<   2016年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

料理とお菓子の会"Bouillabaisse"(2016-7)

今日は”料理とワインの会”でした♪

リクエストはブイヤベース。マルセイユが本場ですが、ブルターニュも魚介類が豊富なのでよく話題に挙がります。けれど、海が違えば魚も変わるので、マルセイユと同じにように作るのはなかなか難しい…それにお寿司みたいに色々な魚を集めるのも家庭では大変かと思うので、以前、ブルターニュの友人に教わった簡易の田舎風ブイヤベースに私なりのアレンジを加えてご提案してみました。
e0228108_01581051.jpg
アサリがたくさん見えますが、今回は中にメルランとルジェの2種類の白身魚も入っています。今朝のマルシェで見つけた素材なので、その時期や季節によっても変わるでしょう。。。
e0228108_01593476.jpg
ポイントはブイヤベースなので、ただの魚の白ワイン煮込みで終わらないことです。全く見えませんが、薄切りバゲットを焼いて簡易のクルトンにしたものに手作りマヨネーズ、その上にチーズを振りかけてから魚介のスープをたっぷりかけていただきます。本場マルセイユのように魚のアラできちんと出汁をとったりはしないのでスープはとても軽いですが、日本の人には逆に食べやすい料理になっていると思います。

そしてデザートには満を持してサヴァランをお出ししました!
e0228108_01570057.jpg
料理とワインがメインの会なので、デザートはいらないと言われたこともありましたが、それにはひるまずに私はデザートを用意してきました。最近では少し楽しみにしてくださる雰囲気もあって、今回はサヴァランというアルコール好きには絶対に喜ばれるお菓子をこの日のために(大袈裟!?)特訓してきました。その甲斐あって、お二人共お代わりをしてくれました♪そしてコパンと3人で嬉しそうにラム酒を注いでいました。ケーキが美味しいのかラム酒が嬉しいのか、多分、その両方だと思いますが、とりあえず、みんながみんな美味しくて嬉しくていい気分で楽しい会となったので今回も申し分ないです。




[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-29 02:31 | 料理とお菓子の会

”あくまき”と絞り出しの急須

レンヌで知り合った鹿児島出身の友人から今年もあくまきを送っていただきました。彼女とは2月の日本でももちろんお会いしましたが、その時は「またあくまきを送ってください」とは図々しくてとても言えませんでした。。。
e0228108_23540651.jpg
けれど、私とコパンがどんなに待ちわびていたかご存知の優しい方なので、今年も鹿児島の知覧茶と共にプレゼントしてくださいました。本当に嬉しい!!!だって、あくまきは少しわらび餅に似ているけれど、あの独特の風味は他には存在しないだろうと思うからです。竹の皮の包みを開けた瞬間、ふんわりと香りました。

このために黒蜜ときな粉を用意するのが本当に嬉しいんです。たっぷりかけていただきました♪
e0228108_23564722.jpg
それから、右手にある(薄いピンクとベージュの)急須が京都で購入した絞り出しの急須です。口の所に線が刻まれていて、そこからお茶を注ぎます。蓋の位置をほんの少しずらすことで茶葉が落ちないようになっています。深蒸しよりもあさ蒸しの茶葉の方が入れやすいです。これは清水焼きではなくて宇治で見つけた朝日焼きのものでした。湯のみも同じで、ちょっと小さくて上品すぎるかとも思いましたが、抹茶と同じで煎茶も丁寧に飲んでみようと思って購入しました。とても気に入っています。

それから奥の赤い器のかき餅は、餅から手作りしてみました。まだ乾燥時間が足りなかったようで、揚げていたら油がパンパンはねました。こちらはもうしばらく試作する必要がありそうです。
e0228108_23591189.jpg
今日のお茶はあくまきのおかげで極上の時間が過ごせました。(どうもありがとうございました!)


[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-27 00:36 | 美味しいお店/レストラン

オマール海老とちょっと変わったラタトゥイユ

土曜のマルシェで売られていたオマール海老。レンヌに戻ってからずーっと食べたいと思って値段のチェックをしていました。キロあたり30ユーロを越えていたら買わないことにしていましたが、一カ所だけ30を切っている店があったので、通り過ぎようとしてまた戻りました。
e0228108_03361148.jpg
土曜日は友人宅で食事だったので、日曜日まで保つか確認して1尾購入しました。けれど、あとで上の写真を見てみたら、épatte(エパテ/ハサミのとれた)と表示してあるじゃないですか!店の人と卵のない方がいいなどとやり取りしていたら、ハサミのことなど全く気にかけなかったのでハサミ無しを買ってしまったのだと思いました。けれど、実物を見たらしっかり両方にハサミがついていたので、今度は値段がいくらだったのかしらと思いましたが、多分、同じ値段だった気がします。

日曜の晩はオマール海老を茹でて、ラタトゥイユと一緒に食べました。
e0228108_03324870.jpg
このラタトゥイユがちょっと変わっています。フリーペーパーに載っていたJean-Françous Piègeのレシピで、最後にトマトジュースに生卵を入れて溶いたものを野菜の煮込みに加えるのです。見た目はあまり分かりませんが、味が少しマイルドになっていました。違いの分かる人(コパン)は大層気に入っていましたが、オマール海老をほんの少し(2分程)多めに茹でていたことにも気づかれて指摘を受けました。やれやれ。。。
e0228108_03385651.jpg
土曜日はイワシも買って、久しぶりに南蛮漬けも作りました♪

[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-26 04:02 | 料理

誕生日を祝っていただく♪

土曜の晩は友人宅に招かれて食事をご馳走になりました。

日本人のご夫妻ですが、アペリティフから前菜、メイン…デザートと完璧なフランス式のコースでご馳走が準備されていました。

デザートの時に室内の照明が消されて、ろうそくを灯した苺のシャルロットが供された時は、先週の私の誕生日を祝ってくださったのだと気づいてびっくりしました!自分がろうそくを吹き消すなんて!しかも手作りで用意していただいたケーキなんて!!もうそういう年齢でもないと思っていましたが、とても嬉しい気持ちになりました。
e0228108_22534208.jpg
奥様は私の生徒さんでもあって、今回初めてご主人とコパンと4人揃っての食事の機会を作ってくださいました。私達を呼ぶのは”恐れ多い”とずっとためらっていらしたそうですが、そんなことを言って、白アスパラの前菜や、うさぎの煮込み料理、そして大きな苺のシャルロットなど、素晴らしい数々を全てご自分で用意されていたのですよ!”料理とお菓子の会”で行った料理やお菓子もあって、それがそのまま再現されていただだけでなく、ご自分なりのアレンジも効かせてあって、フランス生活での様々な経験や印象をたくさん吸収されているのだなと思いました。

どうかと思って写真は撮りませんでしたが、美味しいだけでなく、とても綺麗に盛り付けもされていたのですよ。それから旦那様の選んでくださったグラン・クリュのサンテミリオンのワインがとてもとても美味しくて、飲めない私も普段以上に飲んでしまいました。コパンも非常に気に入っていました♪

そしてこれは、私達が持参したものではなく、持ち帰ったブーケなんです。
e0228108_21331163.jpg
招かれて伺って、そんなことがあるでしょうか?誕生日のプレゼントにこんなに素敵なブーケまで頂いてしまいました。

生徒さんにこんな素晴らしいおもてなしをしていただいたら、もっともっと私も頑張らないと!と思った素敵な晩でした。。。









[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-25 03:31 | おもてなし

シュークリームとサヴァラン

クラフティに続く素朴なお菓子としてシュークリームも作りました。
e0228108_03231904.jpg
普段よりも大きめにして、げんこつより少し小さいサイズに卵黄たっぷりのカスタードクリームを目一杯詰めました。出来立てのシューはバターがほんのり香って、生地もしっかりして本当に美味しいけれど、クリームがしみてきたシューもそれはそれで美味しい。要するに…とにかく美味しいんですね。近いうちにまた作ろうと思いました♪

それから今日はシェソアのレッスンの復習でサヴァランを作りました。(シュークリームもシェソアのレシピですけど)
今回で4回目。3回目で自分としては納得がいきましたが、次に作る時に気をつけようと思った幾つかの点を意識して作りました。
e0228108_03255434.jpg
そうしたら、最後の生地にシロップを含ませるのにとても吸収がよくて、これはもしかしたら?と思った通りに前回よりきめが細かく出来上がりました。断面を見ただけではあまり分かりませんが。。。
e0228108_03273950.jpg
このレシピのいいところは、塩やバターといった発酵を鈍らせる素材を加えるタイミングがとても考えられているところだと思います。イーストの発酵を最大限に生かせるので、理解すれば失敗は少なくなるでしょう。必死な時はそこまで理解する余裕もなかったけれど、改めていいレシピだなと思いました。

サヴァランはまた少し前に進めたので、とても嬉しいです♪



[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-23 04:00 | お菓子作り

ご馳走続き

今週は”料理とお菓子の会”で食した鴨から始まってご馳走が続いています。

こちらは昨日のサングレゴアールのマルシェで購入したドラド・ロワイヤル(鯛)。820gもありますが、店頭で一番小さなものを選んでいました。家に持ち帰えると大きくて二人では食べきれないかと思いましたが、美味しくて綺麗に食べきってしまいました。
e0228108_03205377.jpg
まぁ、おかずがほとんどないからかもしれませんが、あとはグリンピースご飯でもう幸せな食卓でした。

こちらも同じマルシェで仕入れた小羊肉と白アスパラ。前菜は別にあったので、白アスパラは添え物にソテーしようと思っていましたが、コパンが絶対にマヨネーズがいいと引かなかったのでそうしました。
e0228108_03224972.jpg
お肉の店は木曜日のジャンヌダルクのマルシェにも出ていましたが、これまで素通りしていました。試しに買ってみると、非常に美味しい!!!おまけに値段も良心的な気がしたので、これからはもっと買い物しようと思いました。

ラストは先週の日曜日の夕食です。前日の蟹が一杯残ったので、蟹ご飯にしました。
e0228108_03235475.jpg
身を丁寧に取り出して、白米をだし汁と蟹みそと一緒に炊き、身は生姜とネギと軽く炒めてお酒を少々ふったものを食べる時に合わせました。
これが物凄く甘くて感動しました。蟹二杯分で作ったら更に天国のようだろうと思いました。

今週は私の誕生日ウィークだからご馳走なのかというと、そういうわけではありません。当日は豚肉の生姜焼きに納豆という渋い夕食でした。多分、初めてのマルシェに興奮したのだと思います。(なんて単純!)何れにしても美味しかったので良しとしましょう!



[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-22 03:51 | 料理

Marché de St. Grégoire

レンヌの北に位置するサン・グレゴアールのマルシェが水曜日に開かれるので、どんな感じかちょっと出かけてきました。

バス停のある広場で、横に駐車場もあって便利そう。サンテレーズのマルシェほど大きくはないですが、こじんまりとして好感が持てました。知っているお店もあれば、知らないお店もあって、魚屋さんも2、3軒あるので、普通に使えそうです。少し遅かったので人はもうまばらでした。。。
e0228108_03332010.jpg
チンゲンサイもありました。サンテレーズのマルシェは大きいけれど、少し遠くて車を停める場所がないことも多いので、どうしても魚!という日でなければこちらに来てもいいかなと思いました。
e0228108_03361272.jpg
今度は西側のセッソンのマルシェにも行ってみようと思います♪


それから昨日はとても天気が良かったので、急に思い立ってゴルフに出かけてきました。コパンともう一人、マルセルという今年80歳になるムッシューと一緒に回りましたが、そのマルセルがとても元気で、素敵なおじさまだったので、気持ちの良い楽しい時間が過ごせました。あんな風に年を重ねられたら素敵だろうな〜と思ったのと、女性に対してジェントルマンであろうとするその態度がまさにフランス人という感じで、つくづく感心しました。

マルセルとその仲間達はクラブハウスでプレイ後の一杯を楽しむわけではなくて、すぐ隣村にあるバーに通っています。コパンもよくそこへ行く話を聞いていましたが、今回は私も初めて行ってきました。
そうしたら、思っていたよりもずっと雰囲気の良い店で、料理も美味しいんだそうです。料理の方は訝しいと思っていましたが、昨日はランチの残りだったのか、シンプルなオレンジのバターケーキを小さく切って食べさせてくれました。それがなんとも言えずに素朴で美味しかったので、ここの料理が美味しいというのはあながち嘘ではないかもしれないと思いました。近いうちにコパンが一度視察に行って食べてくる予定になっています。
e0228108_03413851.jpg
そんなこんなで、昨日のバーでいただいた素朴な焼き菓子がとても美味しかったので、私もそういうお菓子を作りたくなって久々にリンゴのクラフティを焼きました。
e0228108_03443258.jpg
これ以上簡単で美味しいお菓子はないというくらいで、味わいもとても優しいです。これはパリで通っていたクロードとヴェロニックのビストロのスペシャリテのデザートで、毎日食べても飽きない美味しさでした。凝ったアントルメももちろんいいけれど、こういう素朴なお菓子も忘れたくないなと思いました。

そして昨日は私の誕生日だったので、誕生日ゴルフを楽しんだわけですが、こちらでは誕生日の人がご馳走するものなので、マルセルとコパンの飲み物代を私がご馳走しました♪人にお祝いしてもらうよりずっと気持ちの良い誕生日になったなと思いました。



[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-21 04:29 | マルシェ/食材

料理とお菓子の会"Canard à l'orange"(2016-6)

ヴァカンス明けの今日は”料理とお菓子の会”でした♪

リクエストは鴨だったので、丸ごと一羽を用意しました。5人分で2、2キロ。かなりの大きさです。
e0228108_05171384.jpg
オーブンに1時間程入れて〜美味しそうに焼き上がりました。
e0228108_04374474.jpg
合間にデザートのタルトも作りました。シェソアで教わったパリズィというパリ発のガトーヴォワイヤージュ(日持ちする持ち運びできるお菓子)が美味しかったので、早速お菓子の会でご紹介させていただきました。レンヌで一度復習しましたが、今日はレシピ通りココアのタルト生地で作ったら、思った以上に生地の扱いに苦戦しました。
e0228108_04352597.jpg
これはココア生地にチョコとオレンジピールを載せてプログレというダコワースに近い生地を絞って焼きます。ワンボールで出来るお菓子よりは手がかかりますが、その分味に広がりと奥行きがあって、おまけに日持ちや持ち運びにいいお菓子なのでどこかできっと役に立つと思います。今日はデザートでお出ししたのでローズマリー風味のアイスを添えました。

まず、ルノーさんの鴨がとても美味しくて癖が全くない上に、オレンジソースがなんともいえず上品にマッチしていてとても食べやすかったです。
e0228108_04363464.jpg
オレンジソースの果肉が煮崩れるというハプニングもありましたが、味は変わらないので美味しくいただきました。

今日は作業が多く、時間配分も難しく、小さな可愛い赤ちゃんもいて、てんやわんやのところはありましたが、少しくらい見た目が悪くなっても私はなるべくお客様に実際に触っていただきたいと思っているので、細かいことはあまり気にしないで進めています。ただ、今日は鴨の焼き加減が重要だったので、そこだけは慎重に行いました。

ここで食べて「美味しかった!」で終わるのでも全く構いませんが、その喜びをご家族と共有されたらもっと素晴らしいと思います。しかも、フランス、レンヌだから手に入る食材も多いので、”料理とお菓子の会”がそんな始めの一歩となるように、レストランとはまた違った場所を提供できればと思っています。




[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-19 06:17 | 料理とお菓子の会

誕生ケーキと夕食

ご主人のお誕生会用にケーキをご依頼頂きました。そのために昨日は常設のマルシェに同行してご馳走を買い揃えるお手伝いもしました。そんな風にお祝いされて幸せな旦那様だな〜と思いました。
e0228108_07253963.jpg
ケーキの方は”枯葉”というチョコとマロン味で、今の季節らしくはありませんが、まだ召し上がったことのないものなど色々相談してこのケーキになりました。私の方も、去年仕込んだ栗のシロップ煮がなければ作れませんでしたが、まだ残っていたので。。。
このケーキが今夜のお誕生会に華を添えられるようだと嬉しいです。

そして我が家の本日の夕食です。寝坊してマルシェにはとても遅くに行きました。めぼしいものがなかったので、海産物のエリアでは蟹を買いました。ムセットの蟹はまだだけれど、アレニエはシーズンだからと勧められました。メスの重いものを選んでもらいましたよ。
e0228108_07275792.jpg
それから白アスパラガスに、ビュロという巻貝。サザエに少し似ていますが、サザエよりもずっと食べやすくて私は好きです。
e0228108_07314215.jpg
水で洗ってから粒胡椒、鷹の爪、ローリエの葉、粗塩小さじ2杯程度を加えた水で沸騰してから10〜15分程度茹でて、火を止めてからしばらくそのままで味を馴染ませてからいただきました。醤油を少したらすと和風になります。
この貝はマルシェから戻ってすぐに処理するように言われました。簡単でおつまみに最高です♪



[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-17 07:54 | お菓子作り

Coucouの鶏

ククーの鶏を一羽買ったので、玉ねぎや人参、じゃがいもと一緒にココットで蒸し焼きにしました。
じゃがいもはノアムチエの新じゃがです♪
e0228108_22201814.jpg
脚とフィレ肉が二切れずつ取れるので、二日続けて同じものを食べました。二日続くと飽きるのはは否めませんが、美味しい肉は味付けがシンプルでも美味しくいただけるのは肯定できます。今回もキノコと胡桃入りの塩にハーブと白ワインを少々加えただけです。
e0228108_22152021.jpg
それと、肉を外した殻と手羽の部分が残ったので、殻は再度香味野菜と茹でてブイヨンをとり、手羽は肉を外して千切りにしてお昼ににゅうめんにしていただきました。
殻は既に一度火が通っているのであまり濃い出汁は出ないけれど、にゅうめんのスープくらいだったら丁度いい薄さで、味付けも塩のみです。
e0228108_22172805.jpg
鶏肉屋さんで脚やフィレ肉だけでも売っているけれど、脚二本と一羽分で大して変わらない値段になるのでとても経済的です。おまけに美味しいスープまでとれるのですから、一石二鳥どころか三鳥になります。残りのブイヨンには野菜を入れてスープにして夜にいただく予定です♪


そ・れ・か・ら、ずっと抹茶を点てていませんでしたが、今日久しぶりに色々注意して再挑戦してみました。
e0228108_22212467.jpg
泡立てるには茶筅を少し浮かせて前後に動かすのがポイントのようですね。今回は成功したと思います。もう私には無理だ。。。と諦めかけていましたが、意外にもあっさり出来たのでとても嬉しいです♪



[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-15 03:33 | 料理