大きな牡蠣

先日、リスのマルシェで見つけた大きな牡蠣を試してみました。

写真ではちょっと分かりずらいですが、人の顔の大きさくらいあります。
e0228108_02266.jpg


これはブルターニュの南、キブロン産の牡蠣で、大きいだけに脂がのっているのかと思ったら、意外とあっさりとして好みでした。

牡蠣って、こちらでは前菜にひとり6〜12個くらい平気で食べるので、殻を剥くだけでけっこう大変なんですよね。

こんな大きな牡蠣なら、ひとり2、3個あれば充分なので、楽できていいかも♪♪♪


そうそう、フランスの牡蠣は以前絶滅しかけたことがあって、再養殖するのに日本の牡蠣を使用したのはよく知られた話ですが、水が違えばこうも変わるのかというくらいさっぱりしています。

そして唯一、ブルターニュ原産だといえるのは、ブロンとかプラとか言われている丸くて平たい品種で、それがとっても美味しいんですよ。
e0228108_0331885.jpg
[PR]
# by kuma-rennes | 2011-02-24 00:39 | マルシェ/食材

新しい景色

前のアパートの景色もよかったけれど、今度の所もけっこういいな〜と思いながら毎日眺めています。

そうして10年前の私も、新しい景色の中で色んな事を感じていたんですね。

これは私が日本からパリにやってきて、新しいアパートに住み始めた頃に書いたものです。







『Piquet』


前の住人が置き忘れて行ったランプ

Piquetという玄関の名札

白く塗り直したばかりの壁は

新しい部屋の匂いも、もう消えかけている



すぐに慣れてしまうことは

今の私には未知の世界で

それでも普通になっていくことに

避けられない恥ずかしさを覚えるのだろう



寝返りを打つ度に目が覚めて

ずっとずっと朝がこない気がして

何度も目をつむっていると

全ては嘘のように晴れてた


e0228108_2351387.jpg

[PR]
# by kuma-rennes | 2011-02-23 00:00 | 詩/感想文

Galette Bretonne

新しい土地に来たなら、まずはその土地のお菓子から入るのが、礼儀というか、何というか‥…
その土地に敬意を表しているような気がしませんか?

e0228108_001739.jpg


私は生粋のエシレっ子で、フランスに来てからはほとんどそれしか使ったことしかなかったのですが、エシレってブルターニュのバターではなくて、ご近所のポワトュー・シャラントが産地なんですよね。

パリではどこのチーズ屋さんでもエシレは購入できるし、モノプリ系の大手スーパでも扱っているので、手に入れるのは比較的簡単でした。

そうして今年、バター王国のブルターニュにやってきた私は、どこのチーズ屋さんでもエシレバターを見かけないのでびっくり仰天しました。(現在はどうにか見つけましたけど‥…)

その代わり、この地方で作られているフレッシュなバターがたくさん並んでいるのです。
そんな所にブルトン(ブルターニュの人々)の心意気を感じますよね♪

今回は、そんなブルターニュのフレッシュなバターを使ってガレットを焼いてみました。

e0228108_01585.jpg


バターはもちろんdemi-sel、生地に手作りのレモンピールを混ぜ込んでいます。

粉はT45の薄力粉(日本では中力粉にあたるそうです)に、リスのマルシェで仕入れたブルターニュ産の石臼で挽いた強力粉を20パーセントブレンドしています。

結果は‥…もっちろん美味しかったですよ!

でも、底が焦げているのは、バターのせいでも、粉のせいでもなくて、オーブンのせいだと言いたいところですが、それはまだ新しいオーブンに慣れていない私のせいだということです。

実はこのバター、エシレよりも高価で、その他に試したブルターニュのバターよりずっと洗練されていましたが、やっぱりエシレの香り高さには叶わないと思いました。

でも、このバター、美味しいのは分かったけれど、どうしてそんなに高価なのか、今度、お店の人に聞いてみようと思っています。
[PR]
# by kuma-rennes | 2011-02-22 00:11 | お菓子作り

Cerdon

Cerdonって知っていますか?

Jura(フランスとスイスの国境沿いの県)のとある土地の名なんですが、そこで作られている発泡性ワインの名前でもあります。

発泡性ワインはシャンパーニュが代名詞のようになっていますが、それ以外の様々な土地でも生産されていますよね。

ブルゴーニュにもあれば、スペインではCavaが有名です。

そんな中で私達がとても気に入っているのが、このセルドンなんです。

パリのレストランでアペリティフにいただいて以来、見つけたら飲んでいますが、意外と見かけません。

それが、先日、たまたま入ったレンヌのワイン屋さんに置いてあったので、試しに買ってみました。

e0228108_3172791.jpg


アルコール度は8パーセントと高くありませんが、以前、レストランで空きっ腹で飲んで酔っぱらい、私は奥の個室で横になったことがあります。

それ以来、私が飲めない事は周囲に認知された思い出深い(?)お酒です。

さて、このセルドン、ちょっと甘めでアペリティフにはぴったりですが、ロゼよりも白の方がキリッとして美味しい気がします。

これは特に甘口だったので、残ったらスフレに使ったら美味しいかもしれません。

なーんて、コパンが全部飲んじゃうでしょうけど‥…
[PR]
# by kuma-rennes | 2011-02-21 03:29 | 飲み物

シューの季節

シューといってもお菓子のシューではなくて、今回はその語源でもある野菜のシュー(キャベツ)のお話です。

海からの恵みを除けば、ブルターニュの土地はあまり肥沃ではなく、農作物はアーティチョークやカリフラワーが代表的で、最近では苺も栽培されるようになったそうです。

カリフラワーはフランス語でchou-fleur(花キャベツ)というキャベツの変種でもあるので、キャベツもたくさん栽培されています。

そういうわけで、私がレンヌにやってきてからマルシェでよく見かける野菜はキャベツで、しかもパリでは見た事がないような珍しい物があるので興味深く感じました。

基本的にフランスのキャベツは火を通して食べるしっかりしたもので、日本のように千切りして生で食べるような柔らかいキャベツは(フランスにもないわけでもないけれど)そう簡単に手に入りません。

なので、この↓キャベツを見つけた時は飛び上がる程喜んで、それ以来、同じ店で4度も購入しています。
e0228108_190958.jpg
e0228108_1915427.jpg
また、こんなキャベツの葉も売られているんですよ。


八百屋の列に並びながら、前の人に「この葉っぱはどうやって食べるんですか?」と質問をしたら、「塩ゆでして適当に切って、オリーブオイルやヴィネガーをかけて食べるのよ。」という返事でした。

とりあえず私はおひたしにしましたが、ちょっと苦みがあって菜の花に似ています。
でも、菜の花同様にそれが癖になる感じで、油で炒めてもとても美味しそうです。

そんな新キャベツの時季もそろそろ終わりですが、昨日のマルシェでは苺が出始めていたので、もう春がそこまできているんだな〜と感じました。
[PR]
# by kuma-rennes | 2011-02-20 19:19 | マルシェ/食材

近所のマルシェ

私の通っているマルシェは3つあって、今朝は家から歩いて5分のところにある一番近いマルシェに出掛けてきました。

ここは毎週木曜日に開かれていて、こんな風に普通の住宅が並ぶ一本の通りにお店が続いています。
e0228108_23514330.jpg


とても庶民的で、特に野菜は農家から直通といった感じの泥のついた不揃いのものが多いです。
e0228108_23573198.jpg


今日はポトフを作るつもりで買い物をしていたので、お肉屋さんでそれを伝えると、いい肉の部位やら煮込み時間など色々教えてくれました。

その時に一緒に煮込む骨髄も頼んだら、もちろん気持よくサーヴィスしてくれて、後ろに並んでいたムッシューが「美味しくなりそうだね〜♪」と笑顔で話しかけてきました。

パリにいた時もこんな光景はよくあったけれど、何となく、ここはパリとは違った時間が流れているような気がします。

誰も全く急いでいない感じ。。。

今朝は私ひとりでマルシェに出掛けましたが、帰り道、マルシェのいい所をしみじみと感じながら歩きました。


その時ふと思い出したのが、ラデュゲの『肉体の悪魔』という小説のワンシーンです。

主人公の青年の恋人‥…、彼女は別の人の妻でもあったので、村の人からは疎外されるのですが、お店の人は商売柄、彼女を無視することもできないので、最低限のコミュニケーションはとってくれるのです。

それが嬉しい彼女は、買い物に出掛ける度に帰りが遅くなるので、その恋人がイライラして待つという場面がありました。

そう、彼女は、どんな些細な事でもいいから、外の世界の人と交わっていたかったんですよね。


そんな事を思い出しながら、マルシェは私にとっても、また、色んな人にとっても、家の中から外に出て、気持のいい空気を吸うリフレッシュできる場所なんだな〜と思いました。


そんなマルシェが私は大好きです。
[PR]
# by kuma-rennes | 2011-02-18 00:29 | マルシェ/食材

遅れてきた St. Valentine !

新しいオーブンでジェノワーズを焼きたかったので、ガトーマダムというケーキを作りました。
ココアのジェノワーズにクレーム・ディプロマット(生クリームにカスタード、ゼラチンを加えたクリーム)を挟んだシンプルなケーキですが、シロップをこれでもか!と打ってあるので、一晩寝かせてから食べると、とっても美味しいんです。

e0228108_0344954.jpg次の日の朝、この残りを食べると、私はいつも顔が火照ります。

今回はデコレーションは全くしなかったので、シロップに美味しいフランボワーズのキルシュをたっぷりと使いましたが相変わらずナっぺが下手ですね〜。

出来上がった時、『星の王子様』に出てくる”ヘビに飲み込まれた象”みたいだと思いました。



一応、これがヴァレンタインの当日に食べたケーキです。

そしてもうひとつは、今日作ったハート型のパリーブレストです。
e0228108_03696.jpg

ずっと赤いプラリネで作ってみたかったのですが、ラヴリーというより、ホラーっぽくなってしまいました。

まぁ、一度やれば気が済むからいいんです。

それにシューの膨らみももう一歩ですが、これは途中でオーブンの扉を開けて温度を下げてしまったからだと思います。

シュー生地はもっとしっかり焼かないとね♪
[PR]
# by kuma-rennes | 2011-02-17 00:49 | お菓子作り