<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Marché Bio

今日の午後はLe mail François Mitterrand通りのビオのマルシェに出掛けてきました。15時〜20時の夕方に開かれるマルシェです。2年前から始まっていましたが、私は初めて行きました。
理由は、あまり時間が合わなかったのと、特にビオだから買うという感覚がなかったからです。美味しいお店がビオだったらもちろん買いますが、ビオだからという理由で買い物はしません。だからビオコープにもほとんど行きません。だいたい、普通のスーパーでも食材はほとんど買わないので、私から見ればビオのスーパーもそう変わらないのです。

けれど、百聞は一見に如かず。。。行ってみました!
e0228108_05465429.jpg
小さなマルシェでお店は20件くらい出るそうですが、今日は15、6件くらいでした。

お肉屋さんも一件あって、Côte d'Armor(隣の県)のお店です。牛も豚も仔羊もみんな地元産。何がビオなのかと尋ねたら、食べている餌だと言っていました。この辺りでも豚はほとんど小屋の中で飼育されていて、牛や羊のようにドライブ中に目にすることはないのですが、ここの豚は放し飼いで育てていると言っていました。そういうこともビオの基準なんでしょうね。リスのマルシェにも(ガレット屋さんの方から)ホールに入って左手に店を出しているそうです。
e0228108_05442582.jpg
試しにジャンボンアロス(骨つきハム)を切ってもらって書いました。後ろにしっかり緑のビオマークがあります。

あとは八百屋に、チーズ屋、パン屋にガレット屋が並び、魚屋はない代わりに牡蠣屋が出ていました。
e0228108_05452135.jpg
牡蠣屋さんに何がビオなの?と星の王子さまみたいに聞いてみたら、普通はラボで作るけれど、そこは海水で養殖するのだと言っていました。えっ!牡蠣はみんな海で養殖するのではないの?と思いましたが、必ずしもということでした。それから稚貝をどこから仕入れるかでも違うそうです。ここはカンカルの牡蠣屋さんでしたが、Vendéeで仕入れているそうです。前にムール貝の養殖を見学しましたが、そこの稚貝もヴォンデからだと言ってました。

この晩はビオのマルシェで仕入れた生牡蠣や、ハムや野菜で簡単な夕食にしました。
e0228108_05433253.jpg
牡蠣はヨードが多めで美味しかったです。ハムは焼きすぎと脂身が少々足りない気がしました。

結局、ビオだから美味しいということは特に感じなかったのですが、普段買っている野菜もビオのものがあるので、いつも通り普通にとても美味しいという感想を持ちました。ただ、ビオだから少々値段が高いというのは本当のことで、そのために作り手がより手間や労力をかけて生産、飼育しているので、そのことは消費者も理解する必要があると思います。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-23 06:55 | マルシェ/食材 | Comments(0)

最後のレッスン

今日は”料理とお菓子の会”でした♪

リクエストは”枯葉”のアントルメ。秋のケーキなので少々季節にそぐわないけれど、「どうしても」ということだったので、栗のシロップ煮のストックもまだ残っていたので行うことにしました。
e0228108_02475752.jpg
こちらが完成した3台のケーキです!!!
前回はデコレーションを二日に分けて行ったので、今回は普段よりずっと早い時間に集合して完成させました。今日の生徒さんはまだお菓子作りを始めて間もないので、チョコレートのテンパリングなどは難しいかと思っていましたが、緊張されていたものの、案外スムーズに進みました。
e0228108_02493122.jpg
実はこのお二人、今月は3回もレッスンを行っているのです。なぜかというと、”料理とお菓子の会”は今月一杯で終了するので、最後の詰め込みでたくさん行いました。そしてそのラストが枯葉のケーキだったのです。

早い時間から開始したので途中で軽食を挟む予定でしたが、ケーキが早く仕上がったので、昼食からケーキのご試食にゆっくり時間とれました。
e0228108_02485209.jpg
週末のチーズの残りやパテやリエット、ソシソンなどと一緒に野菜のスープをご用意しておきました。

ケーキの中身は三枚のココアのビスキュイの間にマロンのムース、フランボワーズのソースとシロップ煮の栗を散らしています。外側がビターチョコで存在感があるので、中はさっぱりさせて強弱をつけています。それも手作りの栗のシロップ煮だからできる優しさになっています。
e0228108_02501573.jpg
今日の生徒さんのお一人は、当初「ケーキはあまり好きではない」とおっしゃっていて、お菓子作りには興味がないようでしたが、それでも料理の合間に簡単なお菓子作りを加えていたところ、最後にこの枯葉のケーキをご自分からリクエストしてくださったので、どんなにスケジュールが厳しくても最後までとことんおつきあいしよう!と私は心に決めていました。

料理とお菓子の会は今月一杯でおしまいと書きましたが、それも今日のこの回が最後となります。特にこの1週間はハードだったので感傷的になる暇もありませんでしたが、終わってみれば満足感と一緒に、今やっと、心にぽっかりと空白を感じます。

でも、決めたことだから私は前に向かって進もうと思います。このことを直接お知らせできなかった方、ごめんなさい。ブログの方も今月一杯で終了の予定です。いつもブログを楽しみにしてくださった方、毎回コメントを書いてくださった方には突然のご報告となりますが、残りわずかの”ブルターニュの生活”も普段通りに終えていこうと思っています。

これまで”料理とお菓子の会”にご参加くださった皆様には、感謝の気持ちで一杯です。本当にどうもありがとうございました!




[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-21 06:28 | 料理とお菓子の会 | Comments(6)

お客様♪

土曜の晩は友人を食事に招いていました。去年の初秋、プレスタン・レ・グレーヴの別荘に招待してくれたご夫妻で、そのお礼がしたいとずっと思っていましたが、2月の頭に誘ったところ、予定が合わずにこの日程になってしまいました。

プレスタン・レ・グレーヴには私とコパン以外にもう一人ヤニックというフランス人の友人も同行していたので、せっかくだから彼と一緒に料理を作っておもてなしをしよう!ということになりました。

料理はノルマンディのAugeのレシピをヤニックが教えてくれました。鶏肉をカルヴァドス、シードル、りんごと共に煮込み、最後に生クリームを加えてソースにするとても濃厚な料理です。材料の調達は分担しましたが、鶏肉だけは譲れないので、私達でルノーさんのお店で5人分のプーラルドを注文しておきました。そういうわけで同じ週に2回もプーラルドを食べて、まるで年末のご馳走続きのようになってしまいました〜。
e0228108_09582865.jpg
写真は鶏肉をカルヴァドスでフランベしているところ。。。

前菜はヤニックがパン・ド・ポアッソンというテリーヌを用意してきてくれると言うことでしたが、よく分からない代物だったので、私達の方でもリスのマルシェで手長海老を買って蒸しておきました。
e0228108_10002741.jpg
これがそのパン・ポアッソンです。盛り付けは70年代風♪
e0228108_09570668.jpg
有名(だという)メーカーのサーモンの缶詰にビスキュイ(乾燥したパン)と卵などを混ぜて、中にもゆで卵が細切れで入っていて、オーブンで湯煎焼きしたものだそうです。。手長海老と一緒に手作りマヨネーズをつけて食べたのですが、これがとても美味しかったのです!!多分、フランス人からすると庶民的な懐かしい味なのだと思いますが、私達が食べても何だか懐かしいような感じがしました。

それからメインのプーラルドも想像以上に美味しくて、ヤニックやるじゃない!!!とみんなで賞賛しました。特にソースが美味しくて、信じられないくらいの量の生クリームを入れますが、カルヴァとシードルの複雑な苦味をマイルドにしてくれて素晴らしい料理になっていました。
e0228108_09554905.jpg
チーズはコパンが担当で常設市場に買いに行ってくれました。デザートはもちろん私。洋梨のシャルロットを作りましたが、残念ながらカメラが電池切れになってしまいました。(でも、いつもよく作る四角いシャルロットです♪)
e0228108_09534838.jpg
昨日はヤニックがとても張り切っていて、ワインもコパンが用意していましたが、彼がシャンパーニュから全て用意してきてくれました。2010年のシャスプリンや2009年のサンテステフなど、カルヴァもシードルも持参してくれたので、ものすごい手荷物で我が家にやってきました。
彼もこの機会にみんなにお礼がしたかったのかもしれませんね。

私もフランス人のいわゆるシンプルなおもてなし料理を教えてもらえて、とてもいい勉強になりました。
とってもとってもいい晩でした♪


[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-20 02:51 | おもてなし | Comments(6)

料理とお菓子の会”Poularde rôti aux herbes"(2017-12)

昨日は料理とワインの会でした♪

今月末でご帰国の生徒さんがいらして今回も送別会を兼ねていましたが、どんな風に行うかご相談していたところ、内容がどんどん広がって、夕方から夜にかけての開催で、それぞれのご主人もお呼びすることに発展しました。
リクエストは鶏の香草焼きでしたが、人数が7人と増えたので、鳥屋さんにプーラルド(肥育した雌鶏)を注文しました。

まずは前菜。ホタテとトマトのテリーヌです。
e0228108_00445612.jpg
ホタテのひもを加えたクールブイヨンを、卵白でコンソメにしてゼラチンで固めました。ホタテもクールブイヨンで軽く茹でたものを切って並べました。トマトは湯むきしてオーブンで低温焼き2時間、ホタテとトマトを順に並べてあります。周囲には塩茹でしたポアローネギで覆っています。
何が一番大変だったかというと、5キロのホタテの貝柱とひもを貝から外す作業でした。こういうのもみんなで行えば早くて楽しいですが、とても時間が足りなかったので前日に準備しておきました。

メインはプーラルドの香草焼きです。2、8キロもあって巨大な鶏でした。中に肉と皮の間にハーブが詰めてあります。
e0228108_02534321.jpg
オーブンで2時間半焼きました。写真は焼きあがったところです♪

それからチーズを食べて。。。
e0228108_00454698.jpg
デザートはサヴァランと抹茶のオペラです。
e0228108_00422439.jpg
サヴァランは以前お出ししたのが好評だったので、最後にもう一度作ることにしていましたが、大勢の会でそれだけでは少々物足りないので、サプライズでオペラをご用意しておきました。いただいた抹茶を使って何かお菓子を作りたかったので、今回は抹茶味にしました。

ワインは乾杯にRuinartのシャンパーニュ、その後、少しpuilly fusséの白ワインも開けましたが、メインにはマルゴーのchâteau Kirwan2003年、チーズにはカタルーニャの赤ワインを合わせました。
e0228108_00405182.jpg
ワインが好きな方が多いので、もう2本くらい用意していましたが、翌日のことを心配してか飲みすぎることはなかったようですね〜
料理とデザートは綺麗に完食されていたのが気持ち良かったです。

今朝はいただいた満開のツツジに癒されました♪
e0228108_00414258.jpg
レッスンなのか、飲み会なのか曖昧なのが料理とワインの会の特徴でもありましたが、今回は更にレベルアップして楽しい飲み会でした!と言ってしまいましょう!!あー楽しかった!!!




[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-18 01:30 | 料理とお菓子の会 | Comments(7)

肉肉肉、、、花

最近食べていたものを振り返るとお肉ばかりでした。

まずは牛肉のカルパッチョ。
e0228108_06005316.jpg
あまり時間のない時、常設のマルシェに買い物に行って当日に食べる時はカルパッチョにすることが多いです。

シュークルトも食べました。
e0228108_06000565.jpg
ナントのアルザスのお店に買いに行きたいとず〜〜〜っと思っていましたが、なかなか時間が取れないので、ジョリーのお惣菜屋さんで購入しました。
シュークルト(キャベツの千切りの酢漬け)が繊細で、こちらもなかなか美味しかったです。

それからお肉屋さんで気になっていたBigorreという南仏の黒豚を食べてみました。キロ単位で牛肉よりも高価でとても脂が乗っているのです。
e0228108_05591264.jpg

エシャロットのソースと合わせました。いけない!とは思いつつ、この脂身が高いのだと思うと綺麗に食べてしまいましたが、その脂身が甘くてとても美味しかった!!です。
添え物にグリンピースが入っていますが、我が家では既に当然グリンピースご飯は始まっています♪

あまり肉々しいので、最後はお花でも。。。
e0228108_06023204.jpg

ベランダのヒヤシンスです。窓を開けるといい香りがします。今年は水仙よりも早く咲いたと思ったら、チューリップもそろそろ咲き始めているので、何故なのか考えているところです。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-16 06:23 | 料理 | Comments(5)

料理とお菓子の会”Gigot d'Agneau"(2017-11)

週明けの今日は”料理とお菓子の会”でした♪

3月末でご帰国の方の最後のレッスンで、どちらかというと”食べてみたい!”食材としてジゴダニョーをリクエストされました。
e0228108_03145347.jpg
ハーブとにんにくで香りをつけてシンプルにオーブンで焼きました。お肉が美味しいので余計な手間はかけません。
e0228108_03140373.jpg
付け合わせはバスク風の温野菜です♪

また、順番は前後しますが、アペリティフ用のおつまみもリクエストされていたので、鯖の白ワイン煮からの活用でリエットをご提案しました。
e0228108_03102701.jpg
トマトのピクルスも一緒にね♪

デザートはせっかくなので何か召し上がりたいものはないか伺ったところ、ブリオッシュ・フォイユテだったので朝から仕込んでおきました。
e0228108_03125992.jpg
これはあまりデザートらしくはないけれど、私のお菓子で最後に召し上がりたい物。。。としてこれをリクエストしてくださったのはとても感慨深いと思いました。なぜなら、私が一番好きなお菓子だからです。

そして、今回の料理に合わせたのがポムロルの赤ワインです。これは今年の頭に帰国された生徒さん(のご主人)から頂いたもので、今日のお二人と一緒に料理とお菓子の会によくご参加頂いた方でもあるので、ここで一緒に飲むのが一番だろうと思いました。
e0228108_03114759.jpg
ポムロルはボルドーでも女性的な気品のある味わいなので、小羊肉ともよく合います。しかも15年も前のものです!茶色がかった色合いも美してくて、とてもまろやかで上品なワインでした。
このワインに今日の料理、今日のメンバー、全てが揃って最高でした!!





[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-14 04:27 | 料理とお菓子の会 | Comments(9)

今朝のマルシェとシブースト

今朝のリスのマルシェ。。。ロリオンの魚屋さんで大きなアンコウがありました。
e0228108_23453172.jpg
頭だけでほっぺは既に外しています。全部で16キロもあったとお店の人が言っていました。いつも思うけれど、アンコウって顔の存在感がありすぎるので、海の中で遭遇したら慌てるでしょうね。。。

それから花屋の脇にバッサバッサと切り取ったミモザが無造作に置かれていたのがちょっと可笑しかったです。
e0228108_23435344.jpg
手前のピンクのチューリップの色が鮮やかですね。。。

これは私の買い物カートです。
e0228108_23444112.jpg
この時点で満杯でしたが、更にもう少し買い物して、花束は手で持ち帰りました。

それから今日はシブーストタルトのご注文を頂いたので午後に作って夕方お届けしました。
e0228108_08200702.jpg
出かける用事があったので、車の窓から会話もそこそこに手渡ししてそのまま出発するという失礼なことをしてしましました。(ごめんなさーい!)

用事というのは映画館でニューヨークのメトロポリタンで行われるオペラのライヴ中継があったので、久しぶりに観てきました。演目は”椿姫”です。トラヴィアータは知っている曲がたくさんあって楽しめたのと、ヴィオレッタがアルフレッドに別れの手紙を書くシーンではいつ見ても私は泣けてくるので、それもちょっと(自分が)可笑しかったです。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-12 08:41 | マルシェ/食材 | Comments(6)

料理とお菓子の会”Curry d'agneau”(2017-10)

今日は”料理とお菓子の会”でした♪

リクエストはキュリーダニョー(仔羊肉のカレー)。仔羊肉をまだ一度も召し上がったことのない方と、フランスでは未体験という方の、仔羊肉体験の会だったので、一番食べやすい料理だったと思います。
e0228108_04222627.jpg
部位の食べ比べをしていただこうと思って、今回もコリエ(首)とエポール(肩肉)の2種類をご用意しました。実際に食べてみても好みが真っ二つに分かれたので面白いなと思いました。

バターピラフを添えて♪仔羊肉の癖や臭みなど、全く感じないと完食されました。
e0228108_04231483.jpg
煮込み料理だったので、煮込んでいる最中にデザートの洋梨のシャルロットの仕上げをしていただきました。(洋梨を切って載せるのと、ナパージュを塗る作業)
e0228108_04235822.jpg
料理の会の時はあまりアントルメは作りませんが、今日は是非召し上がっていただきたいなと思ってご用意しました。
e0228108_04244217.jpg
チョコと洋梨のバヴァロアの2層になっています♪

思いっきり食べていただきたかったので、料理以外余計なものはお出ししませんでしたが、実際、大きなケーキをそれぞれ6分の1ずつ食べたら本当にお腹が一杯になりました。それでもペロリなのが、お菓子の威力だと思いました。。。








[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-10 05:39 | 料理とお菓子の会 | Comments(8)

ビーフシチュー

週末にお肉を買って赤ワインに漬け込んでおきました。
玉ねぎ、人参、セロリ、ブーケガルニ、粒胡椒と一緒に。お肉の部位は上部背肉のバスコット、ワインはコットデュローヌを使いました。

お肉を取り出して水気をとり、、、
e0228108_05573576.jpg
鍋で肉の表面を焼き、小麦粉をパラパラ振って、ワインのマリネ液を全部入れ(ここでニンニクを投入、塩も少々)、2〜3時間お肉が柔らかくなるまで煮込みます。
e0228108_00043716.jpg
その間、湯むきトマトを作っておき、マッシュルームや小玉ねぎ、人参など付け合わせの野菜をグラッセしておきます。
e0228108_00110860.jpg
肉が柔らかくなったら肉片を取り出して煮汁を越して、煮汁だけもう少し煮詰めて塩コショウで味を整えて肉片を戻し、湯むきトマトを加えて一煮立ちさせて出来上がり。
e0228108_05560462.jpg
周囲に野菜を並べて盛り付け完成。

それから昨日は、日曜日のお菓子の会で残ったリンゴのソテーを使ってクラフティを作りました。
e0228108_05565414.jpg
簡単で美味しいおやつです♪



[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-08 04:29 | 料理 | Comments(6)

料理とお菓子の会”Tarte aux Pommes"(2017-9)

日曜日の今日は”料理とお菓子の会”でした♪

生徒さんは6歳の女の子お二人と、そのお母様方です。そして、今回もパンダのポンポンが一緒です♪
e0228108_01454335.jpg
お一人は過去に2回、ロールケーキとガレットデロアを行っているので、今回はタルト生地の敷き込みをメインにリンゴのタルトを作りました。

作業台が高いので、ワインの箱を足台にして、これは多分アーモンドクリームを作っているところだと思います。
e0228108_01445165.jpg
あんまり可愛いので後ろ姿をパチリ。

タルトの敷き込みも、クリームやリンゴを並べるのも、本当にお嬢さん達が自分で行ったのですよ!
e0228108_01463776.jpg
よく見ると、手前がパンダの顔になっています。(ガレットデロアに続いてここでもパンダにこだわってくれました!)

初めてのお嬢さんは少し緊張していたようだけれど、一生懸命に作ってくれました。多分、この緊張感というのがご家庭ではあまりないことなので、集中して作って達成感を得られたのではないかと思いました。
弟さんには今日は”注射”だと言って出てきたというのが可笑しかったけれど、お留守番をしていたご家族とお土産の手作りタルトを楽しく召し上がって下さいね〜。

今日もとっても楽しい”お菓子の会”でした。






[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-06 04:36 | 料理とお菓子の会 | Comments(6)