タグ:お菓子屋さん ( 26 ) タグの人気記事

Caenのチーズ屋さん

シャンブル・ドットのマダムに教えてもらったカーンの美味しいチーズ屋さん”Fromage de FRANCE"でカマンベールとポン・レヴェックのチーズを買って帰りました。
e0228108_05002582.jpg
(店の正面の写真はこんな角度のものしかありませんでした。。。)

ワインもたくさん揃えてあって、ガラスケースの上につい先程まで訪れていたデュポンさんのカルヴァドスやシードルも置いてありました。奥には霧吹き状のカルヴァドスも♪
e0228108_04580700.jpg
ここで買ったチーズは本当に美味しかったです。三日後に食べる用で選んでもらいましたが、カマンベールは真ん中が凹むので、上下を逆にして置いておくように、そうしたら食べる時に平らで綺麗だからと教えてもらいました。

店の左側はチーズとワインが売られていましたが、右側は肉系を扱っていて、もう外に出てからウィンドー越しにリエーヴル(野ウサギ)が置いてあってびっくりしました!隣のラパンとだいぶ大きさが違うのはもちろん、かなりの高級品なのだと思いました。(あー前日に食べておいてよかった!)
e0228108_04592688.jpg
それからマダムには美味しいお菓子屋さん"Alban Guilmet"も聞いていて、お店まで行ったのですが、生菓子を買って帰りたかったので、食事を済ませてから帰り道にもう一度来ることにしました。。。
e0228108_05023066.jpg
が、この後、私たちはレストランでしっかり食事をし、修道院や博物館にまで訪れたので、ケーキのことはすっかり忘れてそのままレンヌに戻ってしまいました。
綺麗なお菓子で残念だったけれど、実際のところはもう食欲がなかったのも本当のことです。
e0228108_05013721.jpg
以上でやっと今回のノルマンディ旅行記はおしまいです♪


[PR]
by kuma-rennes | 2016-10-30 05:31 | 美味しいお店/レストラン

Grain de vanille@Cancale

今日は何のお菓子が食べたいかコパンに尋ねたら、ミルフォイユ!!!と元気な答えが戻ってきたのですが、それはちょっと時間がないな〜と思って、午後にドライブがてら食べに行かない?と誘ってみました。

そのまま忘れていたわけでもないけれど、気づいたらだいぶ時間が経っていて、これから行く?と聞いたら、いいよ♪という返事だったので、レンヌを16時に出発して17時にカンカルのグラン・ド・ヴァニーユに到着しました。
e0228108_05035590.jpg
コパンはミルフォイユで、私はポメというリンゴのお菓子。フレッシュオレンジジュースも頼みました。

コパンはここのミルフォイユがお気に入りだけど、私はもっと卵黄のコクのあるタイプのクリームが好みなので、ポメにして正解。こういう素朴な焼き菓子は自分でも作ってみたいな〜と思いました。

せっかく来たので、気になっていたヴァニラのアイスクリームとパウンドケーキ、それにブリオッシュを買って帰りました。
e0228108_05025067.jpg
ここのブリオッシュは美味しいと思います。パウンドケーキはだいたいフランスのお菓子屋さんのものを買って美味しいと思ったことはほとんどないので、根本的に求めているものが違うのかもしれません。。。アイスはまだ食べていません。

それでも、ここのお菓子屋さんは値段が良心的で、お菓子の種類はあまり多くはないけれど、いい材料できちんと作っているのが伝わる”いいお菓子屋さん”だと思います。ヴァカンスシーズンのカンカルは人が多くて活気があって、天気も良かったので、ここにアイスクリームを買いに来ている人がたくさんいました。


[PR]
by kuma-rennes | 2016-08-12 05:26 | 美味しいお店/レストラン

サクランボのお菓子

日曜日の今日は、ご依頼いただいたフォレノワールを仕上げていました。ご主人のバースデーケーキなのです♪
e0228108_01000344.jpg
サクランボはほとんど火にかけない程度にシロップで煮て漬け込んでおきました。生に近い状態で、それでいて生ではないんです。

お届けしたのは夕方でしたが、家に戻って少ししたら、”待ちきれずに夕食前に完食しました”とメッセージが届いてびっくりしました。自分の作ったお菓子をそんな風に喜んでいただけたら、これ以上嬉しいことはないですね。これが私の原動力になっているのだと思いました。

サクランボは多めに用意してあったので、残った分で自分達用にクラフティを焼きました。
e0228108_01152814.jpg
冷凍庫にあったブリゼ生地を使って、不恰好ですけど、サクランボが美味しいのでこれでも充分美味しくいただきました♪

それから、前にいただいたパリのお土産です。(旅行記を書いていて載せ損ねていました)
e0228108_01130239.jpg
ジャック・ジュナンのパット・ドゥ・フリュイ。ここのは絶対に美味しいだろうな〜と思っていた通りにとても濃厚で存在感がありました。キャラメルはほとんど生みたいで、見た目からは想像もつかないような果物の味がしました。

お菓子はよく作りますが、その割にあまり食べ比べたり研究熱心ではないので、こういう風に教えていただけるのは非常にありがたいことだし、勉強になります。(どうもごちそうさまでした!)





[PR]
by kuma-rennes | 2016-07-04 04:25 | お菓子作り

Les Rigolettes nantaises d'été

先週のナントの話に戻ります。
リゴレット・ナンテーズのお店にも寄っていました。小さな店構えで通り過ぎそうになりましたが、店内もとても小さくて、昔風の可愛らしい店でした。

飴以外にもチョコやギモーブ、パット・ドゥ・フリュイ、その他、駄菓子っぽいものまでたくさんありましたが、リゴレット・ナンテーズもトラディショナルなもの以外に夏用の緑の缶と、秋冬の茶色の缶がありました。
e0228108_03492151.jpg
今回は夏用の400g入りの缶と、トラディショナルの350gの袋入りを購入しました。
夏用は、苺と杏、グレープフルーツにグロゼイユ、それに桃味の5種類ですが、苺味がなんと!プルガステルの苺だというので驚きました。早速食べてみると、いつも食べている苺の味がしました。
e0228108_03511931.jpg
茶色の缶はプラリネのチョコ味と塩バターキャラメル味の2種類です。
e0228108_04114858.jpg
他にもランゴという、三角形の飴もありますが、私は中がジュレになっているリゴレット・ナンテーズのファンなので、迷わずそちらを選びました。

このリゴレット・ナンテーズ、子供達が好きなんですよね〜♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-26 04:22 | 美味しいお店/レストラン

Le cloître de Tréguier

Trébeurdenの宿泊地に着く前に、Tréguierという半島と半島の境にある町に寄り道をしました。
本当はこの近くにある庭園を楽しみにしていたのですが、4月から6月までは月曜と土曜の週2日しか開いていないのに、私はそれを月曜日から土曜日までと勘違いしていました。

というわけで非常に残念ながら庭園は諦めてTréguierの町を散策することにしました。
e0228108_23444841.jpg
教会の前の広場に車を停めて、とりあえず教会の中に入ってみました。すると、ここの回廊が有名だというので入場料を払って扉を開けてみました。
e0228108_23504231.jpg
周歩廊に石墓が並んでいるのがまず珍しいですよね。中庭には太陽の光と植木の緑、そして真ん中に石の十字架があるだけですが、アーチ越しの向こうの世界がとても穏やかで眩しく感じられました。外側からはこの回廊の存在が見えないだけに宝物のような場所だなと思いました。

多分、庭園に入れたら町には寄らなかったと思うので、代わりに素敵な時間が過ごせました。

教会に面した広場にはお店がたくさんあって、すぐ正面の”Pâtisserie du Trégor”のロゴが気になるサロンドテでお茶をしました。
e0228108_23473561.jpg
中は、おそらく、最近リニューアルされたのだと思いますが、意外とモダンで綺麗な内装になっていまいした。
e0228108_23484495.jpg
ケーキも田舎のお菓子屋さんとは思えないような綺麗なお菓子が並んでいましたが、私はショコラショーとクイニーアマンを食べました♪

チョコ系が得意らしく、ボンボンやトリュフなども並んでいて、お菓子を注文する人のほとんどはチョコ系を選んでいました。
大きな男の人が嬉しそうにチョコレートのお菓子を選んでいたのが(しかも何人も!)とても微笑ましい光景でした。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-05-23 03:58 | 旅行/散策

Pâtisserie☆Dupont

Dives-sur-Merの町には可愛いお菓子屋さんもありましたよ♪
e0228108_01015031.jpg
ここも民宿のマダムが教えてくれた店でした。本店はもっと海側のCabourgになると思いますが、DeauvilleやTrouvill-sur-Merの海辺の町にも支店が出ていて、Dive-sur-Mer以外はサロンドテもあるようです。

ここがパリでいうラデュレみたいに上品で可愛らしい雰囲気で、マダム曰く、マカロンやチョコが美味しいそうです。MOFの称号も得ています。
e0228108_01034244.jpg
生菓子も美味しそうだったけれど、私達は車で帰路につくところだったので焼き菓子を選びました。
レモンケーキと小さなリンツァートルテです。
e0228108_01051550.jpg
奥の水色の箱が可愛らしいでしょ?ラデュレみたいというのも分っていただけると思います。外観は木骨組のノルマンディーの建物でしたが、内装はこの淡い水色で統一されていました。ドーヴィルの海辺を散歩して、こんなサロンドテでお茶したら優雅だろうな〜と思いました。

味の方は、多分、Isignyのバターを使っているのだと思いますが、ここのバターも香りが高くて私は大好きなんです。食べ応えがあったので少しずつ食べましたが、思っていたより全然野暮ったくなくて最後まで美味しくいただきました♪

マダムには、大きなマルシェやもっとレベルの高いお菓子はCaenに行った方がいいけれど、この地方らしい雰囲気のマルシェとお菓子屋さんならばDiveもいいですよ。と言われました。まさにその通りでした。

ちなみに、カルヴァドスのカーヴもDupontという名前でしたが、フランスではこの名字は最も多いうちのひとつなんだそうです。私は初めて聞きましたけどね〜

以上でノルマンディー旅行記はおしまいです。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-04-19 03:57 | 美味しいお店/レストラン

美しいアントルメ

週末のことですが、パリ帰りの友人家族から素敵なプレゼントをいただきました。

ピエール・エルメの生菓子です。もう、うっとり。。。
e0228108_01524674.jpg
手前のお花みたいなケーキはヴィーナスという名前で、この花びらみたいなのはりんごで作ってあります。中はピンク色のバラ風味のムースと塩入サブレで構成されていました。
まず、りんごとバラの組み合わせが合うのが意外だったのと、塩入サブレとリンゴなんてとてもブルターニュ風だけれど、それでこんなに繊細なお菓子がイメージできることが素晴らしいと思いました。

奥はキャレモン・ショコラで、こちらはピエールエルメの定番のチョコレートケーキですが、私は初めて食べました。6、7層くらいの様々なチョコの味、食感でこちらも素晴らしいハーモニーでした。ビスキュイとかないんですよ。全てチョコ。

私はチョコレートのお菓子が一番好きというわけではないので、自分ではあまり選ばないケーキかもしれませんが、あんなに美味しいヴィーナスよりもこちらの方が完成度は高いと思いました。見た目はもちろん、味わいの感動ももたらしてくれるピエールエルメのお菓子は本当にすごい!!と思います。

他にもイスバハンのクロワッサンやミニクグロフなど、朝起きるのにウキウキするようなヴィエノワズリーも一緒にいただいて、パリから戻ってすぐに家まで届けてくださったんですよ!
一体何事かと思ったけれど、こんなに美味しいプレゼントだったなんて、一足早いサンタクロース一家が登場したような嬉しいサプライズでした♪



[PR]
by kuma-rennes | 2014-12-11 02:19 | 美味しいお店/レストラン

Les rigolettes nantaises

ナントのマルシェで気になったのが、レ・リゴレット・ナンテーズという可愛い缶に入った砂糖菓子でした。
e0228108_05185596.jpg
お店の人にどんなものか聞いてみたら、飴の中にジャムが入っているそうで、ガラス瓶に入っていたものを味見させてくれました。これがなかなか美味しいのでひと缶買って帰りました。
e0228108_05161749.jpg
中にはレモン、フランボワーズ、カシス、マンダリン、パイナップルの5種類のフレーバーが入っています♪

ナントには他にもberlingots nantais(ベルランゴ・ナンテ)という三角形の飴が19世紀の頃からあって、confiserie(コンフィズリ/砂糖菓子)がよく作られているようです。(リゴレットも1902年創業なのでけっこうな老舗です)あとは、ガトー・ナンテという素朴な郷土菓子もあれば、"LU"などの大量生産のお菓子の工場もたくさんあるので、お菓子の街という印象がありますね。

そしてこのお店はリゴレットだけでなく、紅茶や、ヴィエノワズリー、生菓子まで販売しているので、多分、お菓子のセレクトショップみたいなところではないかと思いました。(リゴレットのブティックはナント市内に2軒あります)
e0228108_05262236.jpg

面白かったのが、レンヌクロードを丸ごと焼き込んだというパテ・オ・プリュンヌで、これはアンジェの郷土菓子なんだそうです。本当にその土地その土地で色んなお菓子があるものだな〜と思いました。

それから、その日はナントの街中で丁度vide-greniers(蚤の市、フリーマケーット)が開かれていたので、ぶらぶら散歩をしながらレース網を幾つか買ったので、リゴレットの缶と一緒に写真に写しました♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-09-10 05:36 | 美味しいお店/レストラン

ザッハトルテ♪

週末に友人宅に夕食を招かれていました。
夏のヴァカンスでご家族でオーストリアから東欧の方を周遊されていて、レンヌに戻られたばかりのお宅でした。

それで素敵なおもてなしを受けたのですが、デザートの時にウィーンのザッハトルテが登場した時にはテンションが上がりました!もうずっと前に食べたきりだったのです。。。
e0228108_00384966.jpg
でもね、私には横のロールケーキの方がずっとずっと感動したのです。

私は”料理とお菓子の会”を主催していて、奥様は私の生徒さんでもあります。
料理やお菓子作りをお教えしても、その成果や上達具合を具体的に知る機会はあまりありませんが、今回、私ははっきりとその方の進歩を感じたからです。

他にも、料理はもちろん、選んでいただいたワインや、チーズ、サラダに至るまで全て美味しかったし、私達のし好もふまえて気持よくもてなしてくださいました。

大袈裟かもしれないけれど、言葉でもなく、私が一番お伝えしたかった部分が少しずつでもこうして伝わっているのだと実感できて、本当に本当にとても嬉しい晩になりました。

そうそう、タイトルにした老舗のザッハー・ホテルのザッハ・トルテもとても美味しかったですよ♪
私が興味津々に味見をしていたので、もしかしたら自分でも作ってみるのかと質問されましたが、私は基本的にフランス菓子を作ることにしているので、ザッハトルテは多分作らないでしょう。。。美味しかったですけどね♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-08-27 01:17 | 美味しいお店/レストラン

Fraisier ☆ La Pâtisserie des Rêves

パリではコパンの弟夫婦宅でお世話になったので、出掛けにサンテレーズのマルシェに寄って、ムセットの蟹を4杯とブロンの生ガキ2ダースを手土産に持っていきました。(意外とこれが喜ばれるんです)

最初の晩はそれらの魚貝をみんなで食べましたが、せっかくだからどこかのお菓子も食べたいな〜と思って、パティスリー・デ・レーヴでフレジエをテイクアウトして2日目の晩のデザートにさせてもらいました。

これは15区に新しくできたBeaugrenelleのショッピングセンターのお店です。
e0228108_05433793.jpg
クリームがちょっとバヴァロアっぽくて、リュバーブのコンポートがたっぷり入っています。クリームより苺の存在感が強くて豪華でしたが、その苺がちょっと熟れ過ぎている感じもしました。果物はある程度熟れた方が美味しいけれど、過ぎると美味しさもマイナスに感じてしまうので、難しいものだなと思いました。
e0228108_05451163.jpg
前後しますが、夕食にはおでんを作っていただいたので、モリモリ美味しく食べました。
e0228108_05461229.jpg
そうそう!マルシェで菜の花と新キャベツも調達したので、菜の花のおひたしも作っていただきましたよ♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-25 05:57 | 美味しいお店/レストラン