タグ:旅行 ( 10 ) タグの人気記事

Limeuil

冬のペリゴール旅行記に戻ります。トレモラのホテルをチェックアウトする時に、この辺りでお勧めの場所を聞いてみたところ、近場では隣村のLimeuilが綺麗だというので帰りに寄ってみました。
e0228108_23435609.jpg
前日に通り過ぎた時に、確かに綺麗な所だと思っていたのです。
車を停めて歩いて入ると、かなり急な山道を歩くことになりました。。。頂上には古い教会があって丁度ミサを行っていたので、家々には誰もいないひっそりとした感じでした。

途中、写真を撮るのにコパンが塀に手袋を置いたら風に飛ばされて下の家の庭に落ちてしまいました。
e0228108_23454969.jpg
家のドアを叩いても(ミサに出ていて留守なのか)応答がないので塀を越えて手袋を取りに行くことにしました。その時に「私が行こうか?」と軽い気持ちで言ったら、コパンが「そうだね。」と簡単に引き下がるので、結局何故だか私が行くことになりました。丁度この石の塀が低くなっている地点をまたいたのですが、着地点となる石がぐらぐらしていて焦りました。急いで取りに行って戻りましたが、こういうドジな思い出が一番印象に残っていたりするんですよね〜。

手袋を落として撮った景色の写真はこちらです。
e0228108_23505352.jpg
右奥の黄色い家が岩の中に埋まっていて個性的でした。この辺りは土が黄色いのでこういう鮮やかな色の建物が多いです。サルラの街が黄金に見えるのも、建物がこの色で統一されているからなんですね。

麓に下りていくと川が流れていて、風光明媚のとても美しい村でした。
e0228108_23475133.jpg
この後は午後から雨が降り出して、レンヌに戻るまで続きましたが、旅行中は寒くともお天気に恵まれたのが幸運でした。

以上で短かった今回の旅の記事はおしまいです♪




[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-21 06:11 | 旅行/散策 | Comments(4)

Le Vieux Logis @ Trémolat 続き

お待ちかねのメイン料理はCaneton(カネトン:生後2か月以内の小鴨)でした。
e0228108_19534166.jpg
パイ包みで中がフォアグラとのモザイク柄になっています。奥はポレンタ(トウモロコシ粉のパテ)かと思いきや、くり抜いたジャガイモに芽キャベツのピュレと白いキノコが入っていました。この芽キャベツのピュレが個性的な味わいで少しわさびみたいな苦味がありました。そしてこのカネトンがなかなか存在感のある濃い味だったので、これくらいの量でちょうど良い感じでした。

この一晩でキャビアとトリュフとフォアグラを全て堪能しました。

次はチーズのシャイヨーがやってきました。
e0228108_20020917.jpg
右側がこの土地のチーズだというので3つばかり選びましたが、どれもかなり濃厚でした。。。

そしてプレ・デザートはマンゴーのチーズケーキ。
e0228108_20012297.jpg
フランスでは輸入物のマンゴーが冬場に出回るので、季節感を無視しているわけではありません。

そして本物のデザートは、コースでは柑橘系のプレートになっていましたが、アラカルトのパリ・トレモラ(パリ・ブレストをもじったお菓子)が気になったので変更してもらいました。
e0228108_20030398.jpg
円形のパリ・トレモラをテーブルの横で切り分けてサーヴィスしてもらいます。
このお菓子のポイントは胡桃をプラリネにしているところで、アーモンドやヘーゼルナッツのプラリネよりずっとマイルドな印象がありました。

この辺りは胡桃の産地なので土地の材料を活かした料理やお菓子を提供するのは非常に良い事だと思いますが、正直な感想としては、胡桃はそのまま食べるのが一番美味しいということです。油やリキュール、胡桃の焼き菓子やアイスなど、旅行の度に食する機会はありますが、個人的にはそう思いました。

この後、暖炉のお部屋で食後のコーヒーを頂いて、最高に気分良く眠りにつきました。

ラストはレストランの店内ですが、食事中に撮った写真はブレていたり、あまり雰囲気の伝わるものがなかったので、朝食の時の風景です。
e0228108_20041420.jpg
見えにくいですけれど、テーブルの手前にタルトとパンプディングがあります。レストランの料理でホタテのトーストやトピナンブールのコロッケのパン粉、そして朝食の食パンなどで、残ったパンをプディングにしてアレンジしているのだなと思いました。ここはレストランとは別にカジュアルなビストロも併設しているので、食材が無駄なく美味しく活用されている気持ちの良い印象を受けました。きっと、スタッフの賄い食も美味しいのではないかしら。。。




[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-19 04:49 | 美味しいお店/レストラン | Comments(6)

Le Vieux Logis @ Trémolat

サルラのトリュフ祭りの後は、そこから40キロほど西へ戻ったトレモラという村のホテルレストランにやってきました。そこまでの山道や田舎道のドライブがとてものどかで楽しかったのですが、到着したホテルがかなり古い館で趣きがあって素敵でした。

これが部屋からのお庭の眺めです。
e0228108_21575048.jpg
奥にプールもあって夏はさぞ気持ちがいいでしょうね。。。
e0228108_21563842.jpg
けれど季節は真冬だったので、アペリティフは暖炉に火の焚いてあるダンディーな部屋でいただきました。
葉巻などの喫煙ルームに使われていたようです。

食事のテーブルへ移って、まず登場したのは胡桃の油でした。普通はバターが出てくる所ですが、胡桃の産地なだけありますね。
そして私達が選択した冬のコースの一皿目は、カニの身入りのラヴィオリでした。
e0228108_21525834.jpg
このラヴィオリの生地がまずもっちりとして美味しかったのですが、ソースというか泡のスープがレモングラスを使ったちょっぴりグリーンカレー風のスパイシーな味で、更に生のセロリを合わせているのが新鮮な美味しさでした。!

二品目はホタテのカルパッチョにアキテーヌ産のキャビアが合わせてあって、酸味のあるソースがかかっています。ピンクのカブがくるくるに巻いてあったのが綺麗で、味は日本の漬物みたいにほんのり効いた酸味と塩加減が上品でいいアクセントになっていました。
e0228108_21540009.jpg
特筆すべきは右奥にあるホットサンドで、中にもホタテが挟まっています。このパンドゥミが美味しかった!!

3皿目はトピナンブール(菊芋)の料理で、コロッケとピューレ、チップスに3変化して登場しました。
e0228108_21550670.jpg
肉汁とトリュフのソースを後からかけてくれて、甘みのあるトピナンブルールの味にコクを与えてくれました。コロッケの中にもトリュフがたっぷり入っています。

ここまででもかなり大満足でメイン料理に期待が膨らみますが、長くなったので続きはまた次回に♪




[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-18 05:47 | 美味しいお店/レストラン | Comments(4)

Fête de la truffe à Sarlat

今回の旅の目的はペリゴール地方のSarlatで行われるトリュフ祭りを見に行くことでした。レンヌからサルラまでは700キロ程離れているので、その前にボルドーのLibourneで一泊して、ポムロールの葡萄畑を眺めて出発したのです。朝早くてまだ月が出ている時間でした。。。
e0228108_22414390.jpg
サルラのトリュフ祭りは今年で5年目というのでまだあまり知られてはいませんが、ペリゴールのトリュフはフランスでは一番美味しいと言われています。トリュフは高級レストランなどで食するか、普通に買えるとしても長期保存のきくオイル漬けであったり、乾燥したものであることが多いので、この機会に生のトリュフがどういう風に扱われているのか見てみたかったのです。

広場の隅のテントでこうして直売が行われていました。
e0228108_22435126.jpg
カテゴリーが1と2と別れていて、1はキロ当たり1000ユーロ、2は900ユーロで売られていました。1の方は傷がついていないもので、2は少々傷や穴が空いているものだということです。

e0228108_22445201.jpg
お昼過ぎにはこれらのトリュフもほとんどなくなっていて、私達も60gくらいのトリュフを一つ買って帰りました♪

広場ではベルジュラックのワインや、フォアグラやトリュフを使ったおつまみが販売されていて、それらを買ってはワインの樽をテーブルにして立ち飲みの試食がされていました。寒い中で食べるチーズやフォアグラがとても美味しく感じました〜
e0228108_22474572.jpg
私達はボルドーから来た人達と一緒に樽を囲みましたが、そういう見知らぬ人達とのたわいもないお喋りも楽しいものです♪
e0228108_22461786.jpg
他にも有名シェフが作るトリュフ料理のデモやコンクールなどが行われていたようです。タイミングが合わずに見ることはできませんでしたが、このお祭りが年々広く知られていくといいなと思いました。





[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-17 01:24 | 旅行/散策 | Comments(6)

Pomerol

e0228108_05293107.jpg
二泊三日で旅行に出ていました。ここは目的地ではなくて、少々寄り道した場所。。。
帰宅したばかりなので、またゆっくり書きます!!

[PR]
by kuma-rennes | 2017-01-16 05:33 | 旅行/散策 | Comments(4)

@Nantes

ブルーグリーンに加盟しているゴルフ場がナントにもあったので、日帰りも可能でしたが、せっかくなので一泊してきました。

ナントのゴルフ場は、グリーンは整備中で砂が撒かれていたりしてちょっと重かったけれど、コースがとても面白くて川越えあり、高台からの打ち下ろしありでとても楽しめました。

宿泊はナントから南東に10キロ程離れたシャンブルドットにしたのですが、その辺りにはブドウ畑がたくさんあって、とてものんびりしたいい所でした。
e0228108_05343597.jpg
ナントにブドウ畑があることは知っていたけれど、思っていた以上に広範囲で盛んに行なわれていることに驚きました。
e0228108_05320258.jpg
翌日の今日はナントのタロンサックのマルシェに寄ってレンヌに戻りました。
e0228108_05372535.jpg
夏の平日のせいか、店は半分近くが閉まっていて残念でした。

お肉屋さんで牛肉と、それから戻ってからの昼食用に惣菜屋さんでハムやパテなどを仕入れて帰りました。
e0228108_05394768.jpg
惣菜屋さんでガレットにクルディテ(千切り野菜のサラダ)を挟んだものがあって珍しいので”写真を撮ってもいいか”と聞いたところ、”試しにちょっと食べてみる?”と言われたので、”えっ!いいの〜”と喜んでいたら、もちろん普通に会計を通されました。。。家に戻って食べてみると、これが思っていた以上に美味しかったので、もっと厚切りで買って帰ればよかったです。



[PR]
by kuma-rennes | 2016-07-29 06:12 | 旅行/散策 | Comments(4)

St.Malo→Portsmouth

少し間が空きましたが、その間にイギリスに行っていました。コパンの古くからの友人のご夫妻に会いに行くのが目的でしたが、私はイギリスが初めてだったので、お上りさん的な観光も盛り込んだ旅行となりました。
e0228108_00312582.jpg
飛行機やユーロスターなどの選択肢もありましたが、サンマロからフェリーが出ていたので車ごと移動しました。他にもノルマンディやパ・ド・キャレからもフェリーは出ています。出発の当日、フランスではストが多く、ガソリンも底をつきそうだった状況で、行き道に見つけた大混雑のスタンドに並んで給油して時間ギリギリになりながらも、なんとか間に合いました。

そしてこの船の旅がなかなかよかったのです。。。
e0228108_00340139.jpg
まず、バーがあってゆっくりお茶やビールやワインなどが飲めること。船内を移動できるので体が楽なこと。海の景色が見られること。。。等々。予約した座席で軽くうたた寝をして過ごしたら7時間の移動も短く感じました。戻りは夜便で12時間と長いのでベットのある客室で寝ていましたが、バーの中のステージで手品のショーやコンサートを行ってくれるので、子供達がとても喜んでいたし、私達も思いのほか楽しめました。

そしてこちらはポーツマスの港です。上のサンマロとは随分雰囲気が違うので、初めてのイギリスの景色をワクワクしながら眺めました。
e0228108_00323954.jpg
でも実際は、(ストの影響で)船の出発が遅れて到着も遅れたので、慌てて宿泊先に向かったんですけどね。。。

8日間の旅を終えて今朝レンヌに戻ってくると、コパンの白いバラが綺麗に咲いていました。が!パリは水害で水浸しになったというニュースに驚きました。旅先でも雨に降られましたが、まさかそんなことになっているとは思いもよりませんでした。
e0228108_00493584.jpg
初めてのイギリスで感じたことはたくさんあったので、のんびり綴っていけたらと思っています。


[PR]
by kuma-rennes | 2016-06-04 04:05 | 旅行/散策 | Comments(4)

La Rochelle

400キロも離れた動物園に行くのに日帰りでは少々きついと思ったので、動物園の近くで一泊することにしました。そこへは夕方に到着すればいいので、のんびり出発して途中でラ・ロシェルに寄り道をしました。

2つの塔が門のようにたっている港湾です。
e0228108_01240380.jpg
こちらは旧市街。建物が回廊になっていてブティックが並ぶお洒落な通りです。
e0228108_01225733.jpg
少し前に社会党の決起集会が開催されたそうですが、毎年この時期に盛大に行なわれます。この日はテレビ番組のフェスティバルが行なわれていて、政治や文化など多方面で活気がある街です。

私が初めて訪れたのはもう随分前になりますが、その時はパリから472キロもかけてわざわざここの水族館にやってきたので、相変わらず似た様なことをしているなと思いました。。。
e0228108_01251457.jpg
この日はカフェでお茶をしたり、防波堤で足をぶらぶらさせながらアイスクリームを食べた程度で再び出発しました。
近くを通ったら、いえ、わざわざ行ってもいいくらい素敵なお勧めの街です。


その後、ラ・ロシェルから更に南下して、その晩のレストランホテルに到着しました。
e0228108_01265699.jpg
刈り入れ間近のトウモロコシ畑と、刈り入れ後のメロン畑が一面に広がる、こんな素朴な景色を眺めながら夕食がスタートしました。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-09-13 04:47 | 旅行/散策 | Comments(2)

LYON

4泊5日の旅行から戻ってきました!今回の行き先はリヨンです。
前にも2度訪れたことはありますが、日帰りや一泊程度で実はあまりよく分らないこともあって、今回は3泊して満喫しました。
レンヌからは700キロくらい離れているのでTGVで往復しましたが、そういう旅行も私達は滅多にしないので、いつもとはまた違った街歩きが出来てとても新鮮でした。
e0228108_00275236.jpg
3度目なので、Fourvièreの教会などの観光はせず、普通の街並の写真ばかりですが、小規模のパリという感じで建築も立派で堂々としていて、南の開放的な雰囲気と大通りや広場のゆったりした広さにはとても豊かな印象を受けました。

けれど、到着した日は大変暑くて参りましたが、夏のヴァカンスらしく過ごせてそれはそれでよかったと後で思います。

これはリヨン名物のクッサン・ド・リヨンというお菓子で、至る所で見かけました。
e0228108_00293026.jpg
マジパンの中にガナッシュが入っているようですが、あまりに暑くて食指が動かず、結局最後まで食べませんでした。。。あとは赤いプラリネのタルトもよく見かけました。

それから14日は革命記念日なので、通りにトリコロールの旗を吊るして準備がされていました。
e0228108_00310306.jpg
大したことではないけれど、通りの並木がこんな風に細長く鍵型に剪定されているのが個人的に面白いなと思いました。
e0228108_00323840.jpg
さて、これからのリヨンの旅日記はほとんど食べ物関係といっても過言ではありませんが、リヨンは美食の地としても有名なのでそれも当然のことかと思います。
今回の目的地をリヨンにしたのもまさにそのためですが、おそらく、5年前に同じ旅行をしていても今回と同じ満足感は得られなかったのではないかな〜と思います。というわけで、今年は満を持してリヨンへ行って参りました!

では、いつものようにのんびり綴っていきますのでどうぞおつきあいくださいね。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-07-13 01:17 | 旅行/散策 | Comments(2)

ロワールのアスパラガス

トログロの友人宅には夕方前に到着したので、友人が隣町の散策に連れていってくれました。
その途中で”白アスパラガス直売”の看板が道に出ていたので、夕食で食べようと寄ってくれました。

ロワールは野菜の産地で白アスパラガスは特に有名です。あとはワインはもちろん、アーモンドや胡桃もとれて、シャンピニオンの栽培も盛んです。
e0228108_01095811.jpg
店というより、はっきりいって倉庫なんですが、何というかこの無造作感がとってもお洒落だと思いました。
白アスパラガス屋さんなんですが、一体何のお店か分らないですよね。。。

町中をお散歩してからトログロのワインのカーヴで試飲したり、トログロの本屋さんや雑貨屋さんにも寄りながらのんびり過ごして戻りました。
e0228108_01122982.jpg
夕食は友人が別に持っているトログロのシャンブル・ドットを借りているオランダ人夫婦と一緒に楽しくいただきました。

前菜は白アスパラガスで、太くて味が濃くて美味しかったです!メインはモロッコ料理のタジンでした。
e0228108_01085928.jpg
ご主人がモロッコ生まれの方なので本格的です。野菜一杯でとっても美味しかった〜!!
e0228108_01181167.jpg
ラストは白アスパラガス屋さんの壁に積み重ねてあった箱です。こんなものまでお洒落に見えるから不思議です。。。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-07 01:33 | マルシェ/食材 | Comments(4)