが、コパンがカーブから見つけてきたスペインのRIOJA(リオハ)の2004年の赤ワインがなかなか美味しかったです。
リオハはスペインでも高級なワインだし、年も10年以上前のものなので、けっこう高価だったのかもしれないね〜と他人事のように言っていました。驚いたのが、年が古い割に澱が全くないことでした。。。

8月はゴルフ場のプロモーションを大活用して私は3回プレイしました。3回やって分ったことは、スコアは上がらなくとも、3回目となると体が疲れなくなったことです。今月はレンヌにいて退屈したらどこかに出掛けようと思っていましたが、この週一のゴルフがとてもいい気分転換になって、心も体もリフレッシュできてよかったです。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-20 05:35 | マルシェ/食材 | Comments(2)

鶏のサンドイッチ

金曜日の臨時マルシェで鶏を1羽購入していました。ククーのお店は休みだったので別のお店のものです。

丸ごとココットで蒸し煮にして、コパンと私の両方とも脚の部位をマカロニグラタンと一緒にいただきました。
e0228108_03322882.jpg
残った胸肉をどうしようかと考えて‥…久々に食パンを焼いてサンドイッチにすることにしました。
e0228108_03334194.jpg
まず、バターを塗って、サラダ菜を置き、その上にゆで卵を混ぜた手作りマヨネーズに鶏の胸肉、コンテチーズにキュウリを挟みました。
e0228108_03360984.jpg
これだけでは寂しいので、じゃがいもとポアロー葱のスープも作りました。
e0228108_03375797.jpg
バゲットが美味しい国にいるのに、時々無性に柔らかいサンドイッチも食べたくなるので、今日はとても満足です♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-18 03:40 | 料理 | Comments(2)

お客様♪

祝日の今日はリスのマルシェもお休みで、代わりに金曜日に開かれていたので買い出しに行きましたが、休みの店が多かったです。

そんな昼間は日本からレンヌに遊びにいらした友人ご家族を食事にお誘いしていました。
e0228108_00091447.jpg
アペリティフはシードルとおつまみを軽くつまんで‥…
e0228108_00103502.jpg
メインは鱸の塩竈焼きです。大人4人に子供ひとりだったので、2尾を用意しました。添え物にはラタトゥイユにしました。

それからチーズのプレートを間に挟んでデザートはミルフォイユです。
e0228108_00135552.jpg
久々にパイ生地を折りましたが、時間さえあれば楽しい作業だなと思いました♪
e0228108_00285847.jpg
中はこんな風で、パイ生地の上にリュバーブのジャムを塗ってカスタードクリーム、苺、カスタードクリームとかなり高い層になっています。

ワインは先月訪れたコット・デュ・ローヌの白と、チーズに合わせて赤もお出ししました。

少年は、大人に混ざってさぞ退屈だったろうと思いますが、最後まできちんと椅子に座って、それから、特に鱸とチーズがお気に召したようでした。。。大きくなったねぇ。。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-16 00:34 | おもてなし | Comments(2)