タグ:パイ生地 ( 32 ) タグの人気記事

料理とお菓子の会”Mille feuille”(2017-4)

今日は”お菓子の会”でした♪

リクエストはミル・フォイユ。。。といいますか、パイ生地がメインなのですが、この方々は既に普通のパイ生地は習得されているので、今回はPâte feilleutée Inversée(逆折り)というバターで生地(デトランプ)を包んで折り込んでいく特別な方法をお教えしました。
なので、生地の折り込み作業と並行しつつ、アンヴェルセのパイ生地を使用したミルフォイユのお菓子を作りました。
e0228108_04380388.jpg
こちらは完成品。仕上げの粉糖はご自宅で振り掛けていただくことにしてお持ち帰りされました〜。

普通のミルフォイユでも良かったのですが、なんとか手にはいるフランボワーズを使って存在感を出してみました。
e0228108_04411874.jpg
フランボワーズを逆さにおいて、中の空洞にフランボワーズのクーリを詰めると、食べる時にソースになっていいのではないかと思ったのです。
e0228108_04423073.jpg
フランボワーズのソースを絞るのに、ペーパーで作るコルネの使い方も実践していただきました!

それともう一つ、春に帰国される方がいらして、最後に習っておきたいものを幾つか挙げていただいた際に
クレール・フォンテーヌというオレンジのバヴァロアのお菓子もあったので、今回無理やりご試食用のお菓子に組み込んで登場させました。
e0228108_04401003.jpg
パイ生地とバヴァロアの用意で準備が少々大変でしたが、終わってみると充実感しか残らない今日も楽しいお菓子の会でした。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-02-01 05:15 | 料理とお菓子の会

新作⭐︎ParisーRennes

お菓子のご依頼を頂きました。日本のリンゴ農家のご夫婦が遊びにいらっしゃるので、何か”リンゴを使ったお菓子”を、、、というリクエストでした。
あれこれ考えて、頭の中ではイメージできたのですが、試作する時間がなかったので当日に考えながら作るという冒険をしました。

最初はパイ生地を使う予定はなかったのですが、急に思いついてシュー生地の下に敷きました。
e0228108_06084955.jpg
それからキャラメルソースを加えたカスタードクリームにリンゴのコンポートを載せて、さらにキャラメルソースを絞ってシュー生地の上を被せました。
e0228108_06103124.jpg
考えながら作ったので予定よりも時間がかかり、完成した頃には日も沈んでいました。。。
e0228108_06121221.jpg
トップはクッキーシューにするかアーモンドスライスを散らすか最後まで迷いましたが、リンゴとキャラメルでブルターニュらしいお菓子にしたので、見た目も素朴な方がいいとアーモンドスライスにしました。

味見用にも作ったので先ほどいただきましたが、思いつきで作った割にはとても満足のいくものになりました。欲をいえばもう少しキャラメルソースをかけた方がいいですね。
e0228108_06135742.jpg
こういうのを自分のオリジナルと言っていいのか分かりませんが、言ってよければ”ParisーRennes”と命名しちゃおうかな〜と思っております♪



[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-29 06:33 | お菓子作り

Champignon BOLET

現在はトゥッサンのヴァカンス中です。私も夏の特訓以来の久々のゴルフへ出かけてきました。コパンのお友達と一緒にプレイしましたが、皆さんとても優しくて紳士で、、、下手な私に色々とアドヴァイスをしてくれたり、ボールを見つければプレゼントしてくれたり、果ては茸まで頂いたので驚きましたが、よーく見るととても綺麗な茸だったので丁寧に包んで持って帰りました。
e0228108_04145615.jpg
この茸はボレという種類で、セップ茸の仲間だそうです。ボレにも色々な種類と見た目があるそうですが、これは食べられると言われたので、その言葉を信じて食べることにしました。
e0228108_04164474.jpg
二つに割ったらとっても綺麗!!!ソテーして生クリームのパスタにしていただきました。それがとっても美味しかったのです。せっかくなので大きめに切って食感を楽しんだのですが、火の通りの弱い部分はコリッとした食感で、しっかり火の通っているところはちょっとぬるっとしていてナメコのよう、面白くておいしかったです。

コパンも時々茸をもらってくるのですが、茸は3、4日もすると巨大になって気持ち悪い見た目になるのでとても食べる気にならない時もあります。今回の茸は本当に綺麗で立派な茸でした。コパンのゴルフ友達は茸に詳しい人が多いので、今度茸狩りに連れて行って欲しいな〜と思っています。

別の日には余ったパイ生地を使って簡易のミルフォイユを作りました。
e0228108_05031546.jpg
二段だと少々寂しいので、栗のシロップ煮を載せました。

そしてこれは少し前のことですが、友人から頂いた春菊の種を植えたら小さな芽が出てきました。(右側の灰色のプランター)
e0228108_05045896.jpg
真ん中の丸いプランターは来春用のチューリップの球根を植えていて、シクラメンは植え替えなくては、、、こういうことは全てコパンがやってくれるので、おかげで毎日の生活に彩りがあります。




[PR]
by kuma-rennes | 2016-10-31 05:53 | マルシェ/食材

苺のミルフォイユ

先週の”お菓子の会”でデモ用に折ったパイ生地があったので、それを使ってミルフォイユを作りました。
e0228108_22594570.jpg
マルシェで苺を仕入れたので、フレジエ風に敷き詰めて…もちろんこの中も隙間なく詰めいったら2パックの苺を全て使い切りました〜
e0228108_22584330.jpg
16×18センチの大きなミルフォイユです。二人なのでこんなに大きくする予定はなかったのですが、悠々6〜8人分はありますね。

ブログを見た方から、「あのたくさん作っているお菓子は本当に二人で食べ切っているのですか?」とよく聞かれますが、もちろんそうです。多分、自分達が一番のファンではないかと思うくらい、基本的に自分達用にお菓子を作って食べています。

お店やどこかと比較するのではなくて、自分達の食べたいものを食べたい味で、食べたいだけ作って食べる。これ、私達の幸せのカタチかなと思います。

本当にこんなに大きく作る予定ではなかったので、クリームが少々足りてない感はありますが、今朝作った苺のジャムを垂らしてソースにしたらより完璧になりました。
e0228108_23003541.jpg
もう本当に苺万歳!!!というような苺尽くしのミルフォイユでした!



[PR]
by kuma-rennes | 2016-04-11 00:53 | お菓子作り

イスバハン風ガレット・デ・ロワ

イスバハン風のガレットデロワのご依頼を受けて作りました。
e0228108_05121621.jpg
もう1台は自分達用です。生クリーム入りでバラの風味を付けたアーモンドクリームに、シロップで煮たライチ、フランボワーズのジャムをパイ生地で挟んで焼きました。

パイ生地はいつものようにエシレバター100%使用、バター生地で折り込み生地を包むアンヴェルセの逆折りの方法で作っています。
e0228108_05163077.jpg
ちょっと‥…いや、かなり見た目は綺麗ではないけれど、味の方は自信を持ってお渡ししました。
このガレット、久し振りに食べたけれどライチの存在とバラの風味、そしてフランボワーズが複雑にからみあって何とも言えない美味しさがあります。

もうひとつおまけに先週作った中身がチョコ味のガレットデロワです。
e0228108_05203196.jpg
アーモンドクリームにガナッシュを入れました。これはこれでまた美味しい。
でも、最後にコパンにやっぱりフランジパーヌが食べたい!と言われないかドキドキしています。。。




[PR]
by kuma-rennes | 2016-01-17 06:17 | お菓子作り

りんごとキャラメルのミルフォイユ

ふいに時間ができたので、折っておいたパイ生地でミルフォイユを作りました。
e0228108_01274807.jpg
りんごのコンポートも作ってあったので、それを使ってカスタードとキャラメルのソースを合わせました。キャラメルのソースは後掛けの方がレストランのデザートらしくなりますが、レストランだとよっぽどのところに行かないと、きちんと折り込んだ本物のパイ生地で作ったミルフォイユはそうそう出てきません。
e0228108_01285109.jpg
ミルフォイユはパン屋さんやお菓子屋さんにもありますが、時間のたった湿気たものだったり、テイクアウトしても崩れないようなしっかりしたクリームや甘めの味になっているので、手作りの出来立てのミルフォイユが食べられるのはとても贅沢なことだと思います。
e0228108_01305295.jpg
りんごをたっぷり載せたので、クリームよりもりんごの印象が強くなってアップルパイっぽくなりました。今度作る時はもう少しバランスを調整するつもりです。でも、美味しかったー!

赤い果物のミルフォイユもいいけれど、冬場はこんなミルフォイユもいいかもね♪と思いました。

[PR]
by kuma-rennes | 2015-11-21 04:36 | お菓子作り

パルミエ

パイ生地を使ってパルミエを作りました。
e0228108_04581957.jpg
いつもは余り生地を使って小さいおやつ感覚で作っていたので、あまりきちんとしたものはできなかったけれど、今回はある程度まとまった生地量で作りました。やはりその方が作りやすいです。
フランスのパン屋さんのパルミエは巨大ですが、それを再現するとなると相当な生地量が必要になるなと思いました。私のはもっと小さいですが、美味しくできました♪


それから土曜日のリスのマルシェで、ルノーさんの鶏屋さんに子羊肉があったので購入しました。
e0228108_05001157.jpg
実は先日の農場見学の時に可愛い子羊が二頭いて、しばらくしたらその肉が店頭に置かれることは知っていました。。。こういう自分は残酷なのかもしれませんが、自分が食べるものを分っているというのはある意味貴重な機会ではないかと思ったのと、他の人よりも自分達が食べるべきではないかとも感じたのです。
何でしょう。。。多分、色々な意味での感謝の気持です。


それから現在、コパンは珍しく断酒中で、気付いたら行なっていました。煙草の時もそうだったけれど、煙草とは違ってお酒は絶対にやめることはないと思います。はじめは「一週間くらい」と言っていましたが、先程聞いたら「1週間とは言っていない」と否定されました。面白いので観察しています。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-11-10 06:13 | お菓子作り

林檎のコンポート

先週のお菓子の会で時間が足りなくてたくさん残った林檎をコンポートにしました。
e0228108_05515070.jpg
できたてをコパンに味見してもらったら、「少し甘いね」と言われましたが、味が落ち着いてから食べると確かに少し甘みが強いようでした。

これはお菓子に使った方がいいだろうと思って、この為に一日費やしてパイ生地を折りました。
e0228108_05544173.jpg
アップルパイを作って出来上がりをコパンに食べてもらうと、今度は「パイ生地がいつもと違って美味しい」という感想でした。確かにこれは久し振りにアンヴェルセ(逆折り)の方法で折り込んだものですが、自分も食べただけではその違いがすぐに分るか自信はないので、コパンってすごい!と思いました。
こんな風にとても的確に感想を言ってくれるので、とにかく私はコパンの認めるレベルのものを作ろうといつも必死です。。。

そしてコンポートはまだまだ残っているので、今度はクラフティを作りました。
e0228108_05530448.jpg
あー、クラフティって物凄く簡単なのに、どうしてこんなに美味しいんだろうー!と思いました。甘いコンポートと優しい味わいの生地がとてもマッチしていました。これにはコパンも素直に喜んでいました♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-09-30 06:24 | お菓子作り

お客様♪

祝日の今日はリスのマルシェもお休みで、代わりに金曜日に開かれていたので買い出しに行きましたが、休みの店が多かったです。

そんな昼間は日本からレンヌに遊びにいらした友人ご家族を食事にお誘いしていました。
e0228108_00091447.jpg
アペリティフはシードルとおつまみを軽くつまんで‥…
e0228108_00103502.jpg
メインは鱸の塩竈焼きです。大人4人に子供ひとりだったので、2尾を用意しました。添え物にはラタトゥイユにしました。

それからチーズのプレートを間に挟んでデザートはミルフォイユです。
e0228108_00135552.jpg
久々にパイ生地を折りましたが、時間さえあれば楽しい作業だなと思いました♪
e0228108_00285847.jpg
中はこんな風で、パイ生地の上にリュバーブのジャムを塗ってカスタードクリーム、苺、カスタードクリームとかなり高い層になっています。

ワインは先月訪れたコット・デュ・ローヌの白と、チーズに合わせて赤もお出ししました。

少年は、大人に混ざってさぞ退屈だったろうと思いますが、最後まできちんと椅子に座って、それから、特に鱸とチーズがお気に召したようでした。。。大きくなったねぇ。。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-08-16 00:34 | おもてなし

さくらんぼ

昨日の食材の中にさくらんぼがありましたが、すぐに種をとってシロップ煮にしておきました。

何のお菓子に使おうかと考えていたら、丁度、折りパイを折っていたところだったのでミルフォイユにして挟むことにしました。(フランボワーズも一緒にね♪)ならばチョコレートが合うのでカスタードクリームにガナッシュを加えました。生地にココアを加えたら最強だったかなと思います。
e0228108_19502694.jpg
食べた感じとか、バランスとか、ちょっとした試作的に作ったので二段にしましたが、これは二段くらいで丁度よかったと思います。欲をいうと、もっとしっかり生地を焼くと良かったですね。
e0228108_19514021.jpg
コパンも私もとても気に入ったので、季節のうちにまた作ろうと思います。

そしてまだ残っていたさくらんぼのシロップ煮を使って、今度は鶉と一緒にココットで煮ました。
私は鶉が好きなので、この”まんま”の姿もとても愛らしく見えます♪
e0228108_19542585.jpg
食べる時は食べやすいように処理してから盛りつけますが、鶉って本当に身が柔らかくて美味しいですね〜。
e0228108_19530007.jpg
お菓子と料理のどちらにも美味しく使えて大満足のさくらんぼでした♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-05-28 03:37 | お菓子作り