タグ:肉料理 ( 283 ) タグの人気記事

お客様♪

土曜の晩は友人を食事に招いていました。去年の初秋、プレスタン・レ・グレーヴの別荘に招待してくれたご夫妻で、そのお礼がしたいとずっと思っていましたが、2月の頭に誘ったところ、予定が合わずにこの日程になってしまいました。

プレスタン・レ・グレーヴには私とコパン以外にもう一人ヤニックというフランス人の友人も同行していたので、せっかくだから彼と一緒に料理を作っておもてなしをしよう!ということになりました。

料理はノルマンディのAugeのレシピをヤニックが教えてくれました。鶏肉をカルヴァドス、シードル、りんごと共に煮込み、最後に生クリームを加えてソースにするとても濃厚な料理です。材料の調達は分担しましたが、鶏肉だけは譲れないので、私達でルノーさんのお店で5人分のプーラルドを注文しておきました。そういうわけで同じ週に2回もプーラルドを食べて、まるで年末のご馳走続きのようになってしまいました〜。
e0228108_09582865.jpg
写真は鶏肉をカルヴァドスでフランベしているところ。。。

前菜はヤニックがパン・ド・ポアッソンというテリーヌを用意してきてくれると言うことでしたが、よく分からない代物だったので、私達の方でもリスのマルシェで手長海老を買って蒸しておきました。
e0228108_10002741.jpg
これがそのパン・ポアッソンです。盛り付けは70年代風♪
e0228108_09570668.jpg
有名(だという)メーカーのサーモンの缶詰にビスキュイ(乾燥したパン)と卵などを混ぜて、中にもゆで卵が細切れで入っていて、オーブンで湯煎焼きしたものだそうです。。手長海老と一緒に手作りマヨネーズをつけて食べたのですが、これがとても美味しかったのです!!多分、フランス人からすると庶民的な懐かしい味なのだと思いますが、私達が食べても何だか懐かしいような感じがしました。

それからメインのプーラルドも想像以上に美味しくて、ヤニックやるじゃない!!!とみんなで賞賛しました。特にソースが美味しくて、信じられないくらいの量の生クリームを入れますが、カルヴァとシードルの複雑な苦味をマイルドにしてくれて素晴らしい料理になっていました。
e0228108_09554905.jpg
チーズはコパンが担当で常設市場に買いに行ってくれました。デザートはもちろん私。洋梨のシャルロットを作りましたが、残念ながらカメラが電池切れになってしまいました。(でも、いつもよく作る四角いシャルロットです♪)
e0228108_09534838.jpg
昨日はヤニックがとても張り切っていて、ワインもコパンが用意していましたが、彼がシャンパーニュから全て用意してきてくれました。2010年のシャスプリンや2009年のサンテステフなど、カルヴァもシードルも持参してくれたので、ものすごい手荷物で我が家にやってきました。
彼もこの機会にみんなにお礼がしたかったのかもしれませんね。

私もフランス人のいわゆるシンプルなおもてなし料理を教えてもらえて、とてもいい勉強になりました。
とってもとってもいい晩でした♪


[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-20 02:51 | おもてなし

肉肉肉、、、花

最近食べていたものを振り返るとお肉ばかりでした。

まずは牛肉のカルパッチョ。
e0228108_06005316.jpg
あまり時間のない時、常設のマルシェに買い物に行って当日に食べる時はカルパッチョにすることが多いです。

シュークルトも食べました。
e0228108_06000565.jpg
ナントのアルザスのお店に買いに行きたいとず〜〜〜っと思っていましたが、なかなか時間が取れないので、ジョリーのお惣菜屋さんで購入しました。
シュークルト(キャベツの千切りの酢漬け)が繊細で、こちらもなかなか美味しかったです。

それからお肉屋さんで気になっていたBigorreという南仏の黒豚を食べてみました。キロ単位で牛肉よりも高価でとても脂が乗っているのです。
e0228108_05591264.jpg

エシャロットのソースと合わせました。いけない!とは思いつつ、この脂身が高いのだと思うと綺麗に食べてしまいましたが、その脂身が甘くてとても美味しかった!!です。
添え物にグリンピースが入っていますが、我が家では既に当然グリンピースご飯は始まっています♪

あまり肉々しいので、最後はお花でも。。。
e0228108_06023204.jpg

ベランダのヒヤシンスです。窓を開けるといい香りがします。今年は水仙よりも早く咲いたと思ったら、チューリップもそろそろ咲き始めているので、何故なのか考えているところです。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-16 06:23 | 料理

料理とお菓子の会”Gigot d'Agneau"(2017-11)

週明けの今日は”料理とお菓子の会”でした♪

3月末でご帰国の方の最後のレッスンで、どちらかというと”食べてみたい!”食材としてジゴダニョーをリクエストされました。
e0228108_03145347.jpg
ハーブとにんにくで香りをつけてシンプルにオーブンで焼きました。お肉が美味しいので余計な手間はかけません。
e0228108_03140373.jpg
付け合わせはバスク風の温野菜です♪

また、順番は前後しますが、アペリティフ用のおつまみもリクエストされていたので、鯖の白ワイン煮からの活用でリエットをご提案しました。
e0228108_03102701.jpg
トマトのピクルスも一緒にね♪

デザートはせっかくなので何か召し上がりたいものはないか伺ったところ、ブリオッシュ・フォイユテだったので朝から仕込んでおきました。
e0228108_03125992.jpg
これはあまりデザートらしくはないけれど、私のお菓子で最後に召し上がりたい物。。。としてこれをリクエストしてくださったのはとても感慨深いと思いました。なぜなら、私が一番好きなお菓子だからです。

そして、今回の料理に合わせたのがポムロルの赤ワインです。これは今年の頭に帰国された生徒さん(のご主人)から頂いたもので、今日のお二人と一緒に料理とお菓子の会によくご参加頂いた方でもあるので、ここで一緒に飲むのが一番だろうと思いました。
e0228108_03114759.jpg
ポムロルはボルドーでも女性的な気品のある味わいなので、小羊肉ともよく合います。しかも15年も前のものです!茶色がかった色合いも美してくて、とてもまろやかで上品なワインでした。
このワインに今日の料理、今日のメンバー、全てが揃って最高でした!!





[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-14 04:27 | 料理とお菓子の会

料理とお菓子の会”Curry d'agneau”(2017-10)

今日は”料理とお菓子の会”でした♪

リクエストはキュリーダニョー(仔羊肉のカレー)。仔羊肉をまだ一度も召し上がったことのない方と、フランスでは未体験という方の、仔羊肉体験の会だったので、一番食べやすい料理だったと思います。
e0228108_04222627.jpg
部位の食べ比べをしていただこうと思って、今回もコリエ(首)とエポール(肩肉)の2種類をご用意しました。実際に食べてみても好みが真っ二つに分かれたので面白いなと思いました。

バターピラフを添えて♪仔羊肉の癖や臭みなど、全く感じないと完食されました。
e0228108_04231483.jpg
煮込み料理だったので、煮込んでいる最中にデザートの洋梨のシャルロットの仕上げをしていただきました。(洋梨を切って載せるのと、ナパージュを塗る作業)
e0228108_04235822.jpg
料理の会の時はあまりアントルメは作りませんが、今日は是非召し上がっていただきたいなと思ってご用意しました。
e0228108_04244217.jpg
チョコと洋梨のバヴァロアの2層になっています♪

思いっきり食べていただきたかったので、料理以外余計なものはお出ししませんでしたが、実際、大きなケーキをそれぞれ6分の1ずつ食べたら本当にお腹が一杯になりました。それでもペロリなのが、お菓子の威力だと思いました。。。








[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-10 05:39 | 料理とお菓子の会

ビーフシチュー

週末にお肉を買って赤ワインに漬け込んでおきました。
玉ねぎ、人参、セロリ、ブーケガルニ、粒胡椒と一緒に。お肉の部位は上部背肉のバスコット、ワインはコットデュローヌを使いました。

お肉を取り出して水気をとり、、、
e0228108_05573576.jpg
鍋で肉の表面を焼き、小麦粉をパラパラ振って、ワインのマリネ液を全部入れ(ここでニンニクを投入、塩も少々)、2〜3時間お肉が柔らかくなるまで煮込みます。
e0228108_00043716.jpg
その間、湯むきトマトを作っておき、マッシュルームや小玉ねぎ、人参など付け合わせの野菜をグラッセしておきます。
e0228108_00110860.jpg
肉が柔らかくなったら肉片を取り出して煮汁を越して、煮汁だけもう少し煮詰めて塩コショウで味を整えて肉片を戻し、湯むきトマトを加えて一煮立ちさせて出来上がり。
e0228108_05560462.jpg
周囲に野菜を並べて盛り付け完成。

それから昨日は、日曜日のお菓子の会で残ったリンゴのソテーを使ってクラフティを作りました。
e0228108_05565414.jpg
簡単で美味しいおやつです♪



[PR]
by kuma-rennes | 2017-03-08 04:29 | 料理

料理とお菓子の会”petit salé aux lentilles & Kouigh-amann"(2017-8)

ヴァカンス明けの今日は”料理とお菓子の会”でした。
e0228108_02052011.jpg
生徒さんは帰国間近の常連さんだったので、年明けにやっておきたいものを幾つか挙げていただいて、その中で無理やり組み合わせて内容を決めています。今回は豚肉の料理(何とも大雑把!)とクイニーアマンだったので、塩漬け豚肉とレンズ豆の煮込み料理にしました。

どちらも時間がかかるものだったので、前日に豚肉の塩抜きや煮込みを行い、当日は朝からクイニーアマンの仕込みを始めました。
e0228108_02041216.jpg
塩漬け豚の部位は、パレット(肩肉)とポアトリンヌ(三枚肉)とジャレ(スネ肉)の三つの部位で、2時間煮込んで一晩置いておきました。
レッスンはどちらも途中からのデモとなりましたが、長く通ってくださっている生徒さんなので、ポイントはそれぞれきちんとメモされていました。
e0228108_02062777.jpg
食べるとしみじみ優しい味わいなんですよね〜。寒い冬にご家庭でぜひ召し上がっていただきたいです。
ワインはボジョレーのMoulin à ventを合わせました♪

デザートは焼きたてのクイニーアマンです。
e0228108_02030584.jpg
おそらくこれは、レッスンでは初めて行ったのではないかと思います。あまりリクエストがなかったのは、お店のクイニーアマンは甘すぎるので苦手意識を持たれていたようです。
e0228108_02074664.jpg
けれど、このクイニーアマンは軽くて食べやすいと喜んでいただきました。私のクイニーアマンもバターと砂糖はたっぷりと使っていますが、お店のものはもっとたっぷりなのかもしれませんね。。。

今日はブルターニュらしい、家庭的で郷土的な料理とお菓子の会でよかったな〜と思いました。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-02-28 02:37 | 料理とお菓子の会

マルシェの食材で

先日ご紹介したリスのマルシェの食材で作った週末の食事です。

まずは生牡蠣。今回はキブロン産の大粒のものを6つ選んでカキフライにするつもりでしたが、、、
e0228108_01240838.jpg
タラでパン粉が終了してしまったので、仕方なく、粉と卵液をつけてそのまま揚げました。
e0228108_01245001.jpg
レモン汁を絞って、あら、これも結構いけるわね♪と言いながら美味しくいただきました。

日曜日はゴルフに行ったので、鳩を簡単にココットの鍋で蒸し焼きにしました。赤いにんじんやカブ、赤い玉ねぎなどと一緒に。塩、胡椒と甘口のワインだけの味付けです。
e0228108_01254879.jpg
肉に味があるので、余計な味は足さなくていいと思いますが、鳩は他の鳥類よりも少々癖があるので、私はルノーさんのお店のものでないとすすんではあまり購入しません。

ラストは料理ではありませんが、今週のお花。
e0228108_04565095.jpg
今回も赤と白のキンポウゲです。



[PR]
by kuma-rennes | 2017-02-21 05:05 | 料理

料理とお菓子の会”鴨のオレンジソース”(2017-5)

週明けの今日は”料理とお菓子の会”でした♪

リクエストは鴨。オレンジが美味しいので定番のソースに使いました。もちろん、ルノーさんの鴨を味わっていただきます♪
e0228108_01415097.jpg
オレンジの皮を剥いたり、果実を房に切ったり、果汁を絞ったり、オレンジをたくさん使ったので台所にオレンジの香りが漂いました。
e0228108_01405987.jpg
ワインは濃いめのボルドーのSt. Estepheを合わせました。

もう一つのリクエストがアイスクリームだったので、それに合わせてマドレーヌも一緒に作りました。
e0228108_01400274.jpg
食事の後に焼きあがるタイミングで召し上がっていただきました。今まで食べていたマドレーヌとは別物のようだと喜ばれました。

マドレーヌは素朴なおやつですが、焼き立ては贅沢品ですね♪



[PR]
by kuma-rennes | 2017-02-07 05:17 | 美味しいお店/レストラン

週末のご飯

この週末のご飯です♪

土曜日はマルシェに出かけたので魚介類をたっぷり食べるつもりでしたが、台風が近づいていた影響で品揃えはあまりよくありませんでした。けれど全く何もないわけではなかったので、サバとホタテを買いました。

サバは白ワイン煮にして前菜にしました。
e0228108_07005860.jpg
ホタテは温製にしてメインで食べました。
e0228108_07040609.jpg
フヌイユとセロリをオリーブオイルで炒めて、それからホタテをソテーして、最後にホタテのひもを白ワインで軽く炒めて、その煮汁に生クリームを加えてソースにしました。最後に友人から頂いた塩茹でしたお豆を散らして。。。これ、全部同じフライパンで用意したので結構な手抜きですが、食べた時にそうは感じない料理だと思います。

そして日曜日の晩は、オーソブッコにしました。
e0228108_06592057.jpg
いつものお肉屋さんに出かけたら、こちらは台風の影響はないはずなのにガラスケースがガラガラでした。
どうしたのかと思ったら週明けから休暇だと張り紙がしてありました。どうりでね。。。隙間だらけのショーケースでしたが、何故だかオーソブッコの部位だけはたくさんあったのでそれにしました。

煮込み料理は久しぶりだったので、これはこれでよかったです♪



[PR]
by kuma-rennes | 2017-02-06 07:25 | 料理

最近食べていたもの(洋食編)

最近食べた夕食の写真がたまっているので、まとめてアップ!!!

まずは牛テールの赤ワイン煮。先週は風邪を引いていたので滋養のつきそうなものが食べたくて、マルシェで牛テールを購入しましたが、すぐに料理する時間がなかったのでしばらく赤ワインに漬け込んでおきました。
e0228108_07434228.jpg
けれど、食べたかったのは濃厚なソースのものではなくスープ系だったので、鶏ガラのスープと合わせて濃度はつけないで煮込みました。これはもうスープが最高に美味しかったです。

こちらは舌平目のムニエル。しばらく食べていなかったので、ずっと食べたいと思っていましたが、値段が高めだったので機会を狙っていました。
e0228108_07443941.jpg
この日はリスのマルシェのある土曜日で、朝早めに出かけたらロリオンの魚屋さんでキロあたり20ユーロを切っていたので、やったー!!と思って購入しました。普通にキロ27ユーロくらいしますし、高いときは30ユーロも越えるので、心の中で思わずガッツポーズしました。

そしてこちらはウズラ。先週のリスのマルシェで購入しておいたのに、すっかり存在を忘れていて冷蔵庫で見つけた時にびっくりしました。
e0228108_07452094.jpg
赤玉ねぎと人参とピエムトンの茸と一緒にココットで蒸し煮にしました。ここ最近は鶏肉を食べることが多かったので、ウズラのマイルドな味の濃さと繊細さに改めて唸ってしまいました。久しぶりにフランス的な味を食べたなと思いました。

ラストはマドレーヌ。
e0228108_07460782.jpg
エイの料理教室の時に、焦がしバターと溶かしバターの話になって、フィナンシエとマドレーヌを例に挙げたら無償にマドレーヌが食べたくなって翌日に作りました。欲望のままに作るとうまくできるのか、おへそもいい具合に出っ張っています♪




[PR]
by kuma-rennes | 2017-02-02 08:09 | 料理